PR

サンシェードの取り付けで網戸が邪魔だけど共存は可能なのか?その悩みの解決策をご紹介!!

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

日本の夏は、年々暑さが増していますね。

エアコンが使えない方もいらっしゃるでしょう。

健康上の理由や、エアコンのコストを考えて「扇風機を使うのがベスト」と考える人も多いです。

そこで、強い日差しを遮ることで室内温度を下げる工夫が重要になってきます。

中でも「すだれ」は、コスト効果が高く、風情も感じられるため、人気があります。

ただ、すだれを手に入れるのは簡単ですが、取り付けにはいくつかの困難が伴います。

特に、「網戸があると取り付けが難しい」という問題があります。

網戸を開けたいけれど、どうすればいいのでしょうか?

この問題に対する解決策を見ていきましょう。

スポンサーリンク

すだれの利点

夏の強い日差しを遮る方法は様々です。

カーテン、よしず、グリーンカーテンなどがありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

では、なぜ多くの家庭で「すだれ」が選ばれるのでしょうか?

涼しい室内環境の作り方

サンシェードを窓に取り付けることで、風を室内に取り込むことができ、カーテンよりも効果的です。

金属製ブラインドと異なり、サンシェードは空気層を活用して熱伝達を抑制し、室内の温度上昇を防ぎます。

これにより、室内は涼しく、風通しも良く、見た目も清涼感があります。

太陽熱の室外遮断

カーテンは日差しを遮る役割を果たしますが、夏の朝からの強い日差しにより窓が熱くなり、カーテン自体も熱を帯びることがあります。

遮光や断熱機能を備えたカーテンであっても、35度に達する太陽熱によって温まり、結果的に室内温度を上昇させてしまうことがあります。

この問題を解決するには、窓に直接太陽光が当たらないようにすることが効果的です。

つまり、太陽熱を室外で遮断することが重要です。

サンシェードは室内だけでなく、窓の外側にも設置でき、この目的に適しています。

サンシェードの利点:手軽さと低価格

グリーンカーテンを設置している家を見ると、その美しさにいつも憧れます。

しかし、自分で始めようと思った時、グリーンカーテンの設置は簡単ではなく、かなりの挑戦が必要だと気づきました。

代わりにサンシェードの使用を考えるのも良い方法です。

サンシェードは海辺の小屋のような雰囲気を演出しますが、大きすぎるとスペースが足りず、場所によっては不釣り合いに見えることもあります。

サンシェードはホームセンターで販売されている大きなものから、100円ショップで見つける小さなものまで、窓のサイズに合わせて手軽に選べます。

毎シーズン新しいものに交換する場合、100円ショップのものでも十分です。

スポンサーリンク

サンシェードの取り付け時の注意点とは?

