PR

冷凍したひき肉はそのまま使える!解凍不要で便利なレシピとその注意点をご紹介‼

料理
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

ひき肉は保存が難しい食材の一つです。

使わないときは、冷凍して保存するのが良いでしょう。

しかし、冷凍した食材を解凍するのは、時間がかかり、均等に解凍するのが難しいですよね。

そこで、冷凍ひき肉を解凍せずに直接使う方法をお伝えします。

これにより、料理の時間を大幅に短縮できます。

今回は、冷凍ひき肉をそのまま使って簡単に作れる、便利でおいしいレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

冷凍ひき肉をそのまま使う便利な料理法

冷凍ひき肉を解凍せずにそのまま料理に使う方法は、とても便利です。

解凍の手間を省くことで、料理の準備時間を大幅に短縮できます。

また、解凍せずに使用することで、解凍時に起こりがちな品質のばらつきを防ぎ、一貫した美味しさを実現することができます。

忙しい日常において、手軽に美味しい料理を作れるのは大きな利点です。

ただし、冷凍ひき肉をそのまま使えない料理もあるため、注意が必要です。

ここでは、冷凍ひき肉をそのまま使える料理と使えない料理について、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

冷凍ひき肉をそのまま使って作れる料理

【そのまま使える料理】

・ 煮込み料理
・ そぼろ料理
・ 成形が不要な料理

【そのまま使えない料理】

・ ハンバーグや餃子のように練り合わせが必要な料理

冷凍ひき肉をそのまま使える料理には、煮込み料理やそぼろ料理があります。

煮込み料理では、冷凍ひき肉をじっくり煮込むことで、均等に火を通すことができます。

そぼろ料理では、冷凍したひき肉をそのまま加えて加熱するだけで、料理にコクとボリュームを加えることができます。

しかし、ハンバーグや餃子のように材料を練り合わせる必要がある料理では、冷凍ひき肉は適していません。

これらの料理を作る際は、冷凍されていないひき肉の使用が最適です。

スポンサーリンク

冷凍ひき肉を活用したレシピ

この記事では、冷凍したままのひき肉を使った料理のレシピを紹介します。

手作りの冷凍ひき肉(固まった状態のもの)や市販の冷凍ひき肉の使い方について解説します。

どのレシピも簡単に作れるので、ぜひ挑戦してみてください。

冷凍ひき肉を使ったレシピ①炊飯器で作るミートソース

料理ライターの山本ゆりさんのレシピを紹介します。

私もこのレシピで何度もミートソースを作っていますが、他の方法では作りたくなくなるほどです。

作り方は簡単です。

炊飯器に冷凍ひき肉、トマト缶、その他の調味料を入れてスイッチを押すだけ。

冷凍のままでもしっかり加熱されるので安心してください。

炒める手間がないので、ひき肉がふんわりと仕上がります。

作ったミートソースは多めに作って、余った分は冷凍保存すると、いつでも美味しいミートソースが楽しめます。

冷凍ひき肉を使ったレシピ②厚揚げの肉味噌和え

花山椒や豆板醤を加えて、マーボ豆腐風の味わいを作り出します。

焼き肉のタレを使うので、味付けが簡単で失敗しにくいです。

電子レンジで簡単に作れるので、急なおかずにもぴったりです。

冷凍ひき肉を使った簡単レシピ

① 肉味噌キャベツ

メインディッシュとしてもぴったりな、充実した肉味噌キャベツのレシピです。

冷凍ひき肉は解凍せずにそのまま使えるので、調理がとても簡単です。

調味料を事前に混ぜておくことがポイントで、炒める時間が短く、水分が多く出ないのが特徴です。

② 甘辛そぼろうどん

冷凍ひき肉と冷凍うどんを使った、忙しい時に最適な簡単レシピです。

材料を一つの容器に入れて電子レンジで加熱するだけ。

甘辛い味付けが食欲を刺激します。

③ キーマカレー

このレシピでは、大豆ミートの冷凍ひき肉を使用していますが、他の種類の肉でも代用できます。

ひき肉と細かく切った野菜を使うことで、通常のカレーよりも煮込む時間を短くできます。

パプリカを加えると、味も見た目も更に良くなります。

スポンサーリンク

解凍せずに冷凍ひき肉を活用する方法のまとめ

料理をもっと手軽にするため、冷凍ひき肉を解凍せずに直接使う方法があります。

特に、冷凍のひき肉の塊を使う際は、炒めるよりも煮込み料理や電子レンジを使ったレシピが向いています。

これにより、肉の内部までしっかり加熱することができます。

さらに、使い勝手を考えると、バラバラになった市販の冷凍ひき肉が最も適しています。

料理に深みやボリュームを出したい時、冷凍のひき肉をそのまま加えることで、簡単に味わいを増すことができます。

タイトルとURLをコピーしました