PR

スーツの夏用を冬に着るとバレる理由とは?対応策について徹底解説‼

本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

「急な用事でスーツを着る必要があるけれど、手元にあるのは夏用スーツだけ!」

こんな状況に直面している方はいませんか?

冬に夏用スーツを着用すると、違いを見分けられる人には気付かれてしまうことがあります。

夏用スーツが目立ってしまう主な理由は、裏地の有無や素材の違いにあります。

しかし、オールシーズン対応のスーツを選んだり、暖色系のネクタイを合わせたりすることで、夏用スーツを目立たなくすることができます。

私の職場の同僚も、冬に夏用スーツを着用していますが、これらの方法を採用しており、問題は起きていません。

夏用スーツをそのまま着用すると、「ビジネスマナーをわきまえていないのでは?」と思われる可能性があります。

冬に夏用スーツを着る必要がある場合は、この記事を参考にして、落ち着いて対応しましょう!

スポンサーリンク

冬に夏用スーツを着用すると分かる2つの理由とは?

冬に夏用スーツを着ると、スーツに詳しい人なら気づかれることがあります。

その主な理由は、ジャケットの裏地の有無と、使用されている素材の違いにあります。

「ジャケットに裏地がないと、どうして分かるの?」と疑問に思うかもしれませんが、夏用スーツは通気性を優先しているため、裏地が薄く透けて見えることがあります。

夏用と冬用のスーツでは、使用される素材が異なり、それによって見分けがつきやすくなります。

では、なぜ夏用スーツが特定されやすいのでしょうか?

裏地の違いや素材の違いについて、私の経験からお話しします。

冬に夏用スーツを着ると見分けられる理由

夏用スーツは裏地が部分的にしかないのに対し、冬用スーツは裏地が全面に施されています。

これが見分けるポイントです。

裏地には「背抜き」と「総裏」の2つのタイプがあります。

「背抜き」は裏地が部分的で、夏用スーツに多く見られます。

これは通気性を高めるためです。

一方、「総裏」は裏地が全面にあり、冬用スーツでよく見られます。

これは保温性を高めるためです。

着用しているときは気づかれにくいですが、ジャケットを脱ぐとすぐに違いがわかります。

私の同僚は、「夏用スーツを着ても、脱がなければバレないだろう」と思っていましたが、実際にはそうではなかったのです。

ある日、彼は冬用のスーツをクリーニングに出していました。

その日は外出の予定がなかったため、「夏用のスーツを着ても問題ないだろう」と考え、夏用スーツで出勤しました。

しかし、予想外の事態が発生し、上司に代わってクライアントとの会食に参加することになりました。

その席で、夏用スーツを着ていることが露見してしまったのです。

夏の暑さに対応するために夏用スーツを選んだ彼は、重要なビジネスディナーに出席しました。

しかし、その場でパートナー企業の関係者にジャケットの内側を見られ、「11月に夏用スーツを着るのはビジネスマナーに反する」と指摘されました。

通常、冬向けのスーツを着用している場合でも、相手にはその事実が重要ではないことがあります。

夏用スーツを着て重要なディナーに参加すると、「この人は夏用スーツを着ていることに気づかないだろう」と見下される可能性があります。

夏用と冬用スーツの素材の違いとは?

夏用スーツは、コットン、リネン、サマーウールを使用しており、これらの素材は吸湿性と放湿性に優れています。

汗を素早く吸収し外に放出するため、暑い季節に適しています。

一方、冬用スーツにはツイードやフランネルが多く使われます。

これらの素材はスーツの厚みや重さに影響を与え、そのため夏用スーツが目立ってしまうことがあります。

「サマーウールって何?ウールだと暑そう」と思うかもしれませんが、サマーウールは通常のウールとは異なり、快適な着心地を提供します。

この生地は冬用ウールとは違う織り方で作られており、通気性が高く、涼しく感じられるのが特徴です。

夏用スーツは、どの生地も薄く作られており、裏地は背抜き仕様になっています。

これにより、見た目も涼しげな印象を与えます。

夏用スーツと冬用スーツは、それぞれの季節に適した生地を使用しています。

たとえば、冬用スーツには保温性に優れた厚手のツイードやフランネルが使われ、ふわふわとした表面が暖かな外観を演出します。

一方、夏用スーツは軽くて涼しい素材で作られています。

冬に夏用スーツを着ると、その軽さや素材感からすぐに夏物であることが分かってしまうことがあります。

特にビジネスシーンでは、季節に合わせた適切なスーツ選びが重要です。

例えば、重要な商談の際に季節外れのスーツを着ていると、相手に「この会議は重要ではない」という印象を与えてしまう恐れがあります。

これはビジネスマナー違反と見なされ、商談の失敗や就職・転職面接での不採用に繋がることもあります。

そのため、夏用スーツを着る際は、適切な使用時期と場面を理解し、ビジネスマナーを守ることが大切です。

スポンサーリンク

夏用スーツの代替品はオールシーズンスーツが良い理由とは?

