PR

50代男性のための結婚式スタイルガイド!!ネクタイ・ベスト・靴下・シャツを使ったエレガントなコーディネートをご紹介

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

結婚式への出席は、服装選びにも気を配るべき場です。

「招待されたけれど、何を着て行けばいいのだろう?」

「避けるべき服装はあるの?」

といった不安を感じる方も多いでしょう。

特別な日だからこそ、スタイリッシュに決めたいと考えるのは自然なことです。

ここでは、50代男性向けの結婚式の装いについて詳しくご紹介します。

洗練されたスタイルで式に臨むために、ぜひこの記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

年齢と立場に応じた結婚式の服装

結婚式の服装は、性別や年齢、参加者の立場によって異なります。

50代の男性には、特にその立場に適した装いが求められます。

立場別の服装を解説していきます。

もし新郎新婦の父親であれば

昼間の式では「モーニングコート」が適していますが、冬場の早い時間帯では18時までが目安とされています。

夜の場合は「燕尾服」または「タキシード」を選ぶと良いでしょう。

もっと手軽に参加したい場合はスーツが選択肢になりますが、カジュアルすぎる印象を避けるために注意が必要です。

スーツを選ぶ場合は、ネクタイやベストを使って黒・白・グレーの色で統一感のあるコーディネートを心掛けましょう。

親族としての参加について

親族として結婚式に出席する場合、一般的には新郎新婦の父親が選ぶ服装を参考にします。

モーニングコート、タキシード、ブラックスーツが適切ですが、これはあくまで一例です。

式の場所や雰囲気に合わせて選ぶことが重要です。

同僚や友人としての参加について

一般にブラックスーツが推奨されます。

どのタイプの結婚式でも、ブラックスーツを選べば間違いありません。

ただし、フォーマルな礼服とビジネス用の黒スーツは異なるため、注意が必要です。

上司としての参加について

部下の結婚式に出席する際、上司として社外のイメージや自身の立場を考慮し、慎重に服装を選ぶことが望ましいです。

準礼服が推奨されることが多く、場合によってはディレクターズスーツを選ぶのも適切です。

ただし、新郎新婦の父親と同じスタイルになる可能性があるので、事前の確認が重要です。

スポンサーリンク

50代男性の結婚式ネクタイ選び

スーツは比較的選びやすいですが、ネクタイ選びには多くの男性が苦労します。

色や柄、形状に関して一定のルールがあるため、ここではそれについて詳しく説明します。

季節ごとのネクタイ選び

季節感を反映したネクタイの選び方を試してみませんか?

春には柔らかいピンク、夏には明るいブルー、秋にはオレンジやゴールド、冬には落ち着いた色合いが良いでしょう。

白やシルバーの基本から一歩踏み出し、季節に応じた色で新鮮な印象を加えてみてください。

蝶ネクタイの魅力

結婚式において、新郎以外が蝶ネクタイを避けるべきだと考える方もいますが、ゲストが蝶ネクタイを着用しても全く問題ありません。

蝶ネクタイは華やかでスタイリッシュ、黒色も許容されるため、一般的なネクタイとは一線を画するファッションアイテムです。

派手な色や柄は避ける

一般的に、黒色や動物柄、派手なデザインは結婚式にふさわしくないとされています。

これらを避け、より適切な選択を心がけましょう。

スポンサーリンク

50代男性の結婚式服装にベストは必要?