サンシェードは簡単に使える便利なアイテムですが、その取り付け方には注意が必要です。

適切に設置されないサンシェードは、その効果を十分に発揮できず、時には安全上のリスクをもたらすことがあります。

ここでは、サンシェードの効果を最大限に活かすための取り付け方法について、いくつかのポイントをご紹介します。

風通しを考慮した取り付け方法

サンシェードを取り付ける際は、風通しを良くするために、窓ガラスから5〜10cmの間隔を空けることが理想的です。

窓に近すぎると、空気の流れが悪くなり、熱がこもる恐れがあります。

強風時の注意点

特に高層階の窓にサンシェードを設置する場合は、強風によるリスクを考慮する必要があります。

強風が吹く地域では、サンシェードの使用は適していないと言えるでしょう。

風が強いと、サンシェードが激しく揺れたり、破損したり、場合によっては飛ばされる危険もあります。

これを防ぐためには、サンシェードの下部に紐を取り付け、縁側などに固定する方法が有効です。

固定する場所がない場合は、「サンシェード揺れ止めフック」という専用の金具を使用することをお勧めします。

ただし、台風のような非常に強い風が予想される場合は、サンシェードを取り外すことが最も安全です。

日中のプライバシー保護

サンシェードは、日中のプライバシーを守るのに有効です。

これは、サンシェードに隙間があるため、部屋の内部が比較的暗くなることによります。

明るい場所から暗い場所を見るのは困難であるため、外から部屋の中を見るのが難しくなります。

しかし、夜間になると、外が暗く部屋が明るい状態になるため、サンシェードだけではプライバシーを保つことができなくなり、部屋の中が外から見えやすくなります。

夜間でも室内が外から見られるのを防ぎたい場合は、サンシェードを重ねて使用すると良いでしょう。

これにより外からの視線を遮ることができます。

ただし、サンシェードを重ねると風通しが悪くなる可能性があるため、昼間は一枚だけ使用し、夜間のみ重ねるのが最も効果的です。

窓の形状に合わせた取り付け方法

サンシェードは、暑さ対策に大変効果的です。

取り付けにはいくつかの方法があり、室内ではカーテンレールやつっぱり棒を利用して簡単に設置できます。

しかし、温度調節を最大限に活かすためには、外側への取り付けが推奨されます。

外側への取り付けの際は、窓の形状に合わせた方法を選ぶ必要があります。

ホームセンターには、サンシェードを手軽に取り付けるための便利なアイテムが豊富にあります。

中でも、紐を掛けるだけのフックは特に使いやすいですが、種類が多いため、自宅の窓に合うかを確認してからの購入が望ましいです。

磁石式のフックは、アルミ製のサッシでは使用できない点に注意が必要です。

賃貸住宅での取り付けの際は、接着剤を使う方法は跡が残る恐れがあるため、避けた方が良いでしょう。

また、サッシの最も外側にフックを挟む方法もありますが、網戸がある場合はこの方法での設置が困難になることがあります。

スポンサーリンク

網戸を取り外さずにサンシェードを設置する方法とは?

網戸をそのままにしてサンシェードを取り付ける方法をご紹介します。

網戸を外すのは面倒で、それが理由でサンシェードの設置を諦めてしまうこともあるでしょう。

しかし、網戸を残しつつサンシェードを利用する実用的な方法があります。

網戸は虫よけに欠かせないため、両方を上手く使う方法を見ていきましょう。

サンシェードハンガーを活用する

サンシェードハンガーは、サンシェードを窓の外側に設置するための便利なアクセサリーです。

これを使えば、サンシェードを窓から少し離れた位置に取り付けられ、室内への風の流れも妨げません。

特に「サンシェードハンガー7型」は非常に優れた製品です。

ネジ式でサッシ枠に取り付けるため、賃貸住宅でもサッシ枠を傷つける心配がなく、強風にも耐えられるので、サンシェードを外に吊るしたままでも安心です。

この金具は2WAY設計で、上下逆にして取り付けることで、網戸に直接サンシェードハンガーを設置できます。

網戸が最も外側にある場合でも、この金具を使えば簡単にサンシェードを取り付けられます。

ただし、重いサンシェードを掛ける場合は、ハンガーの数を増やして安定させることが大切です。

取り付ける際には、必要なハンガーの数を確認しましょう。

手軽な取り付け方法

「サンシェードハンガー7型」は、ホームセンターやオンラインショップで簡単に購入でき、一つ約300円と手頃な価格です。

しかし、より経済的で簡単な取り付け方法も存在します。

その方法とは、オフィスでよく使われるゼムクリップを活用することです。

この方法なら、コストパフォーマンスも抜群です。

ゼムクリップは2本をセットにして金具のように使います。

作り方はとてもシンプルです。

クリップを180度開いて、片方の太い部分を180度ねじって対称にします。

この2本を組み合わせて、サンシェードに取り付けるのです。

取り付け方は、フック部分を揃えてサンシェードの窓部分に差し込み、下にできた輪をサンシェードの上部に引っ掛けます。

この方法では、サンシェードには最低2箇所の固定点を設けることが推奨されます。

サンシェードが長い場合や、より安定させたい時は、3~4箇所の固定点を設けると良いでしょう。

サンシェードの上端にある板にクリップを取り付けるのは少し手間がかかりますが、その分外れにくく、耐久性も高まります。

網戸に直接取り付けるため、網戸を動かすとサンシェードも一緒に動きますが、これが逆に使い勝手を良くしています。

ただし、クリップが太すぎると開閉や取り付けが難しくなるので、サイズと取り扱いやすさを考慮して適切なクリップを選ぶことが大切です。

意外としっかりと固定されるので、取り付けが完了すると感動するかもしれません。

スポンサーリンク

サンシェードの取り付けで網戸が邪魔だけど共存は可能なのかのまとめ

サンシェードは、太陽の光を遮断し、快適な室内環境を提供する便利なアイテムです。

その使い勝手の良さから、多くの人々に選ばれています。

サンシェードを最大限に活用するためには、正しいかつ安全な取り付け方法が重要です。

また、網戸を外さずに設置できる方法もあります。

最近では、100円ショップで手軽に購入できるサンシェードが市場に登場し、その利便性が再評価されています。

これにより、多くの家庭で窓にサンシェードを見かける機会が増えました。

サンシェードは夏の暑さから室内を守る役割を果たし、冬が来ると取り外すのが一般的です。

夏の間に風雨で汚れたサンシェードは、水洗いして十分に乾燥させることが大切です。

乾燥後は、丸めて新聞紙で包み、乾燥剤と防虫剤を一緒にして保管すると良いでしょう。

日本では、古くから夏の暑さを和らげるためにサンシェードが使用されてきました。

これは、体にも優しい涼しさを提供する方法として知られています。

エアコンと併用することで、暑い夏を賢く乗り切ることができます。

タイトルとURLをコピーしました