以前に触れた通り、夏用スーツは特別な生地や裏地が使われているため、他人に気付かれやすいことがあります。

しかし、オールシーズンスーツは夏用スーツと比較して、気付かれるリスクが低く、より適していると言えます。

オールシーズンスーツは、その名の通り、一年中着用できるスーツです。

どの季節にも対応できるので、一着持っていると非常に便利です。

・一年中快適に着用できる

・多くは裏地がしっかりしており、目立ちにくい

・自宅で洗濯可能で、シワになりにくい

このタイプのスーツは、全ての季節に快適に着用できるよう設計されています。

例えば、ジャケットは夏用と冬用の中間の重さで、伸縮性も優れています。

夏用スーツが目立つ主な理由は、ジャケットの裏地にあります。

オールシーズンスーツでは、裏地の種類を選べるため、夏用スーツよりも目立ちにくくなっています。

スーツは、「1日着たら2日休ませる」ことで耐久性が向上すると言われています。

そのため、オールシーズンスーツを予備として持つことは賢い選択です。

さらに、オールシーズンスーツの中には、家庭で洗濯可能で、アイロンが不要でシワになりにくいものもあります。

急な時でも慌てることなく着用できます。

私は主にリモートワークをしており、普段はスーツを着る必要がないため、クローゼットには四季を通じて使えるスーツが一着だけあります。

急にオフィスに出向く必要がある時は、このオールシーズン対応のスーツを着用します。

これまで誰にもそのことに気づかれたことはありません。

スポンサーリンク

夏用スーツを冬に着る場合にネクタイ選びが重要なのはなぜか?

冬に夏用スーツを着る際、暖色系のネクタイを選ぶことで季節感を出すことができ、スーツが夏用であることを隠すことができます。

例えば、冬の代表的な色には、サンタクロースの赤やクリスマスツリーの緑、雪の白などがあります。

春は桜のピンク、夏は海の青、秋は紅葉の黄色や茶色が思い浮かびます。

これらの冬の色を取り入れたネクタイを夏用スーツに合わせると、冬用のスーツのように見せることができます。

これは、私たちが特定の季節に特定の色を連想する傾向があるためです。

実際、以前の職場では、季節を問わず夏用スーツを着用していた同僚がいました。

彼は主にデスクワークをしており、外出することが少なかったため、「夏用スーツを着てもバレない」と自慢していました。

しかし、ある日、社長が私たちの部門を訪れることになり、夏用スーツを選んだことに気づいた同僚は、昼休みに急いで買い物に出かけました。

午後になり社長が到着した際、私は同僚の様子を見に行きました。

そこで彼が冬用スーツに着替えているかのように見えたのです。

しかし実際には、彼が新しく購入したのはネクタイで、冬用スーツではありませんでした。

彼が選んだボルドー色のネクタイは、その小さな変化だけで彼の夏用スーツを冬用のように見せていました。

この色の変化が冬用スーツのように見せた理由は、私が「冬らしい色=赤」というイメージを持っていたからです。

この例のように、夏用スーツを着ていても、暖色系のネクタイを選ぶことで、上手く季節感を出すことができます。

夏用スーツを着る際は、暖色系のネクタイを選ぶことをお勧めします。私の同僚のように、上手く状況を乗り切ることができるでしょう。

スポンサーリンク

スーツの夏用を冬に着るとバレる理由のまとめ

夏用スーツが他のスーツと区別される主な理由は、裏地のデザインと使用されている生地のタイプにあります。

裏地には全面裏地と背中部分のみの裏地(背抜き)の2種類があり、夏用スーツでは通常、背抜きが採用されます。

この背抜きが透け感を生み出し、夏用スーツとして識別される要因となっています。

夏用スーツと冬用スーツでは、生地の種類に違いがあり、これが見分ける際の手掛かりになります。

夏用スーツには、コットン、リネン、サマーウールなどの涼しげな素材が使用されており、これらの素材は見た目にも涼しげで、識別しやすい特徴を持っています。

年間を通じて着用できるオールシーズンスーツを1着持っておくことをお勧めします。

夏用スーツを着る際には、暖色系のネクタイを選ぶと目立ちにくくなります。

以上、夏用スーツの特定される理由と、それを避ける方法についてご紹介しました。

夏用スーツのみをお持ちの方は、オールシーズンスーツの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

また、夏用スーツを着用する際は、暖色系のネクタイを持っていると、より目立ちにくくなるのでおすすめです!

タイトルとURLをコピーしました