PR

さつまいもが電子レンジで固くなるのはなぜなのか?柔らかくする方法とおいしく再生するコツをご紹介!!

料理
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

寒い季節になると、ふんわりとしたさつまいもが食べたくなるものです。

最近は、焼き芋の専門店やコンビニのスイーツが人気を集めていますね。

そんな中、家で簡単に作れると思って生のさつまいもを買って電子レンジで加熱してみたら、思いがけず「乾燥して硬い」状態になってしまった、という経験をされた方も多いのではないでしょうか。

この記事では、電子レンジを使ってさつまいもをおいしく温めるための効果的な方法やコツをご紹介します。

さらに、加熱がうまくいかなかった場合の対処法もお伝えしますので、ぜひ試してみてください。

電子レンジを使えば、オーブンや蒸し器を使うよりもずっと時間を節約できますよ。

スポンサーリンク

電子レンジで加熱するとさつまいもが固くなるのはなぜなのか?

電子レンジでさつまいもを温めた経験はありますか?

予想外に「固い」状態になったことに驚いたことはないでしょうか。

この現象には、はっきりとした理由が存在します。

電子レンジでさつまいもを加熱すると、水分が蒸発し、固くなることがあります。

これは、電子レンジが他の調理方法に比べて、食材の水分を素早く蒸発させる性質があるためです。

例えば、さつまいもを電子レンジで加熱する場合、500wから600wで4分から7分程度が適切です。

しかし、さつまいもはもともと水分が少ないため、加熱するとさらに水分が蒸発しやすくなります。

その結果、加熱が終わる頃には、さつまいもが乾燥して固くなってしまうのです。

電子レンジで干し野菜を作るときも、同じ原理が働きます。

干し野菜は乾燥していますが、さつまいもを同じ方法で加熱しても干し芋にはなりません。

干し芋を作る際は、最初に蒸し器でさつまいもを蒸し、水分を保った状態で乾燥させます。

これにより、しっとりとした食感に仕上がります。

電子レンジでの急速な乾燥が、このような結果を引き起こします。

では、ふっくらとしたさつまいもを作るコツは何でしょうか?

次のセクションでその方法を見ていきましょう。

スポンサーリンク

電子レンジでふっくらとしたさつまいもを作る方法とは?(一本丸ごと)

電子レンジを活用して、美味しい焼き芋風の蒸し芋を作るコツは、適切な水分量をキープすることにあります。

この手軽な方法では、キッチンペーパーとラップを使って、さつまいもを乾燥させずに、柔らかくふっくらとした食感に仕上げます。

その① 基本的だけど簡単で時短がきる方法

まず、さつまいもをキッチンペーパーで包み、水で濡らします。

次に、その上からラップを巻きます。

600wの電子レンジで4分間加熱します。

竹串を刺してみて、スムーズに挿入できれば、調理は完了です。

もし竹串がスムーズに刺さらない場合は、さらに1分加熱し、再度竹串で確認します。

この工程を繰り返して、最適な加熱時間を見つけましょう。

濡らしたキッチンペーパーの水分をラップで封じ込めることで、さつまいもを乾燥から守り、柔らかく美味しく仕上げることができます。

その②より甘く、より柔らかな仕上がりにする方法

先ほど紹介した方法では、さつまいもを素早く加熱して美味しく仕上げることができますが、もっと時間をかけて調理することで、さらに甘く、柔らかいさつまいもを作ることが可能です。

この方法では、まずさつまいもをキッチンペーパーで包み、水で湿らせてからプラスチックラップで覆います。

次に、電子レンジを600Wに設定し、1分30秒加熱します。

その後、電子レンジの設定を200Wに変更し、さらに10分間加熱します。

竹串がスムーズに挿入できるようになれば、調理は完了です。

竹串がスムーズに挿入できない場合は、1分ごとに加熱時間を延長しながら様子を見てください。

さつまいもは、低温でゆっくり加熱することで糖分が増え、より甘くなる特性があります。

そのため、最初に600Wで加熱した後、200Wに切り替えてじっくりと調理するのです。

さらに、糖分が増えると水分をより保持しやすくなり、結果としてさつまいもはよりしっとりと柔らかく仕上がります。

秋から冬にかけての季節に最適な、このさつまいものレンジ加熱法を、ぜひお試しください!

スポンサーリンク

電子レンジを使ったさつまいもの柔らかい輪切りの作り方とは?

さつまいもをスイーツや料理に使用する際、輪切りにして加熱する方法があります。

では、電子レンジを活用して、さつまいもをどのように温めるのが最適でしょうか。

【手順】

1. まず、さつまいもを1cmの厚さに輪切りにし、水に浸してアクを抜きます。

2. 次に、耐熱皿にアク抜きしたさつまいもを並べ、適量の水を加え、軽くラップをします。

3. 600Wの電子レンジで4~5分加熱します。

柔らかくなりますが、もし固さが残る場合は、30秒ずつ加熱時間を延長してください。

均一に温めるためには、水分量の調整が重要です。

加熱後に余分な水は捨ててください。

この方法で、さつまいもを簡単に電子レンジで温めることができます。スナックや離乳食、様々な料理に活用してみてください。

ただし、簡単に作れるため、食べ過ぎに注意しましょう。

スポンサーリンク

さつまいもを電子レンジで加熱したら乾燥してしまった時の対処法とは?

一本丸ごと復活させる方法

期待したホクホク感が得られず、さつまいもが乾燥してしまった場合の対処法をご紹介します。

さつまいもを全体的に復活させるには、水分を加えて再度レンジで加熱します。

湿らせたキッチンペーパーでさつまいもを包み、その上からラップをして、低いワット数でゆっくりと加熱しましょう。

うまくいけば、もちもちとした食感が戻ります。

少量のさつまいもを復活させる簡単な調理法

まず、耐熱性のある容器を2つ用意しましょう。

一つの容器にはさつまいもを置き、もう一つには水を入れます。

この両方の容器をカバーせずに、電子レンジで同時に加熱します。

500Wで1分間加熱することで、さつまいもに適度な水分を与え、乾燥を防ぐことができます。

スポンサーリンク

さつまいもが電子レンジで固くなった時に再生させる方法とは?

さつまいもが固くなってしまったとしても、まだ使えます。

ここでも、水分を加えることがポイントです。

方法はとても簡単です。

鍋に水と固くなったさつまいもを入れ、弱火で煮ます。

電子レンジを使用する場合は、耐熱容器にたっぷりの水を入れ、200Wでゆっくりと加熱するのが良いでしょう。

また、蒸し器を使って蒸す方法もおすすめです。

どちらの方法も試す価値があります。

柔らかくなったさつまいもは、新しい料理に生まれ変わらせることができます。

例えば、バター、砂糖、生クリームを加えて混ぜ合わせ、トースターで焼き色がつくまで焼けば、おいしいスイートポテトが完成します。

バターはマーガリンに、生クリームは牛乳に置き換えても問題ありません。

スポンサーリンク

さつまいもを電子レンジで加熱する時のコツとは?

電子レンジを使ってさつまいもを温める際には、水分を加えることが重要です。

何もせずにそのまま加熱してしまうと、焦げたり火事になる可能性があります。

覚えておくべきは、「レンジで加熱する際は水分が重要」ということです。これを忘れないようにしましょう。

また、水に浸したキッチンペーパーで包んでラップをしても、600Wで10分以上加熱すると、やはり焦げるリスクや火災の危険があります。

加熱の際はワット数と時間に注意してください。

加熱中はレンジの近くを離れず、美味しくホクホクになるさつまいもができるのを楽しみに待ちましょう。

タイトルとURLをコピーしました