PR

ウェットティッシュの蓋の粘着テープは交換すべきか?粘着力を取り戻す革新的な方法とおすすめの蓋をご紹介!

本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

ウェットティッシュを使うとき、蓋の存在は重要ですよね。

「使いたい時に中身が乾いていたらどうしよう…」と心配することなく、蓋がしっかりと湿度を保ってくれます。

でも、私のように少し不器用な人は、蓋を開けるたびに粘着テープが弱くなり、蓋が取れやすくなることがよくあります。

粘着テープが劣化して交換を考えることは、結構ありますよね。

でも、粘着力が落ちただけで捨てるのはもったいないと思いませんか?

そこで、ウェットティッシュの蓋の粘着テープを交換する方法と、交換する必要がなくなるアイデアをご紹介します。

これで、ウェットティッシュの蓋の粘着テープについての心配から解放されますよ!

スポンサーリンク

ウェットティッシュのふたの粘着テープを新たにする方法!粘着力が弱くなった時の交換方法をご紹介!

ウェットティッシュを新鮮に保つためのふたは、100円ショップや他の店舗で広く販売されています。

特に、粘着テープで固定するタイプのふたは、繰り返し使うことでテープの粘着力が低下することがあります。

このような場合、両面テープを使用して補強することで、粘着力が弱まったテープを再び活用することができます。

一度使ったふたをすぐに新しいものに交換するのはもったいないですよね。粘着テープを再利用して長く使いましょう。

両面テープで粘着力を取り戻す方法

【貼り付けの手順】

1. ウェットティッシュのふたの裏側をきれいにする

2. ふたの裏に合わせて両面テープを貼る

3. ウェットティッシュにふたをしっかりと貼り付ける

粘着テープの力が弱まったら、この簡単な方法で交換してみてください。

高性能アクリルフォーム両面テープ

貼り替えは簡単ですが、できれば頻繁には行いたくないものです。

そこで、100円ショップで簡単に手に入る、ウェットティッシュのふたの補強に最適な両面テープを推奨します。

セリアやダイソーで扱っている「高性能アクリルフォーム両面テープ」が特におすすめです。

この商品はたったの100円で購入でき、非常に強力な接着力を誇ります。

ウェットティッシュの蓋だけでなく、他の多くの用途にも適しています。

この製品はアクリル、ガラス、プラスチックにも対応し、水周りでも使えるほどの強力な接着力が特徴です。

これにより、一度貼った後でも剥がして再利用することが可能です。

スポンサーリンク

ウェットティッシュの蓋におすすめの商品

市場にはさまざまなウェットティッシュの蓋があり、取り付け方にも違いがあります。

使用方法には、両面テープを使用するタイプ、アタッチメントで挟むタイプ、水洗いで粘着力が復活するタイプなどがあります。

ここでは、私がおすすめする商品の長所と短所を紹介します。

両面テープタイプ

100円ショップで広く販売されている、裏面に粘着テープが付いたウェットティッシュの蓋についてです。

【長所】

・粘着テープを簡単に補強できる
・低価格で多様な選択肢がある
・キャラクターコラボレーション商品が豊富

【短所】

・粘着テープの耐久性が低い

これは非常に一般的なウェットティッシュの蓋のタイプです。

100円ショップで手軽に購入できるため、コストを抑えたい方に特におすすめです。

ビタットについて

ビタットジャパンが市場に提供しているのは、粘着シート式のウェットティッシュ用の蓋です。

【長所】

水洗いするだけで粘着シートが再利用可能になります。

粘着力が強く、繰り返し使えます。

【短所】

粘着シートを乾かすのに時間がかかります。

100円ショップの製品に比べて、価格がやや高めです。

この製品の最大の特徴は、水洗いで粘着力が回復する点で、これは革新的です。

価格は高めですが、さまざまなキャラクターデザインが選べるのも魅力の一つです。

フタポンについて

キャンドゥやセリアなどで取り扱われているフタポンは、ウェットティッシュの本体に取り付けるタイプの蓋です。

【長所】

本体にしっかりと固定されるため、剥がれる心配がありません。

100円ショップで購入可能です。

【短所】

ワンタッチで開閉することはできません。

ウェットティッシュの開口部のサイズを確認する必要があります。

この商品の特徴は、粘着テープを使わないため、その心配が不要である点です。

安価でありながら、粘着力に関する心配がないことが大きな魅力です。
ただし、ウェットティッシュの開口部に取り付ける際には、サイズを確認する必要があります。

スポンサーリンク

ウェットティッシュの蓋を何度も交換する必要はもうありません!

ウェットティッシュの蓋にはさまざまなタイプがありますが、ウェットティッシュを使い終わる度に蓋を新しくするのは、非常に面倒な作業です。

そこで、ウェットティッシュの蓋を何度も新しくする必要がない、便利なケースを自作する方法をご紹介します。

このケースを使えば、ウェットティッシュ自体に蓋を取り付けるのではなく、ケースに蓋を固定することができます。

これにより、蓋の取り付けや取り外しの手間が省けます。

ウェットティッシュが使い終わったら、フリーザーバッグのケースから簡単に取り出し、新しいウェットティッシュを詰め替えることができます。

【必要な材料】

・フリーザーバッグ(ウェットティッシュが入るサイズ)
・ハサミまたはカッター
・マーカー
・ウェットティッシュの蓋(どのタイプでも可)
・ウェットティッシュ

【作成手順】

1. ウェットティッシュの開封部分のシールを剥がします。

2. フリーザーバッグの中央に蓋を置き、開口部の大きさをマーカーで描きます。

3. ハサミまたはカッターで、描いた部分を切り取ります。

4. ウェットティッシュの蓋をバッグに貼り付けます。

5. フリーザーバッグにウェットティッシュを入れて完成です。

この新型ポーチを使用することで、ウェットティッシュの保管がより便利になります。

このポーチは、ウェットティッシュを交換する際に粘着テープを何度も使って貼り直す必要がなく、手軽に交換できる設計になっています。

さらに、フリーザーバッグとは異なり、このポーチにはウェットティッシュ専用の蓋が付いており、長期間使用しても破れる心配がありません。

耐久性に優れ、様々なデザインから選べるため、個性的な使い方が楽しめます。

スポンサーリンク

まとめ

ウェットティッシュの蓋の粘着テープは、新しい両面テープに交換することで再利用が可能です。

耐久性と耐水性に優れた100円ショップの強力なアクリルフォーム製両面テープがおすすめです。

ウェットティッシュの蓋には、両面テープ式、ビタット製品、フタポンの3種類が特に推奨されます。

両面テープ式の蓋は、100円ショップで多様な種類が揃っており、選ぶ楽しさがあります。

ビタット製品の蓋は、裏の粘着テープを交換する必要がなく、水洗いするだけで粘着力が復活します。

フタポンは、本体とアタッチメントで挟むタイプなので、蓋が剥がれる心配がありません。

フリーザーバッグとウェットティッシュの蓋を使って「手作りフリーザーバッグケース」を作ることができます。

フリーザーバッグケースを利用することで、ケースに蓋を取り付け、ウェットティッシュの蓋を剥がす頻度を減らせます。

ウェットティッシュの粘着テープの蓋は、使い続けると粘着力が弱まり、交換が必要になることがあります。

ウェットティッシュの蓋付きフリーザーバッグを作れば、粘着テープの粘着力を気にせずに繰り返し使用できます。

少し手間はかかりますが、材料は100円ショップで揃えられるので、試してみる価値があります。

これは、頻繁に使用するウェットティッシュの問題を解決する一つの方法です。

タイトルとURLをコピーしました