PR

東京ドームの座席でアリーナとスタンド間の移動は可能なのか?その違いについて解説!!

本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

東京ドームはコンサートやスポーツイベントなど、さまざまなイベントに使用される会場です。

多くの人が一度は足を運んだことがあるでしょう。

特に、アリーナ席やスタンド席など、様々なタイプの座席が用意されている点は、ほかの会場とも共通しています。

アリーナ席とスタンド席、これらの座席はどのように異なるのでしょうか?

また、席間での移動は可能でしょうか?

今回は、そうした疑問にお答えするための情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

アリーナ席とスタンド席の主な違い

アリーナ席とスタンド席はよく知られていますが、具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

この記事では、東京ドームにおけるそれぞれの座席の特徴と差異を詳しく解説します。

アリーナ席の特徴

東京ドームで開催されるスポーツイベントやコンサート時に、グラウンドレベルに設けられる席をアリーナ席と呼びます。

コンサートでは一般的に外野エリアにステージが設置されますが、アーティストによっては以下のような異なる配置を採用することもあります。

・ステージをアリーナ中央に設置
・通路沿いに花道を設ける

このような配置により、アリーナ席からはアーティストを非常に近くで見ることができ、大変価値のある座席とされています。

ただし、アリーナ席には段差がないため、前の観客によって見える範囲が変わることがあります。

後ろの席ほど舞台が見にくい場合がありますので、ご注意ください。

スタンド席の配置と特性

東京ドームのスタンド席は階層によって体験が異なります。

主に1階席と2階席があり、それぞれがメインステージの右側「1塁側」と左偶「3塁側」に位置しています。

スタンドの1階席は、特に外野近くの席がステージに近く視界が良好ですが、「見切れ席」になるリスクもあります。

バックネット裏の席は野球では選手を間近で観戦できますが、コンサート時はステージが遠く、視界を妨げるネットがあるため見づらくなります。

2階席は、ドームの高い天井に近くステージから遠いため、「天井席」とも称されます。

アーティストの姿は小さく見えるため、双眼鏡があると良いでしょう。

しかし、会場全体を見渡せる点は2階席の大きな魅力です。

このようなユニークな視点からイベントを楽しむ観客もいます。

スタンド席では、イベント内容や座席の位置によって評価が変わることがあります。

イベント時の座席選びの課題と楽しみ方

人気のスポーツ試合やコンサートでは、希望する席を確保することが難しいこともあります。

ですが、それぞれの席が持つ独特の魅力を楽しむことが重要です。

スポンサーリンク

東京ドームの座席間の移動は可能か?

東京ドーム内での座席間の移動にはルールがあります。

特にアリーナ席とスタンド席間の移動に関しては、次のような制限が設けられています。

たとえば、知人がアリーナ席にいる場合、スタンド席からアリーナ席への移動は認められていません。

アリーナ席入口ではチケットの確認が行われるため、アリーナ席からスタンド席への移動は可能です。

しかし、その逆は許可されていません。

アリーナ席のチケットを持つ者は、必要に応じてスタンド席との間を自由に移動できますが、アリーナ席への再入場時にはチケットの再確認が必要です。

外出する際はチケットを常に持ち歩くことを忘れないようにしてください。

イベントによる座席ルールの違い

イベントによって座席へのアクセスルールが異なる場合があります。

不安な点があれば事前に確認することをお勧めします。

スポンサーリンク

まとめ

東京ドームのアリーナ席とスタンド席は、観るイベントによってその価値が変わることがあります。

アリーナ席が常に良いとは限らず、場合によっては視界が制限されることもあります。

しかし、それぞれの席には特有の楽しみ方が存在し、その魅力を見つけることもイベントの一つの楽しみ方です。

通常、主催者の方針によりアリーナ席とスタンド席間の移動は制限されることが多いですが、会場の外周を使用しての移動は出来ます。

何か用がある場合は廊下での待ち合わせが有効です。

この際、再入場時にはチケットの半券が必要になるため、それを忘れないよう持参することが重要です。

タイトルとURLをコピーしました