PR

すき焼きの春菊の代わりになるものとは?色が変わりにくいぴったりの代替野菜をご紹介!!

料理
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

すき焼きには、お肉や焼き豆腐、白滝といった主役の食材がありますが、春菊も欠かせない一品です。

春菊は冬の味覚の代表で、すき焼きや鍋料理には欠かせない食材です。

しかし、春菊は大人でも好みが分かれることがあり、子供たちには受け入れられないこともあります。

そこで、春菊の代わりになる野菜をいくつかご紹介します。

なお、すき焼きには、ほうれん草や小松菜、豆苗などが春菊の代用として最適です。

ほうれん草を使う際は、軽く茹でることがポイントです。

これらの野菜の栄養価や面白い情報も合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

すき焼きの春菊の代わりに煮ても色が変わりにくいものとは?

料理の見た目を大切にする際、色が保たれるのは重要です。

「緑の野菜を使っても、煮込むと色が薄くなるのは残念」と感じる人は多いと思いますが、小松菜や豆苗は色が変わりにくく、煮物やすき焼きに最適です。

豆苗は手頃な価格でありながら、春菊と同じく栄養価が高いです。

豆苗には様々なビタミン、葉酸、不溶性食物繊維がたっぷり含まれています。

「春菊の代わりに栄養価の高い野菜を探している」ときには、豆苗が最適です。

スポンサーリンク

すき焼きの春菊の代わりにほうれん草を使うときの注意点とは?

ほうれん草も春菊の代替として適しています。

すき焼きに加える際は、下ゆでしてから使うことが大切です。

ほうれん草に含まれる「シュウ酸」という苦味成分を取り除くためです。

生のほうれん草を食べると、時々口の中で特有の感触や味がすることがあります。

これは「シュウ酸」という成分によるものです。

「シュウ酸」は水溶性で、ほうれん草を茹でた後に水で洗うことで除去できます。

しかし、この工程を省いて生のほうれん草をすき焼きに入れると、苦味が広がり、他の具材にも影響してすき焼きの味を損ねる可能性があります。

そのため、ほうれん草を使用する際は下茹ですることが大切です。

下茹でが面倒な場合は、春菊のように小松菜を代用するのも一つの良い方法です。

スポンサーリンク

春菊には4種類もあるって本当?

こちらでは、すき焼きに欠かせない春菊についてご説明します。

春菊には、大きく分けて4つのタイプがあります。

これらのタイプによって、風味や香りの強さが異なります。

春菊の主なタイプは「大葉種」「中葉種」「小葉種」で、生で食べられる「サラダ春菊」もあります。

市場でよく見かけるのは「中葉種」です。

実はこの「中葉種」は、春菊の中でも特に香りが強いタイプです。

そのため、香りが強い野菜が苦手な人や子供たちには不向きかもしれません。

子供たちに春菊を初めて食べさせる場合は、「サラダ春菊」がお勧めです。

サラダにもぴったりな、柔らかくて穏やかな香りと味わいを持つ食材があります。

市場で見かけることもある「サラダ春菊」は、「中葉種」に比べて少なめです。

特に九州地方で栽培される「大葉種」は、「中葉種」よりも食べやすく、独特な味が控えめです。

風味が豊かな「中葉種」は、すき焼きのような濃い味の料理や、春菊愛好家に最適です。

春菊が初めてのお子様や独特な香りの野菜が苦手な方は、「サラダ春菊」や「大葉種」を試すのがおすすめです。

スポンサーリンク

すき焼きの春菊の代わりになるもののまとめ

すき焼きにおける春菊の代替野菜についてご紹介しました。

春菊の代わりには、ほうれん草、小松菜、豆苗が適しています。

特に小松菜や豆苗は煮ても色鮮やかさを保つため、すき焼きにぴったりです。

春菊の代わりにほうれん草を使う場合は、事前に茹でることが大切です。

ほうれん草に含まれる「シュウ酸」という水溶性の苦味成分があるため、生のまますき焼きに加えると、鍋全体の味が苦くなる恐れがあります。

また、春菊の独特の味が苦手な方やお子様には、通常の「中葉種」春菊よりも味や香りがマイルドな「サラダ春菊」がおすすめです。

「サラダ春菊」は「中葉種」よりも市場に出回る量は少なめですが、スーパーマーケットで見つけることが可能です。

タイトルとURLをコピーしました