PR

浴衣と甚平の違いは何か?夏のデートではどっちが選択肢として良いのかご紹介!!

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

男性が和装を選ぶと、普段とは異なる魅力を放つことができます。

多くの人は成人式での紋付袴を経験していますが、それ以外で和装を試したことがない方も少なくないでしょう。

そんな方々にぴったりなのが、夏に映える浴衣や甚平です。

恋人とのデートでこれらを選ぶのも素晴らしい選択ですが、浴衣と甚平、どちらがより適しているのでしょうか?

以下では、浴衣と甚平の特徴や、デートシーンでのおすすめをご紹介します。

スポンサーリンク

浴衣と甚平、その違いは?

浴衣について

浴衣は、夏に適した軽やかな着物で、直接肌に触れる軽装です。

主に綿、麻、アクリルなどの素材で作られ、帯で固定します。

浴衣は歴史が深く、平安時代にはその原形が存在していました。

当時は「湯帷子」として知られ、混浴の際に身体を隠すために使われていました。

その後、お風呂上りの衣服として定着し、江戸時代には広く普及しました。

この時期には、夕涼みや花火大会などのカジュアルなイベント向けの衣服として認識されるようになりました。

この背景から、元々の浴衣は正式な場や昼間の着用は避けられる傾向にあります。

現在、夏のリラックススタイルとして、テーマパークや動物園などの日中のアウトドア活動に最適な服装が人気を集めています。

帯を上手に結ぶことで、おしゃれな雰囲気を作り出すことができます!

甚平について

甚平は、上下に分かれた男性や子供向けの衣服です。

浴衣とは異なり、帯を使わずに上衣の紐を結んで留めるスタイルです。

袖は半袖よりも少し短く、裾はお尻を覆う長さになっています。

パンツは膝上の丈で、腕と足が露出するデザインです。

甚平の起源は意外にも新しく、江戸時代末期に室内着として登場しました。

その形状が武将が着用していた「陣羽織」と似ていたため、「甚兵衛羽織」と呼ばれるようになり、この名称が変化して「甚平」という名前になりました。

元々室内着として作られた甚平は、通気性が良く涼しいのが特徴です。

浴衣と異なり帯を使用しないため、動きやすさも魅力の一つです。

ただし、もともと室内用なので、外出時にはカジュアルな印象を与えることがあります。

また、胸元が開きやすいので、その点には注意が必要です。

浴衣と甚平の特徴と違い

浴衣と甚平は外見上似ているように見えますが、それぞれに独自の特性と違いがあります。

【浴衣】

平安時代に浴室用の衣類として生まれ、江戸時代には入浴後の着衣として普及しました。

直接肌に触れる着物の形式で、帯を使って着用します。

現代では、夏のリラックスした和服として人気があり、花火大会やフェスティバルで着る人が多いです。

【甚平】

江戸時代末期に登場した、短い袖が特徴の男性・子供用の屋内衣類です。

帯は使わず、上衣についた紐で留めます。

通気性が良く動きやすいですが、胸元が開きやすいというデメリットがあります。

スポンサーリンク

浴衣と甚平ではどっちがデートに適しているのか?

デートでは浴衣を選ぶべき理由とは?

恋人との花火デートを考えると、甚平よりも浴衣が適しています。

甚平はもともと屋内用の衣類で、外出向けではありません。

現代の服装で言えば、ジャージのようなルームウェアでデートに出かけることに似ています。

現代の甚平には高品質で高級感のあるものもありますが、その起源を考えると、浴衣の方が適していると言えます。

恋人が浴衣を着る場合、男性も浴衣を選ぶのが良いでしょう。

地元のイベントでは甚平も選択肢としてあり

甚平は快適で動きやすく、通気性も良いですが、基本的には屋内着です。

デートには少しカジュアルすぎるかもしれませんが、地元の祭りやイベントでは甚平を選ぶのも良い選択です。

バーベキューや花火を親しい友人や知人と楽しむ時、または地域の祭りを妻や恋人と過ごす時には、甚平を着ることで親しみやすい雰囲気を作ることができます。

しかし、甚平は主に室内着として着られることが多いため、バスや車で移動する際には避けた方が良いでしょう。

また、大規模な地元の祭りでは、甚平が場違いに見えることもあります。

家族でのお出かけには甚平がおすすめ

夏祭りや花火大会に家族で出かける際、子供たちは浴衣よりも甚平を選ぶことがあります。

この機会に、親子でコーディネートを楽しむために、男性が甚平を選ぶのも良いでしょう。

子供たちは予期せぬ動きをすることが多いので、動きやすい甚平は子供たちの動きに対応しやすいです。

スポンサーリンク

浴衣と甚平は適切な使い分けが大切

浴衣と甚平は、男性に似合う和服で、それぞれ特別な魅力があります。

浴衣は帯を使い、しっかりとした着心地が特徴で、夕涼みや花火観賞に適しています。

一方、甚平はもともと室内着として着用され、快適さと動きやすさが魅力です。

彼女と花火を見に行くなら浴衣を、地元でのカジュアルな遊びには甚平を選ぶと良いでしょう。

どちらも魅力的な浴衣と甚平を上手に使い分け、恋人との特別な時間を楽しんでみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました