PR

USB-CとLightning変換アダプターの合法性とは?どの製品を選ぶべきかご紹介‼

本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

現代の技術トレンドとして広く受け入れられているUSB-C接続は、多くのACアダプター充電器に採用されています。

一方、2022年までのiPhone 14シリーズにはLightning端子が使用されていましたが、2023年に発売されたiPhone 15からは端子の仕様が変更されました。

この変更に伴い、市場には様々なアダプターやケーブルが登場しています。

・LightningからUSB-Cへの変換アダプター
・USB-C to Lightningケーブル

この記事では、以下の疑問点に焦点を当て、USB-CとLightningの接続について詳しく解説します。

・USB-CとLightningの変換は法的に問題はないのか?
・どの変換アダプターやケーブルが推奨されるのか?

スポンサーリンク

USB-CとLightningの変換アダプタは問題ない?選ぶべきはオリジナル品

USB-CとLightningの変換アダプタに関する取り扱いに関する状況

USB-CとLightningの変換アダプタに関しては違法ではありませんが、認可されているのは以下の2種類だけです。

多くのオンラインストアで販売されているUSB-CからLightningへの変換アダプタは、実は規格に適合しておらず認められていない製品です。

公式に認可されているアダプタは次の通りです。

・Micro-BレセプタクルからType-Cプラグへ
・Standard-AレセプタクルからType-Cプラグへ

正規品のUSB-CとLightningアクセサリーを選ぶ理由

Appleの正規品を使用することにより、製品の互換性と安全性が保証されます。

市場には品質の低いサードパーティ製品も多く存在し、これらを使用するとデータ転送の失敗などリスクが伴います。

したがって、アダプタを購入する際は、信頼性が高く安全な正規品を選ぶことが最善です。

価格は高いですが、安全性とデバイス保護の面で比べ物にならない価値があります。

まとめは以下の通りです。

・変換アダプタそのものに違法性はない
・認可されていないサードパーティ製品の使用は高リスク
・安全性を優先する場合は、正規品の購入が賢明

デバイスの長期的な使用を確実にするため、信頼できる正規品を選ぶことをお勧めします。

USB-C – Lightningアダプタ

このUSB-C – Lightningアダプタは、USB-Cを搭載したiPhoneやiPadに、Lightning接続のケーブルやヘッドフォンを接続するために便利なアクセサリーです。

充電、データ伝送、オーディオ出力の3つの機能をこの一つで実現できます。

耐久性を高めるために編組ケーブルが採用されており、USB-C端子をiPhoneやiPadのUSB-Cポートに挿入するだけで、Lightningデバイスを使用できるようになります。

USB-C – Lightningケーブル

このケーブルは、Lightningポートを持つデバイスを、USB-CポートやThunderbolt 3(USB-C)ポートを搭載したデバイスに接続して、データの同期や充電を行います。

また、USB-C対応のiPadへの充電も可能です。

AppleのUSB-C電源アダプタ(18W、20W、29W、30W、61W、87W、96W)と組み合わせることで、iOSデバイスの充電や、iPhone及びiPadの特定モデルでの急速充電を利用できます。

スポンサーリンク

MFi認証取得の非純正品もおすすめです

コストを抑えながらも、多様な選択肢や個性的なデザイン、機能性を重視したい場合には、MFi認証製品がおすすめです。

AppleのMFiプログラムは、Appleデバイス用のアクセサリを開発・製造するための公式ライセンスプログラムです。

このプログラムにより、iPhone、iPad、iPod用に製造された製品は、MFi認証を受けることでAppleの品質保証のもとに提供されます。

Apple純正製品と比較しても劣らない互換性と信頼性を誇ります

LightningまたはUSB-Cコネクタ、またはBluetoothを通じて、iOSやiPadOSデバイスと完璧に連携します。

MFi認証製品は、厳格な性能試験と品質管理基準をクリアして認証されています。

「Made for iPhone/iPad/iPod」の表示

製品がApple純正アクセサリと同じ品質基準を満たしていることを示す「Made for iPhone/iPad/iPod」のバッジが付けられます。

これは消費者に安心感を提供し、製品の信頼性を高めます。

タイトルとURLをコピーしました