PR

鳥貴族で持ち帰りしたい時にルールはあるのか?食べ残しに関するマナーをご紹介!!

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

食べ残しについては、社会的に問題視されることが多いですね。

家庭では、この問題にどう対応していますか?

多くの人が、親から食べ残しについて厳しく教えられた経験があるでしょう。

しかし、最近では年配の方々も「食べ残しは許さない」という態度は少なくなっています。

特に外食の際は、食べ残しに対して寛容な場合が多いですが、もちろん限度はあります。

外食時に「食べ残しはもったいない、持ち帰りたい」と思うこともあるでしょう。

しかし、食べかけの料理を持ち帰ることができるかは、店によって異なります。

今回は、鳥貴族を含む焼き鳥店の持ち帰りルールについて詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

焼き鳥チェーン店における持ち帰りのルールとは?

鳥貴族では、「全商品の持ち帰りはご遠慮ください」と公式に案内されています。

これは公式FAQにも記載されており、店舗による違いはありません。

また、鳥貴族ではアルコール提供の関係で、未成年のみの来店は不可とされています(保護者や成人同伴なら問題ありません)。

他の焼き鳥チェーン店では、どのような対応をしているのでしょうか?

やきとり大吉の場合

大吉では、持ち帰りサービスの提供状況が店舗によって異なります。

事前に訪問予定の店舗に問い合わせることを推奨します。

とり鉄の場合

鶏の鉄人の一部店舗ではテイクアウトが可能です。

詳細は「テイクアウト可」の店舗リストをご覧ください。

串鳥の場合

串焼き鳥屋では、持ち帰り可能な店舗が限られており、一部商品は持ち帰り不可の場合があります。

詳細は「お持ち帰りメニュー」をご確認ください。

やきとりの名門・秋吉の場合

福井県発の秋吉では、公式サイトには記載されていないものの、持ち帰りサービスが利用できます。

以上、焼き鳥チェーン店の持ち帰りオプションについてのご案内でした。

持ち帰りには、家で食べるためのテイクアウトと、食べ残しの持ち帰りの二つの意味があります。

鳥貴族では、全商品が対象のため、食べ残しの持ち帰りはできません。

食べ放題のシステムでは食べ残しが避けられないため、他の焼き鳥チェーン店では食べ残しに関する明確な規定は一般的に見当たりません。

新たに購入した商品の持ち帰りは許可されていますが、食べ残しの持ち帰りについては、通常想定されていません。

食べ残しを持ち帰りたい場合は、店員に事前に確認することが推奨されます。

スポンサーリンク

外食での残りを自宅に持ち帰る習慣

日本では、食べ残しの持ち帰りを禁止する明確な規定は存在しませんが、一般的には控えるべきとされています。

店舗側は、持ち帰った食品による食中毒のリスクを懸念しており、持ち帰りを奨励していません。

例えば、焼き鳥チェーン「鳥貴族」では、焼き鳥が完全に調理されていても、店内での消費を前提としています。

テイクアウトの品質が店内での食事と異なることは稀ですが、時間が経過した商品の持ち帰りは推奨されていません。

また、顧客の立場から見ると、食べ残しを持ち帰る行為がネガティブな意味を持つと感じる人もおり、他人の目を気にする傾向があります。

食べ残しに対する海外の見解とは?

しかし、このような感覚は日本特有のものかもしれません。

海外では、食べ残しを持ち帰ることが拒否されたり、恥ずかしいと見なされることは少ないです。

アメリカでは、レストランで食べ残した料理を「ドギーバック」と呼ばれる容器に入れて持ち帰る習慣が一般的です。

この習慣は、元々ペットの犬に食べさせるために残り物を持ち帰ることから「ドギーバック」と名付けられました。

ただし、持ち帰った食事が原因で食中毒が起きた場合、レストラン側は責任を負いません。

日本では、このような文化の違いから、食べ残しを持ち帰る習慣が異なる問題を抱えています。

日本人は食べ残しを持ち帰ることについて特有の考えを持っていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

鳥貴族で持ち帰りしたい時にルールはあるのかのまとめ

この記事では、日本の焼き鳥チェーンでの持ち帰りサービスと、日本人が食べ残しを持ち帰ることに対する意識について掘り下げています。

食品の無駄遣いを防ぐことは大切ですが、日本では様々な理由でそれが難しいこともあります。

例えば、焼き鳥の食べ放題では、残すと追加料金がかかることがあります。

これは、自分が食べられる量を見極めて注文することの重要性を示しています。皆さんも、注文する際には適量を意識しましょう。

タイトルとURLをコピーしました