PR

クリームシチューに最適な鶏肉の部位とおすすめの濃厚レシピ5選をご紹介‼

料理
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

クリームシチューに最適な鶏肉の部位をご紹介します。

鶏肉には、もも肉、胸肉、手羽元、ささみなど、さまざまな部位があります。

美味しいシチューを作るには、適した部位を選ぶことが大切です。

最適な部位を知ることで、料理がよりスムーズに進みます。

どの部位が最良か、下処理の必要性、失敗しにくいレシピについてもご説明します。

スポンサーリンク

クリームシチューに適した鶏肉部位とは?

クリームシチューには、鶏もも肉が最適です。

家庭で鶏もも肉を使ったシチューを作るのは一般的です。

鶏もも肉は脂肪が豊富で、短時間で美味しい出汁が出ます。

そのため、牛乳を使った濃厚なシチューにぴったりです。

また、柔らかい食感も魅力的です。

鶏もも肉の余分な脂や筋を取り除く際は、特別なハサミが便利です。

カーブがついているので、滑りにくく安全に作業できます。

カロリーを気にする方は、皮を取り除くことでカロリーを抑えられます(実は皮と身のカロリーは同じです)。

シチューには鶏もも肉が最適ですが、他の部位を使っても美味しく作れます。

これらの部位についても紹介していきます。

鶏胸肉について

鶏胸肉は、手頃な価格で家計にやさしい選択です。

皮は簡単に剥がせるため、皮を取り除くことでカロリーを抑えることができます。

ただし、鶏胸肉は乾燥しやすいので、棒状に切った後に薄切りにして煮込む時間を短くするか、焼いたものを後から加えると良いでしょう。

ささみの特徴

ささみは、低カロリーで高タンパク質が特徴です。

鶏胸肉と比較しても、よりしっとりとした食感が楽しめます。

しかし、長時間煮込むと硬くなるので、薄切りにして短時間で煮込むか、焼いたものを最後に加えると良いでしょう。

手羽元の骨付き肉

骨付きの手羽元もおすすめです。

30分煮込むと、骨から肉が簡単に外れて食べやすくなります。

皮が付いているため、ジューシーな味わいが得られます。

30分煮込むことで、骨からの旨味が出て、特別な味わいになります。

ただし、食べにくいので、上品な食事を好む方には向かないかもしれません。

スポンサーリンク

シチューの下処理について

シチューに使う基本的な食材である人参、じゃがいも、玉ねぎは下茹でする必要はありません。

鶏肉、人参、じゃがいも、玉ねぎを使ったシチューは、カレーの作り方に似ています。

これを知ると、作り方がイメージしやすくなるでしょう。

しかし、心配はいりません。

シチューの作り方はそれほど難しくありません。

基本的なシチューの作り方は、材料を炒めてから水を加え、煮込んだ後に牛乳や調味料で味を整えるというものです。

ブロッコリーやスナップえんどうをシチューに加える際は、最初に茹でてから最後に添えるのが適しています。

これは、煮込むと形が崩れやすいためです。

じゃがいもはシチューに直接煮込むことも可能ですが、煮過ぎを防ぎたい場合は、先に茹でてから加える方法をおすすめします。

スポンサーリンク

簡単で失敗しにくいシチューのレシピ

ここでは、失敗しにくく簡単に作れるクリームシチューのレシピを紹介します。

写真付きで詳しく説明された、分かりやすいレシピを集めました。

様々な鶏肉の部位を使ったレシピをご紹介します。

ルウを使わないチキンクリームシチュー

鶏もも肉を使った基本的なクリームシチューです。

材料の混ぜ方や炒めるタイミングなど、わかりやすく説明されています。

ジューシーな鶏胸肉のクリームシチュー

具材がたっぷり入ったシチューで、満足感があります。

白ワインの代わりに日本酒を使用し、味噌を隠し味に加えることで、風味豊かな味わいになります。

ブロッコリーは電子レンジで加熱して使用します。

鶏肉ときのこのクリームシチュー

基本的な材料で作る、手軽なレシピです。

鶏もも肉としめじをたっぷり使った、濃厚なクリームシチューの作り方を紹介します。

鶏肉とカブのホワイトシチュー

このレシピでは、作り方が丁寧に説明されており、特別なスパイスは必要ありません。

カブを美味しく楽しむことができ、カブの葉も色どりとして活用することで、無駄がなくなります。

白菜と鶏ささみを使ったクリームシチュー

こちらのレシピでは、じゃがいもを使わずに作るため、皮を剥く手間が不要で、時間の節約になります。

鶏ささみは最初に焼いておくことで、シチューに加えた時にジューシーさを保つことができます。

白菜の柔らかさが際立つ、美味しいシチューが完成します。

スポンサーリンク

鶏もも肉を使ったシチューの魅力

クリームシチューには鶏もも肉が最適です。

鶏もも肉は脂肪分が豊富で、煮込むとその脂が料理に深い味わいを加えます。

煮込み料理にすると、そのジューシーさが引き立ちます。

カロリーを気にする方は、鶏もも肉の皮を取り除いてから調理すると良いでしょう。

皮を取ることで、意外とカロリーカットが可能です。

もちろん、鶏もも肉以外の部位でもシチューは美味しく作れます。

軽やかな味わいを好む方は、鶏胸肉やささみを使ってみてください。

鶏もも肉が一番のおすすめですが、個人の好みや家族の好みに合わせて、濃厚なシチューを楽しんでみてください。

タイトルとURLをコピーしました