PR

仕事帰りにお通夜へ行く際の服装ガイド:男女別アドバイスとバッグ、靴、ネクタイ、作業着について

本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

突然お通夜に参加する必要が出てくることは珍しくありません。

多くのお通夜は夕方以降に行われることが多いため、仕事帰りに直接参加することも少なくありません。

そうした場合、どのような服装をすべきか迷うこともあるかと思います。

この記事では、仕事後にお通夜に向かう際の服装や、基本的なマナーについてご紹介します。

急なお通夜の予定が立った場合、仕事を終えてから参列することになるでしょう。

このような時も、礼儀をわきまえ、適切な服装を選ぶことが重要です。

では、仕事後にお通夜に参加する際、どのような服装が適切でしょうか?

スポンサーリンク

仕事帰りにお通夜へ参列する男性の服装

男性が仕事帰りにお通夜に参加する際は、ダークネイビーやチャコールグレーなどの暗色系スーツを選ぶのが一般的です。

お通夜への急な参加が求められた場合、わざわざ喪服を用意せずとも、暗色のスーツで参加することが多いです。

そのため、暗色のスーツを着用しても失礼には当たりません。

もし持っているスーツが明るい色ばかりなら、より落ち着いた色のビジネススーツを選ぶと良いでしょう。

お通夜が夕方以降に設定されていることが多いため、その日は控えめな色のスーツで出勤し、そのまま参列することを推奨します。

ネクタイについても、落ち着いた色を選ぶと適切です。

スポンサーリンク

女性が仕事帰りにお通夜に参列する際の服装

職場から直接お通夜に出席する女性は、暗い色調のドレスやスーツを選ぶと良いでしょう。

急な参加でも、喪服を持参するのは男性同様に避けた方が無難です。

重要なのは暗色系の衣服を選ぶことです。

パンツスーツも問題なく着用可能で、黒のストッキングがあると適切です。

スポンサーリンク

お通夜に仕事帰りでの私服参加は許容されるか?

実際には私服での参加も許容されていますが、カジュアルすぎる服装や古着は避けるべきです。

派手なデザインや毛皮の衣類も控えめにするべきでしょう。

他の参列者がフォーマルな服装である場合が多いため、カジュアルすぎると場違いに見える恐れがあります。

急な参加の場合でも、なるべく落ち着いた色の普段着を選ぶことが望ましいです。

ただし、どのような私服でも良いわけではなく、地味で暗い色の服を選ぶべきです。

スポンサーリンク

お通夜への仕事帰り参列に作業着は許容されるか?

