PR

スガキヤは関東地方からなぜ撤退したのか?その後の展開について調査!!

本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

「スガキヤ」とは、主に東海地方で展開している人気のあるラーメンチェーン店です。

このチェーン店は、他の地域では店舗数が少なく、一部の地域では全く見かけないこともあります。

かつて関東地方にも店舗を構えていた時期がありましたが、現在は関東地方には店舗がありません。

この状況は、「スガキヤ」の今後の動きに関心を持つ人々にとって注目のポイントです。

今後の出店戦略についても詳しく見ていきましょう。

また、関東地方からの撤退が今後の全国展開にどのような影響を与えるのか、さらには将来的に関東地方に再び店舗を開く可能性についても探ります。

スポンサーリンク

スガキヤの関東地方撤退はいつなのか?その背景とは?

「スガキヤ」は、関東地方での最後の店舗となった2006年9月の高田馬場店の閉店をもって、関東地方から撤退しました。

これは東京で唯一の「スガキヤ」の店舗で、約18年前のことです。

現在、関東地域には「スガキヤ」の店舗は存在しません。

関東地方からの撤退の主な理由は、大都市圏でのビジネスモデルが上手く機能しなかったことにあります。

特に、「スガキヤ」のビジネス戦略は、小規模な都市での運営に適しており、大都市圏では適応が難しかったのです。

スガキヤの成功戦略は、人口4万人以下の地域、特に愛知県に焦点を当てていました。

この地域では、スガキヤの店舗が特に多く見られます。

関東地域のスガキヤ店舗が全て赤字だったわけではなく、利益を上げている店舗もありました。

しかし、食材調達の困難さなどの理由から、最終的に関東から撤退する決断をしました。

スポンサーリンク

スガキヤの将来の方向性と関東地域への再進出の可能性とは?

スガキヤは主に東海地域に店舗を展開しており、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県の4県に位置しています。

特に愛知県には本社があり、180以上の店舗が存在し、全店舗の半数以上を占めています。

東海地域以外では、関西地域にも店舗がありますが、大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県には約10店舗しかなく、東海地域に比べて少ないです。

海外にも進出しており、台湾では合弁会社を設立し、インドネシアでは豚肉を使わないスープで挑戦しています。

スガキヤは全国展開を目指していますが、過去に閉店した店舗もあるため、関東地域への再進出には時間がかかると考えられます。

スポンサーリンク

関東地域でのビジネス展開におけるスガキヤの課題とは?

スガキヤが関東地域でビジネスを展開する際には、単純な方法では成功しづらい状況にありました。

赤字の店舗が存在する一方で、利益を上げている店舗もあったのです。

しかし、なぜスガキヤは国内で東海地域に重点を置き、他の地域ではうまくいかないのでしょうか。

実は、ラーメン業界においては、地域ごとに特徴が強く出るため、チェーン店がその障壁を超えるのは困難だとされています。

日本各地では、地域によって異なるスタイルのラーメンが楽しまれており、それぞれの地域に深く根ざした郷土料理とも言えるでしょう。

このため、地元の人々にとっては、それぞれのラーメンが特別な存在となっています。

例として、日高屋は関東地域を中心に店舗を展開していますが、他の地域では店舗数が限られています。

また、幸楽苑というチェーンは愛媛県より西には店舗を持っておらず、これも地域ごとのビジネス展開の難しさを示しています。

スポンサーリンク

スガキヤの関東地区撤退の背景についてのまとめ

スガキヤは主に東海エリアに店舗を構えるラーメンチェーンで、全国的な展開はまだされていません。

関西エリアにも店舗はありますが、数は少ないです。

今後の新規出店については、海外や国内の他地域への進出は考えていますが、関東地区への出店は時間と労力がかかると見られています。

全国にラーメン店を広げることは簡単ではなく、その主な理由はラーメンが各地域の特色や文化に深く根付いているからです。

タイトルとURLをコピーしました