結婚式においてベストの着用が必要かどうかは、男性なら誰もが一度は悩む問題です。

しかし、ベストを含む服装も全く問題ありません。

ベストを取り入れることで、よりフォーマルな印象を与え、スーツとの組み合わせにより洗練された雰囲気を演出できます。

おしゃれに見える効果も

ベストを選ぶと、見た目がすっきりしてスタイル良く見える効果があります。

ベストによりウエストラインが細く見えるだけでなく、胸元のデザインがスタイルを際立たせます。

細身の方は浅めのVネックベストでがっしりとした印象を、体格の良い方は深いVネックでスリムな印象を演出できます。

スポンサーリンク

結婚式の靴下選びも重要

細部にまで注意が必要な結婚式では、靴下選びも大切です。

ズボンの裾で隠れているとはいえ、意外と目立つものです。

また、式場によっては靴を脱ぐこともありますので、適切な靴下の選び方を把握しておくことが重要です。

基本は黒色

一般的に靴下は黒色を選ぶことが多いです。

これは多くの人が黒の靴を履くため、足元に統一感を出しやすいからです。

全体の印象を引き締める効果があります。

また、スーツの色に合わせてグレーまたはネイビーを選ぶのも良い選択です。

ミドル丈で肌見せを防ぐ

靴下にはさまざまな長さがありますが、足首が見えると印象が悪くなることがあります。

ミドル丈を選べば、歩いたり足を組んだ時に肌が見えることがなく、よりふさわしい印象になります。

特に結婚式ではミドル丈が推奨されます。

スポンサーリンク

50代男性の結婚式用シャツ選び

結婚式において50代の男性が選ぶシャツは、通常、白い無地のものが推奨されます。

白いシャツはダークカラーのスーツと組み合わせると、美しいコントラストを生み出しスーツを引き立てます。

他の色を選ぶ場合は、清涼感を感じさせる淡いブルー、通称「サックスブルー」が適しています。

襟の形はレギュラーカラーが適切で、これは標準的な開きと長さを持つ襟です。

シャツ選びでは「色・無地・襟」の3点に注目してください。

スポンサーリンク

50代男性の結婚式の服装でダブルスーツは歴史を感じさせるデザイン?

50代の男性が結婚式でダブルスーツを選ぶことについて、歴史を感じさせるデザインだという意見もありますが、実際にはダブルスーツとシングルスーツの間に格式の差はありません。

どちらも結婚式で受け入れられています。

ダブルスーツは前が深く重なり、ベストが隠れてしまうため、ベストを強調したい場合はシングルスーツが一般的に選ばれます。

ダブルとシングルの格式差はなし

ダブルスーツもシングルスーツも、格式的には差がなく、どちらも結婚式に適しています。

ダブルスーツの古風な魅力

ダブルスーツはシングルスーツに比べて豪華な印象を与えることがありますが、時には「古風」と感じられることもあります。

スリムでモダンな印象を求める場合は、シングルスーツがおすすめです。

ただし、最近のダブルスーツにはスリムなデザインも増えているため、自分に合ったスタイルを選ぶとよいでしょう。

スポンサーリンク

50代男性の姪の結婚式の装い

50代の男性が姪の結婚式に招待された際の服装は、悩みのタネの一つです。

適切な服装についてアドバイスします。

新郎新婦の両親より目立たない服装を

結婚式では新郎新婦の両親を尊重することが大切です。

叔父としての服装は、目立ちすぎず、礼節をわきまえたスタイルを心がけましょう。

礼服の選び方や小物の使い方には特に注意が必要です。

親族としての役割を果たす

親族としての立場から、ゲストを迎える際には適度なフォーマルスタイルを心がけることが大切です。

礼服だけでなく、適切なワイシャツやアクセサリーを選ぶことも、派手過ぎず上品な印象を与えるために望ましいです。

スポンサーリンク

「50代男性の結婚式服装」についてよくある質問

50代男性が結婚式で着るべき服は?

一般的にはブラックスーツが推奨されますが、50代の男性にはダークなネイビーも適しており、洗練された印象を与えることができます。

結婚式で男性はどんな服を着るべきか?

どの時間帯でも適切な略礼装としてブラックスーツが多くのゲストに選ばれます。

結婚式で叔父はどんな服を着るべきか?

叔父もマナーとしてスーツを着用することが一般的です。

結婚式で男性親族の適切な服装は?

モーニングコートやタキシード、ブラックスーツなどが一般的に選ばれる服装です。

スポンサーリンク

まとめ:50代男性の結婚式の服装は立場に応じた装いが重要

この記事では、50代男性が結婚式に出席する際の服装について解説しています。

年齢や性別が同じであっても、その場の立場に応じた適切な服装選びが大切です。

シチュエーションに合わせた服装で結婚式に臨むことが望まれます。

この記事が服装選びの一助となれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました