PR

新テレビの購入か、液晶画面の修理か?どちらが賢い選択なのか解説!!

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

先日、子供が遊んでいる最中にうっかりテレビにぶつかり、液晶画面が割れてしまいました。

修理にはどの程度の費用が必要なの?

新しいテレビを買った方がコスパが良い?

自分で部品を調達し、修理することは可能なの?

このような疑問を友人から持ちかけられました。

友人夫婦は技術に不慣れで、以前私が彼らの家でレコーダーを設定したことから、家電に関することは何でも私が解決できると思っているようです。

しかし、私自身も家電の専門家ではないため、液晶の問題について詳しくはわかりません。

それでも、修理方法や費用に関する基本情報を調べてみることにしました。

液晶画面のトラブルに直面している方々にとって、ここに記した情報が少しでも役立つかもしれません。

スポンサーリンク

液晶パネルの自己交換は可能なのか?

液晶パネルを自分で交換できるかどうかについて考えてみましょう。

ある家電店のブログで見たところ、写真付きで交換手順が説明されていました。

まず、コネクターを外し、基板を取り外してから液晶をフレームから抜き取ります。

次に新しいパネルをセットし、基板を元に戻してコネクターを接続します。

これが非常に簡単で、すぐにできると書かれていました。

しかし、基板を扱う工程を見て、私には無理だと感じました。

夫に頼んでも難しいでしょう。

また、古い液晶パネルの処分方法も気になります。

不燃ゴミとして出せるのでしょうか?

修理の動画もありましたが、我が家にある限られた工具では難しいと思います。

機械操作に長けている人なら何とかできるかもしれませんが、失敗のリスクを考えると、一般の人には難しいと思われます。

液晶パネルは入手できるものなのか?

液晶パネルの購入に関する調査を行ったところ、価格情報は意外にもあまり見つかりませんでした。

主に見つけられたのは、専門家に修理を依頼した人たちの体験談です。

液晶パネルを大量に扱うような問屋を探しましたが、見つけることはできませんでした。

どうやら、液晶パネルはメーカーから直接購入するしかないようです。

これは、液晶パネルが高価な部品であり、大量に売れる商品ではないため、問屋が在庫を持つことが難しいからかもしれません。

さらに、メーカーからパネルを購入する際には、電気技師の資格が必要な場合もあるようです。

これが、パネル購入の方法が見つかりにくい理由の一つでしょう。

また、液晶パネルの交換を行うDIY動画でも、素人が液晶パネルを交換する例はほとんどありません。

したがって、液晶パネルの割れを自分で交換するのは現実的ではないと結論づけられます。

スポンサーリンク

テレビの液晶割れの修理の費用とは?

次に、テレビの液晶割れを修理に出す場合の費用について考えてみましょう。

修理はメーカーに依頼することが可能であり、液晶パネルの交換を専門に行う修理業者も存在します。

修理費用と出張費を合わせた総額は、おおよそ10,000円から30,000円程度と予想されます。

実際に修理を依頼した人の口コミによると、20,000円前後の費用が一般的なようです。

ただし、部品の価格については一概には言えず、ケースによって異なることを理解しておく必要があります。

テレビの修理費用については、見積もりを取得するまで正確な金額はわかりません。

テレビのサイズが大きい場合や、液晶と基板が一体化しているモデルでは、修理費用が高くなる傾向があります。

また、液晶部品の市場価格は変動が激しいため、修理費用にも影響します。

過去にはテレビの在庫過剰により価格が大幅に下がったこともありましたが、2018年後半からは需要が増え、液晶の価格も上昇しています。

液晶パネルはテレビの部品の中で最も高価な部分です。

大まかな料金を見ると、新品テレビの70%以上になることも珍しくありません。

液晶のコストに加え、修理費や出張費が加算されると、総額はかなり高くなります。

全体的に見ると、新品を購入する方が安くつくこともあります。

修理が新品購入より高くつく理由には、古いテレビの部品の入手困難さ、修理作業の人件費、古い部品の処理、新品の低価格などがあります。

液晶割れの保証適用について

購入後1年以内であっても、液晶の破損は通常、メーカー保証の対象外です。

自己責任による破損や、地震などの災害によるものも保証対象外となります。

家電量販店の延長保証については、保証内容を確認することが重要です。

もちろん、液晶画面が壊れた場合、多くの時は保証の対象外です。

保証が適用される場合でも、故障が自然に起きたものでなければなりません。

液晶画面が自然に割れることはほとんどないので、不注意で壊れた場合は通常、保証されません。

スポンサーリンク

液晶画面が割れた場合、新しいテレビを買った方が安いのか?

テレビを修理するか新しく買うか、どちらが経済的かはテレビによって異なります。

一般的に、新しい、大きな、多機能のテレビの場合は、修理の方がコストパフォーマンスが良いとされています。

これは、現在の液晶部品が比較的安いこと、大型や高級モデルの場合、液晶以外の部品が高価であること、小型テレビでは液晶のコストがテレビ全体の価格と同等であるためです。

50インチ以上のモデルでは修理を検討し、40インチ以下では新しいテレビを買う方が良いとされています。

しかし、最終的には修理の見積もりと新品の価格を比較して決めるのがベストです。

リサイクルコストを考慮しよう

新製品の購入と修理のコストを比較する際には、リサイクルにかかる費用も忘れずに考慮してください。

例えば、家電リサイクル法に基づき、古いテレビを処分する際には料金が必要です。

16インチ以上の液晶テレビを処分する場合、その費用は2,916円になります。

さらに、回収や運搬にも追加で数千円がかかることがあります(店舗へ持ち込む場合でも同様です)。

新しいテレビを購入する際には、これらのリサイクル費用も含めた総コストを考慮することが大切です。

スポンサーリンク

まとめ

・自分での修理はほぼ不可能
・修理費用は高くつくことが多い
・保証は大部分の場合役立たない
・高価な製品は修理する価値がある

調査によると、状況はかなり厳しいことが明らかになりました。

自分で部品を交換することはほぼ不可能で、保証もほとんど役に立ちません。

パネルはメーカーから直接購入するしかなく、修理費用を抑える方法は見つかりませんでした。

どちらにしても、かなりの費用がかかることが予想されます。

私の友人のテレビは少し古い中型サイズなので、新しいものに買い替えることになるでしょう。

次に購入するテレビには、液晶画面を保護するフィルムを貼ることをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました