PR

電源が入っていないか電波の届かない場所とアナウンスが流れるのは 通話拒否のサインなのか?記録は残るのかも調査!!

本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

たまに、誰かに電話をかけると、「おかけになった番号は通信不能エリアにあるか、電源がオフになっています」というアナウンスが流れ、通話が繋がらないことがあります。

この状況に遭遇すると、次のような疑問が頭に浮かぶかもしれません。

「もしかして、通話を拒否されているのでは?」

「この通話試行は相手の通話履歴に記録されるのだろうか?」

このような疑問を抱く人は多いかもしれません。

そこで、この記事ではこれらの疑問に焦点を当てて詳しく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

「通信不能エリアか電源オフ」の状況は通話拒否の兆し?

「おかけになった番号は通信不能エリアにあるか、電源がオフです」というアナウンスが流れることがありますが、これが通話拒否の明確なサインとは限りません。

このメッセージは、相手が通信不能エリアにいるか、電源が切れているために通話が繋がらないことを示しています。

後ほど詳しく説明しますが、通話拒否されている場合には、通常異なるアナウンスが流れます。

そのため、通話拒否されているかもしれないと心配している方は、その心配を捨てて安心してください。

スポンサーリンク

着信拒否時の通知について

相手が着信拒否の設定をしている際に電話をかけると、通常以下のような反応があります。

・呼び出し音(ツーツーツー)が続く
・「この番号は現在接続できません」というメッセージが流れる

特に、後者の場合、ドコモやauなどの異なるキャリアや機種によってメッセージが少し異なることがあります。

また、ユーザーがメッセージをカスタマイズできるサービスもあるため、アナウンスの内容には様々なバリエーションが存在します。

そのため、これらの反応がなければ、着信拒否されている可能性はほとんどないと考えられます。

スポンサーリンク

相手に着信記録が残るかどうか

もし相手が電波の届かない場所にいたり、電源が切れている状態であなたが電話をかけた場合、その時点で着信記録は残らないことが多いです。

しかし、多くの携帯電話やスマートフォンは、通話が可能になった時に、どの番号からいつ電話がかかってきたかを知らせるショートメッセージを送る設定になっています。

「通話が可能になる」とは、電源が入っている状態や電波の届く場所にいることを指します。

このため、通話が不可能な状況でも、後で誰からいつ電話があったのかを確認できます。

ただし、この通知機能がオフになっている場合は、メッセージが届かないので、自分で確認しない限り、誰からの着信だったかは分かりません。

このような通知機能を持つスマートフォンや携帯電話では、通常、最初から通知がオンに設定されていますが、設定が異なる場合もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

まとめ

「現在おかけになった番号は電波の届かない場所にいるか、電源が切れているため通話できません」というアナウンスがあった場合、着信拒否の可能性は低いです。

通常、後から相手に着信通知が送られます。

そのため、相手が電波の届く場所に移動したり、電源を入れるまで待つのが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました