PR

手洗いコースがない洗濯機でデリケートな衣類を洗う方法をご紹介‼

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

ボタンやレースなどの繊細な装飾が施されたブラウスやセーターを洗濯機で洗う際、理想は手洗いコースの利用です。

しかし、洗濯機によっては「ソフトコース」や「ドライコース」といった名前で手洗いコースに相当する機能が提供されていることもあります。

自宅の洗濯機の設定を一度確認してみましょう。

また、手洗いコースのような優しい洗浄を実現するために、洗濯機の設定を手動で調整する方法もあります。

この記事では、以下の内容について解説します。

・手洗いコースがない洗濯機でのデリケートな衣類の洗い方

・洗濯機の通常コースと手洗いコースの違い

手洗いコースがない洗濯機をお持ちの方や、デリケートな衣類の洗い方を学びたい方は、この記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

洗濯機に手洗いコースがない場合のおしゃれ着の洗い方

もし洗濯機に手洗いコースがなくても心配はいりません。

他の洗濯プログラムを上手に使ってみましょう。

たとえば、「ドライコース」や「ソフトコース」などの設定があるかどうかを確認してください。

これらのモードは、セーターやシャツのようなデリケートな衣類に適しており、おしゃれ着を安全に洗うことができます。

さらに、洗濯機の水量や洗浄、すすぎ、脱水の時間を手動で調節することも可能です。

手洗いコースがない場合は、これらの設定を自分でカスタマイズすることをおすすめします。

例えば、洗浄時間を6分、すすぎを2回、脱水時間を2分に設定すると良いでしょう。

これは、東芝の「家庭用全自動洗濯機AW-6G5」で推奨されているおしゃれ着コースの設定です。

通常の「標準コース」では洗浄時間が7〜10分、脱水が8分となっていますが、これらの時間を短縮することで、衣類へのダメージを減らしつつ洗うことができます。

また、おしゃれ着専用の洗剤を使う、衣類を洗濯ネットに入れて洗うなど、衣服への負担を軽減する効果的な方法もあります。

スポンサーリンク

洗濯機の標準コースと手洗いコースの主な違いについて

標準コースは、衣服の汚れを徹底的に落とすことを目的としており、そのためには約40~45分の時間がかかります。

これに対して、手洗いコースはデリケートな衣類を傷めないように設計されており、洗浄と脱水の時間を短くし、全体で約30分で完了します。

また、洗浄と脱水の時間の違いだけでなく、すすぎ方にも差があります。

標準コースでは一般的に「シャワーすすぎ」が用いられ、洗濯槽を回転させながら衣類に水をかけてすすぎます。

一方、手洗いコースでは「ためすすぎ」が多く採用され、洗濯槽に水を溜めてからすすぎます。

シャワーすすぎは、洗濯槽の回転によって衣類をすすぐため、ためすすぎよりも衣服へのダメージが少ないという利点があります。

しかし、洗浄や脱水に時間をかけることで汚れをしっかり落とすことができますが、衣服にはある程度の負担がかかることも理解しておくことが大切です。

スポンサーリンク

まとめ

もし現在お使いの洗濯機に手洗いコースが設定されていない場合は、「ドライコース」や「ソフトコース」などの代替設定が利用可能かどうかを確認してみてください。

これらのコースは、名前は異なりますが、デリケートな衣類を丁寧に扱うという共通点があります。

洗浄や脱水の時間を手動で調節したり、すすぎの回数を変えることで、衣類へのダメージを最小限に抑えつつ洗濯することができます。

さらに、特別な洗剤の使用や、衣類を1枚ずつ洗濯ネットに入れることで、デリケートな服を傷めずに洗濯することが可能です。

これらの方法を試して、繊細な衣服を長持ちさせ、新品のような状態を維持しましょう。

タイトルとURLをコピーしました