PR

ピクルス作りで避けた方が良い野菜とは?おすすめの種類とユニークなバリエーションもご紹介!!

料理
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

ピクルス作りには向かない野菜があります。

ピクルスと聞くと、きゅうりや大根、人参が思いつきますが、どの野菜がピクルスに適しているか、または適していないかを知ることは重要です。

これにより、失敗を防ぎ、時間を節約することができます。

また、変わった種類のピクルスにも挑戦してみてはどうでしょうか。

こちらもぜひ注目してください。

スポンサーリンク

ピクルスに不向きな野菜の種類とは?

ピクルスに向かない野菜を紹介します。

・ほうれん草
・小松菜
・チンゲン菜
・水菜

苦味が強い葉物野菜は、ピクルスには向きません。

例えば、ほうれん草や小松菜、チンゲン菜、水菜などがこれに該当します。

ただし、葉物野菜でもキャベツはピクルスに適しています。

「ピクルスに向く野菜は?」という質問には、「生食できる野菜や根菜類」と答えると分かりやすいでしょう。

実際に、ピクルスに適する野菜の方が多いです。

ただし、漬ける際にはコツが必要で、根菜類や硬い野菜は一度下茹でしてからピクルス液に漬けることがおすすめです。

スポンサーリンク

ピクルスに最適な野菜の選び方とは?

ピクルス作りに向いている、人気の高い野菜をご紹介します。

・人参
・胡瓜
・大根
・チェリートマト
・ベビーコーン
・蕪
・キャベツ
・パプリカ
・カリフラワー

これらの野菜は、カリフラワーを除き、生の状態で漬け込むことが可能です。

これらは、普段から冷蔵庫に常備されている、またはよく買う野菜ではないでしょうか?

手軽に始められる野菜から試してみましょう。

たとえば、余った大根をピクルスに変えてみるのはいかがでしょうか?

ピクルス作りは意外と簡単です。

スポンサーリンク

ピクルスに合う珍しい野菜のご紹介

ピクルスに合う、一風変わった野菜を紹介します。

・蓮根
・牛蒡
・オクラ
・ゴーヤ
・玉葱
・セロリ
・みょうが
・ズッキーニ
・じゃが芋
・里芋

これらの野菜は、ピクルスにするとは思えないかもしれませんが、どれも漬けることができます。

特に蓮根、牛蒡、じゃが芋、里芋は珍しい選択ですが、これらは下茹でしたり、電子レンジで加熱してから漬けると、ピクルスに適しています。

ゴーヤは生のままでも漬けられますが、塩と砂糖で揉んでから熱湯で30秒茹でると、苦味が減って食べやすくなります。

ピクルスを漬ける際は、瓶を使っても良いですが、匂いが移りにくく、酸に強いガラス製の容器の使用をお勧めします。

スポンサーリンク

ピクルスのおすすめレシピとユニークなバリエーションとは?

ピクルス作りのさまざまな方法をご紹介します。

「おすすめレシピ」から「ユニークなバリエーション」に至るまで、どれも手軽に作れるものばかりを集めました!

即席カラフル野菜ピクルス

これは初心者にも向いているシンプルなレシピです。

ピクルス液の材料も基本的なもので、簡単に作れる点が特徴です。

爽やかな味わいの手作りピクルス

使用する野菜はわずか4種類。

ピクルス液を鍋で温めて瓶に移すだけの簡単な手順です。

事前の下処理も不要です。

キュウリを使ったピクルス

ピクルス作りが初めての方には、キュウリを使ったピクルスがおすすめです。

家庭にある調味料で作れ、スパイスを加えることでより豊かな風味が楽しめます。

サンドイッチやホットドッグにもぴったりです。

オニオンの洋風ピクルス

よくある家庭のたまねぎを使ったレシピです。

白ワインを加えることで、洗練された味わいが生まれます。

酸味が苦手な方にもおすすめの一品です。

セロリを使ったピクルス

セロリやカリフラワーを使ったピクルスです。

多くのハーブの代わりに「S&Bマジックソルト」を使用することで、簡単に作れるのが魅力です。

みょうがを使ったピクルス

イタリアンシェフ、片岡護氏のレシピを家庭向けにアレンジしたものです。

シンプルながらも本格的な味わいが特徴で、みょうが、キュウリ、しょうがの組み合わせが絶妙です。

スポンサーリンク

手軽に楽しむピクルス作り「かんたん酢」の活用法とは?

「かんたん酢」を使えば、ピクルス作りが思いのほか簡単になります。

特にピクルス作りが初めての方や、手軽に挑戦したい方に最適な商品です。

生で食べられる野菜なら、切ってすぐに「かんたん酢」をかけるだけでピクルスが完成します。

一部のレシピでは温かいピクルス液を使うこともありますが、その場合、「かんたん酢」を小鍋で温めて使うことができます。

スポンサーリンク

ピクルス作りで避けた方が良い野菜のまとめ

ピクルスには向かない野菜として、苦味がある葉物野菜があります。

例としては、ほうれん草や小松菜、チンゲン菜、水菜などが挙げられます。

しかし、適切な方法で漬ければ、じゃがいもやごぼうでさえピクルスに変えることが可能です。

これは意外かもしれませんが、実際にはピクルスに適した野菜のほうが多いんです。

適切な方法とは、野菜を下ゆですることです。

必要に応じて電子レンジを活用することもできます。

その後、ピクルス液に漬け込みます。

初心者の方は、手に入りやすく加工しやすい野菜、たとえばきゅうりや大根を使うと良いでしょう。

これらは固くなりにくく、簡単に美味しいピクルスを作ることができます。

自家製ピクルスを常備しておくと、朝食のトーストや夕食のサイドメニューが一層豪華になります。

是非、試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました