PR

冷めた天ぷらを再び揚げる魅力とその際の適切な温度設定とは?天ぷらの再活用は可能か調査!!

料理
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

天ぷらを再度揚げることにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

実は、おいしい天ぷらを作るコツは、再度揚げることにあるのです。

この記事では、天ぷらを再度揚げることの利点を詳しく解説します。

さらに、再揚げする際の適切な温度や手順についても丁寧にご紹介します。

スポンサーリンク

天ぷらを再度揚げることの具体的な効果は?

どんぶりの具や、うどんやそばのトッピングとしても人気の、時折無性に食べたくなる天ぷら。

実は、天ぷらは再度揚げることでさらにおいしくなるんです。

再揚げの効果について、皆さんも興味があるでしょう。

天ぷらの再揚げは強くおすすめされています。

天ぷらを再度揚げる理由とは?

一度揚げただけでは、実はもったいないんです!

最高の天ぷらを作るためには、再度揚げることが欠かせません。

その理由は以下の二点にあります。

『外観』…天ぷらの衣がパリッと仕上がり、油っぽさが減ります。

『風味』…衣はカリカリとした食感になり、具材は柔らかく風味豊かに仕上がります。

見た目と風味、どちらも向上させる方法が、再度揚げることなのです。

冷めた天ぷらを二度揚げで再びおいしくする方法とは?

冷めてしまった天ぷらをもう一度おいしくするには、二度揚げが効果的です!

天ぷらが冷めて衣が柔らかくなってしまっても、二度揚げすることでサクサクの美味しい状態に戻せます。

冷めた天ぷらを二度揚げする際の手順は以下の通りです。

1. 天ぷらに水を軽く振りかける

2. キッチンペーパーで水分をしっかりと拭き取る

3. 油を熱し、衣がサクサクになるまで1〜2分揚げる

これで、冷めた天ぷらが再びおいしくなります。

ただし、水分を完全に拭き取らないと油がはねる恐れがあるので注意が必要です。

もし二度揚げが難しい場合は、天ぷらにスプレーで水を吹きかけた後、オーブントースターで約2分焼くのも一つの方法です。

スポンサーリンク

天ぷらの二度揚げに適した油の温度は?

二度揚げの際に重要なのは油の温度です。

天ぷらを揚げる最適な温度は?

最初の揚げ…160℃の低温

160℃の目安は、油に箸を入れた時に小さな泡がゆっくりと静かに出る状態です。

最初の揚げは、表面が暗くならないように、じっくりと低温で行います。

例えば、じゃがいものような厚みのある食材を想像してください。

中心までしっかりと熱を通し、柔らかくすることがポイントです。

天ぷらを再揚げする際の温度設定

天ぷらを再揚げするときは、温度を約180℃に設定します。

この温度は、油に箸を入れたときに細かい泡が活発に立ち上ることで確認できます。

この工程では、天ぷらの外側をカリッとさせ、美しい金色に仕上げるために、短時間で高温で揚げることが重要です。

この方法を用いると、衣はサクサク、中身は柔らかく、絶品の天ぷらができあがります。

天ぷらを揚げる際の重要なポイント

さらに、天ぷらを揚げる際には、油の温度を適切に管理することが大切です。

特に、一度に多くの食材を油に入れすぎないように注意しましょう。

食材が多いと、油の温度が急に下がり、揚げ物の品質が落ちます。

理想的な揚げ物を作るためには、油の温度を一定に保つことが鍵です。

そのため、一度に揚げる食材の量は、鍋の油の表面積の半分以下にするのがおすすめです。

スポンサーリンク

天ぷらの二度揚げの正しい方法とは?

二度揚げの手順は以下の通りです。

・最初の揚げは5〜10分程度
・再揚げは高温なので、1〜2分で完了

この手順に従うことで、理想的な天ぷらを作ることができます。

もちろん、美味しい食事を目指すなら、食べる直前に揚げるのが最良です。

さらに、絶品の天ぷらを作るための特別なコツをお教えします。

深めの鍋を用意し、たっぷりの油を使いましょう。

油を多く使うことは危険だと思われがちですし、無駄に感じることもあるかもしれません。

そのため、フライパンで少量の油で揚げることもありますが、そうすると油の温度が安定せず、天ぷらが油っぽくなりやすいのです。

重要なのは「たっぷりの油を使って、温度を管理しながら二度揚げする」ことです。

これによって、味が良くなり、油っぽさがなく、サクサクでヘルシーな天ぷらができあがります。

また、調理後の油は、カスを取り除き、冷やして暗く涼しい場所に保管すれば、再利用が可能です。

最近では、デザインが優れ、使い勝手の良いオイルポットも多く販売されています。

一つ持っていると、とても便利です。

スポンサーリンク

冷めた天ぷらを再び揚げる魅力とその際の適切な温度設定とはのまとめ

天ぷらをより美味しくするための秘訣は、「二度揚げ」という技術にあります。

この方法は、主に以下の二つの要素を高めることで、天ぷらの魅力を引き出します。

・外観
・風味

「二度揚げ」はこれらの要素を向上させるだけでなく、冷えてしまった天ぷらを再び美味しくするのにも効果的です。

一度しなびた衣も、もう一度揚げることで、カリッとした食感に変わります。

この技術を用いる際、油温の管理が重要です。

以下のように設定します。

初回揚げ:約160℃(低めの温度)
再揚げ :約180℃(高めの温度)

この方法により、外側はサクサク、中は柔らかい、絶品の天ぷらが完成します。

揚げる際には、一度に多くの食材を油に入れないように注意しましょう。

そうしないと、油温が急激に下がり、理想的な揚げ上がりに影響します。

「二度揚げ」の時間配分は以下の通りです。

初回:約5〜10分間
再度:1〜2分間

また、油をたっぷり使い、深めの鍋で揚げることも、美味しい天ぷらを作るコツの一つです。

この方法を試して、見た目も味も素晴らしい天ぷらを作り、その美味しさをぜひ堪能してください。

タイトルとURLをコピーしました