職種によっては作業着を着用している場合もありますが、暗めの色や控えめな色の作業着であれば問題なく参列できます。

明るい色や派手な色の作業着は避けるべきです。

可能であれば、着替えてから参加する方がより適切です。

スポンサーリンク

仕事帰りにお通夜に参列する際のバッグ、靴、ネクタイの選び方

仕事終わりにそのままお通夜に向かう場合、バッグや靴、ネクタイなどの小物はどのように選ぶべきでしょうか。

これらのアイテムは、できるだけ黒やその他の暗い色で統一することが推奨されます。

急なお通夜への参加が必要になることも多いため、準備時間が限られている場合がありますが、基本的には派手な色や光沢のある素材は避けるべきです。

遺族への配慮と故人への敬意を表す態度が重要です。

スポンサーリンク

お通夜の服装における基本マナー

お通夜の際には葬儀ほど厳しい服装の規定はないものの、基本的なエチケットは守るべきです。

以下でその服装マナーについて説明します。

お通夜に適した服装の選び方

通常、地味で暗色の服装が好まれますが、必ずしも厳格に服装規定を守る必要はありません。

昔はお通夜に急に呼ばれることが多く、あらかじめ喪服を用意していると「いなくなるのを待っていたかのように見える」と誤解されることもありました。

そのため、急に駆けつけたような印象を与える服装であっても問題はありません。

最近は礼服を着用する人が増えていますが、あまりにカジュアルすぎる服装は避けたほうが無難です。

暗色のスーツやワンピースを事前に準備しておくと良いでしょう。

小・中・高校生の服装

学生の場合、制服がある場合はそれを着用して参列することが適切です。

ただし、制服がない場合は普段着での参列も問題ありません。

子どもの場合、サイズが合わなくなるのが早いので喪服や礼服を特別に用意する必要はないと考える家庭も多いです。

普段着や制服で参列する際は、暗めの色を選ぶとよいでしょう。

喪服の着用について

一般の弔問者が喪服を着用する必要はありませんが、故人の親族は通常、喪服を着用します。

ただし、一般の参列者が喪服を着ると誤解されることがあるので注意が必要です。

急な場合やお通夜では普段着でも構いませんが、喪服の着用は避ける方が無難です。

男性の参列服装

男性はビジネススーツを着用しても問題ありません。

普段着でも暗めの服装ならば問題ないですが、最近は普段着での参列は少なくなっています。

暗色のスーツを一着用意しておくことをお勧めします。

スーツの色は黒でなくても大丈夫ですが、靴や靴下、ネクタイは黒で統一するのが好ましいです。

お通夜の場合は服装に関するマナーは比較的緩いため、あまり心配する必要はありません。

女性が喪服以外の服装で参列する時のポイント

女性が喪服以外で式典に出席する際は、スーツやドレスを選んでも問題ありません。

色は暗めのトーンが望ましく、装飾や模様のないシンプルなデザインを選ぶことが適切です。

ストッキング、靴、バッグなどの小物も、黒を基調とすると良いでしょう。

これらのアクセサリーについても、派手な装飾は避けるべきです。

スポンサーリンク

お通夜の服装についての注意点

お通夜や葬式に参列する際は、光沢のある衣服は適切ではありません。

毛皮や動物の皮を使ったアイテム、派手な色や柄の衣服も避けるべきです。

スーツがない場合は、これらの点を特に意識して選ぶようにしてください。

お通夜は予期せぬ時に設定されることもあるため、急いで準備する必要が生じるかもしれません。

指摘された点に注意を払えば、不適切な服装で失礼にあたることはありません。

お通夜で「平服でお越しください」と言われた場合は?

お通夜に「平服で」という指示がある場合も、これは普段着と同じというわけではありません。

通常、平服とは礼服よりはカジュアルで良いとされていますが、地味なビジネススーツやシンプルなドレスが求められます。

カジュアル過ぎると周囲とのバランスを崩す可能性があるため、注意が必要です。

スポンサーリンク

持ち物についてのご案内

お通夜に参列する際は、香典と数珠をご用意ください。

香典袋はコンビニで簡単に手に入りますので、事前に購入しておくと良いでしょう。

数珠も事前に用意が必要です。

さらに、香典を包む袱紗やシンプルな白いハンカチを準備することが推奨されます。

袱紗で香典を包むことは、相手への敬意を表し、その思いを形にする手段です。

お通夜ではシンプルな白いハンカチが好まれますので、派手な色のハンカチは避けましょう。

スポンサーリンク

仕事帰りのお通夜への服装に関するよくある質問

仕事の後、お通夜に参列する際の適切な服装は?

仕事帰りにお通夜に直接向かう場合、男性はビジネススーツ、女性はワンピースで問題ありません。

作業着が必要な職業の方もそのまま参列可能です。

お通夜で避けるべき服装は何ですか?

派手な色や柄、動物の皮を連想させる素材は避けた方が良いです。

ファーやレザー製のアイテムも不適切です。

仕事帰りにお通夜に参加する際、喪服を着用することはありますか?

仕事から直接お通夜に向かう場合、喪服に着替えて参加するのが一般的です。

以前は喪服が不適切とされることもありましたが、現在は広く受け入れられています。

もしもお通夜に適切な服装がない場合、どうすればよいでしょうか?

適切な服装がない場合は、普段着でも問題ありません。

お通夜では、必ずしも喪服や礼服を着用する必要はありません。

明るい色や派手な柄がない、控えめな色の服を選ぶことが望ましいです。

スポンサーリンク

まとめ:予期せぬ状況にも冷静に!

今回はお通夜の際の服装に焦点を当てて解説しました。

お通夜の案内は急に届くこともありますが、葬儀ほど服装に厳しい規定はありません。

最悪の場合、普段着で参加しても大丈夫ですが、最近では喪服を選ぶ人も増えていますので、スーツやシンプルなドレスで臨むと目立たずに済みます。

また、お通夜でもバッグや袱紗(ふくさ)、数珠など、事前に準備が必要なアイテムがあります。

突然の事態にも動じないために、事前に必要なアクセサリーを用意しておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました