PR

雨の日でも安心!サンシェードの適切な扱い方とは?

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

夏場、窓辺にサンシェードを設置するのは、強い日差しから室内を守るためによく行われます。

特にベランダに設置すると、直射日光を遮り、室内温度の上昇を抑える効果が期待できます。

そのため、サンシェードの設置を検討する人は多いでしょう。

しかし、雨の日にサンシェードをどう扱うべきかは、よく疑問に思われる点です。

ここでは、雨の日のサンシェードの管理方法について解説します。

スポンサーリンク

雨の日のサンシェード対応策とは?

ベランダにサンシェードを設置している場合、雨が降るたびに取り外すのは手間がかかります。

そのままにしておくと、雨水でサンシェードが重くなり、破損するリスクやベランダへの影響が心配されることもあります。

そこで、撥水加工されたサンシェードを選ぶことをお勧めします。

撥水加工されたサンシェードは雨水を吸収せず、流れ落ちるため、重くなることがありません。

雨が降っても取り外す必要はなく、常時設置しておいても問題はありません。

撥水加工のサンシェードを使用すれば、雨の日でも下に洗濯物を干すことができます。

外出中に突然雨が降っても、サンシェードの下に洗濯物を置いておけば安心です。

また、雨の日でもサンシェードの下で遊ぶことが可能になります。

スポンサーリンク

サンシェードを風の強い日にどうするべきか?

サンシェードは雨の日には撥水効果を発揮しますが、風の強い日には異なる対応が求められます。

風の日にサンシェードを取り外すことが賢明です。

風はサンシェードにとって予期せぬ敵で、特に強風は避けるべきです。

サンシェードが大きければ大きいほど、風の影響を受けやすく、強風によって破損や接続部分の故障のリスクが高まります。

特に、風が強い日や台風の際には使用を控えることが推奨されます。

台風のような強風時には、サンシェードが接続部から外れて飛んでしまう危険があり、マンションなどでは使用が制限されることもあります。

サンシェードが落下すると非常に危険です。

戸建て住宅においても、サンシェードが風によって飛ばされ、隣家に被害を与える可能性があるため、風の強い日や台風が近づいている時には取り外すことをお勧めします。

また、風が強いとサンシェードが騒音の原因となることもあります。

台風などの場合、風が強まる前にあらかじめ取り外しておくのが最善の対策です。

スポンサーリンク

サンシェードを選ぶ時に失敗を避ける方法とは?

サンシェードを選ぶ際は、雨にも強い撥水機能がついているものを選ぶと良いでしょう。

さらに、UVカット機能があるかどうかも大切なチェックポイントです。

市場に出回っている多くのサンシェードにはUV保護機能がありますが、購入する前にはこの点をしっかりと確認してください。

サイズに関しては、設置する窓よりも一回り大きなサンシェードを選ぶことが推奨されます。

小さすぎると日差しが均等に遮られず、見た目にも美しくありません。

理想的なのは、設置窓よりも少し大きめのサンシェードです。

これにより、選択時の失敗を減らすことができるでしょう。

また、流行のデザインは人気が高く、すぐに売り切れることが多いです。

気に入ったものを見つけたら、早めに購入することをお勧めします。

スポンサーリンク

サンシェードの雨の日の適切な扱い方のまとめ

雨の日のサンシェードの対処法についてご紹介しました。

雨の日に毎回サンシェードを取り外すのが面倒な場合、撥水性のあるサンシェードを選ぶと良いでしょう。

これなら常設しておいても問題ありません。

突然の雨でもサンシェードが洗濯物を守ってくれるため、雨に濡れる心配は不要です。

ただし、風が強い日は注意が必要です。

特に強風や台風の際は、サンシェードが飛ばされるリスクがあり、大きな危険を伴います。

飛ばされたサンシェードが他人に怪我をさせることもあるため、強風や台風が予想される時は、事前に取り外すことが肝心です。

タイトルとURLをコピーしました