PR

引越し前の洗濯機対策で水抜きをしないとどうなる?その重要性と適切な方法をご紹介!!

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

新しい洗濯機を購入したり、引越しで洗濯機を運ぶ際には、忘れてはいけないのが「洗濯機の水抜き」です。

「洗濯機の水抜きは本当に必要?」と思うかもしれませんが、運搬時には非常に重要な作業です。

洗濯機を移動する際には、必ず「水抜き」を行う必要があります。

・なぜ水抜きが必要なのか?
・正しい水抜きの方法は?

これらの疑問にお答えするため、洗濯機の水抜きについて詳しく説明します。

スポンサーリンク

洗濯機の水抜きをしなかった場合の問題点とは?

水抜きを怠ると、どのような問題が起こるのでしょうか。

洗濯機内部には、目に見えない部分にも水が残っていることがあります。

特に給水ホースや排水ホースには水が残りがちです。

このホース内の水を排出することが、「水抜き」と呼ばれます。

水抜きをしない場合、洗濯機を運搬する際にホース内の水が漏れるリスクがあります。

水漏れは、他の荷物や部屋、さらには運搬車の荷台を濡らす原因になります。

少量の水でも、他の電化製品にかかれば故障の原因になることがあります。

そのため、洗濯機を移動する際には、水抜きが欠かせないのです。

引越しの際には、洗濯機の中の水を事前に抜いておく必要があることがよくあります。

引越し業者から「洗濯機の水抜きをしてください」と指示されることもあります。

この作業が面倒だと感じる場合、業者が代わりにやってくれることもありますが、業者によって対応が異なるため、事前に確認することが大切です。

このサービスを利用すると追加料金がかかることが多いです。

引越し費用を節約したい場合は、自分で水抜きをすることをおすすめします。

実際にやってみると、思ったよりも難しくなく、案外簡単にできます。

スポンサーリンク

洗濯機の水抜き方法とは?

洗濯機の水抜きの手順をご紹介します。

作業をスムーズに行うために、タオルや雑巾、洗面器やバケツを用意しておくと便利です。

全自動洗濯機の水抜き手順は以下の通りです。

1. 洗濯機につながっている水道の蛇口を閉めます。
2. 洗濯機の蓋を閉めて、スタートボタンを押します。
3. 約1分間洗濯機を回し、給水ホースから水を排出します。
4. 水が抜けたら、給水ホースを蛇口から外します。

給水ホースから水が漏れることがあるので、タオルやバケツを使うと良いでしょう。

次に、洗濯機と排水ホースからの水抜き方法です。

5. 洗濯機の蓋を閉めて、電源を入れます。
6. 「脱水」ボタンを押し、その後スタートボタンを押します(脱水時間は短くても問題ありません)。
7. 脱水が終わったら、洗濯槽内の水分を拭き取ります。
8. 排水口から排水ホースを外します。

水が排水ホースから流れ出る時は、タオルや水受けを準備しておきましょう。

取り外した排水ホースの部品は無くさないように気をつけ、ジップロックバッグなどで保管すると安心です。

洗濯槽の中に部品を保管することで、紛失を防ぐことができます。

ドラム式洗濯機を使用している方もいらっしゃるでしょう。

ここではドラム式洗濯機の水抜き方法をご紹介します。

ドラム式洗濯機の水抜き手順は以下の通りです。

1. 給水栓を閉める
2. 洗濯機のドアを閉め、電源を入れる
3. 「槽洗浄」または「ドライ」コースを選んでスタート(機種によっては異なる)
4. 約15秒後に停止
5. 給水ホースを外す
6. 電源を入れて1分間脱水する
7. 排水ホースを外す(全自動洗濯機と同じ方法)

ここで紹介した方法は一例ですが、洗濯機によって水抜きの方法は異なることがあります。

ご使用の洗濯機の取扱説明書を確認してください。

スポンサーリンク

洗濯機の水抜きに最適なタイミングとは?

もし洗濯機を移動する予定があるなら、数時間前に水抜きをすることが望ましいです。

水抜きは手軽にでき、時間もそう長くはかかりません。

しかし、移動の前日までには終わらせておくのがベストです。

そうすることで、洗濯機の内部が完全に乾いた状態で移動させることができます。

特に引越しの日などは他の準備で忙しくなるため、早めに水抜きを済ませておくことが大切です。

忙しい時期を避け、余裕をもって準備をすると良いでしょう。

スポンサーリンク

引越し前の洗濯機対策で水抜きをしないとどうなるのまとめ

洗濯機からの水抜きは簡単にできるので、すぐに済ませてしまいましょう。

洗濯機を持ち上げたり動かした時に水の音がすることがありますが、これは心配する必要はありません。

この音は、洗濯機のバランスを保つための装置内にある液体が原因で、問題はありません。

タイトルとURLをコピーしました