PR

スマートフォンが過熱する理由と対策とは?スマホを冷却する効果的な方法をご紹介!!

本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

スマートフォンを長時間使用すると、本体が熱を帯びていることに気付くことがあります。

特にポケットに入れている時に、その熱さを感じやすいですね。

この熱を放置すると、スマートフォンの故障を引き起こす原因となることもあります。

しかし、過熱の要因を理解していれば、適切な対応が可能です。

ここでは、スマートフォンが過熱する主な理由と、熱を感じた時の冷却方法を紹介します。

スマホが熱を持った場合は、これらの対策を試してみてください。

スポンサーリンク

スマホが熱くなる主な原因

スマホを充電しながら使用する

スマートフォンが過熱する主な原因は、バッテリーが熱を発することです。

充電中にバッテリーは自然に温かくなりますが、充電しながらの使用はバッテリーにさらなる負荷をかけます。

これによりバッテリーからの熱が増え、スマホ本体が熱くなりやすくなります。

また、繰り返し充電することでバッテリーが劣化し、使用しているだけで熱を帯びやすくなることもあります。

過剰なスマートフォン使用

スマートフォンを過度に使用すると、バッテリーに悪影響を及ぼすのは避けられません。

特に動画サイトの閲覧やモバイルゲームのプレイには注意が必要です。

これらの活動はデバイスの温度を上げやすく、使用中にスマートフォンが異常に熱くなることもあります。

スマホのスペック不足

低価格モデルや古い年式のスマートフォンでは、アプリが要求する性能を満たすことができない場合があります。

特にゲームアプリでは、操作が重たくなったり、動作が不安定になることがよくあります。

これらのアプリを継続して使用すると、デバイスは熱を持ちやすくなります。

多数のアプリが背景で動作している

使用後に閉じたつもりでも、実際にはアプリが終了していないことが多いです。

また、多くのアプリがバックグラウンドで動作していると、スマートフォンに大きな負担がかかります。

複数のアプリが稼働している状態で少し使用するだけで、デバイスが熱くなることがあります。

スマートフォンカバー

スマートフォンを飾るだけでなく保護するためにも使われるスマホカバーやケースがあります。

手帳型やケース型など、多種多様なデザインがありますが、意外とデバイスの発熱の原因となることがあります。

スマートフォンは使用中に熱を発生するものですが、カバーがなければこの熱は外に逃げやすくなります。

しかし、カバーが付いていると、本来逃げるべき熱が内部に閉じ込められがちです。

特に、手帳型ケースは落下時の保護には強いですが、熱が閉じ込められやすい構造になっています。

実際、通常使用時にもスマートフォンが過熱しやすくなっています。

スポンサーリンク

スマートフォンの過熱を解消する方法

アプリケーションの終了

スマートフォンが過熱する主な原因は過度の使用です。

まず、開いているアプリを全て閉じて、しばらく機器の状態を観察しましょう。

さらに、他に動作しているアプリがないかも確認し、あれば閉じてください。

iPhoneでは、ホームボタンを2回素早く押し、スワイプしてアプリを閉じます。

iOS6以前では、画面下部に表示されるアプリリストから、アイコンの右上にある赤いマークを押してアプリを終了します。

Androidでは、ホームボタンを押すと開いているアプリのリストが表示され、画面の右下などに「全てのアプリを終了する」ボタンがありますので、それを押してアプリを閉じましょう。

どちらのデバイスも、必要なアプリは自動的には終了せずに動作し続けるため、特に心配する必要はありません。

一時的に電源を切る

もししばらく使用予定がない場合、スマートフォンを休ませるために電源を切ることが有効です。

できればバッテリーを取り外したいところですが、機種によっては取り外しができないこともあります。

取り外せない場合はそのままで、10分ほど経ってから再起動してください。

スマホケースを取り外す

電源を切ることができない場合でも、スマホケースを外すことで冷却が容易になります。

アプリを閉じる際や電源を切る時にもケースを外すと効果的です。

これは小さな対策ですが、効果は実感できるはずです。

冷蔵庫での冷却は避ける

スマホを冷却する際には、保管場所を慎重に選びましょう。

風通しの良い、直射日光の当たらない場所が理想的です。

冷蔵庫や保冷剤、氷で冷やす人もいますが、これは避けた方が良いでしょう。

結露が内部に発生し、故障を引き起こす可能性があるためです。

スポンサーリンク

スマホは適度に使うこと

スマホが過熱する原因の一つにはバッテリーの劣化もありますが、それ以上に長時間の使用が熱を生じさせる主な理由です。

バッテリーが少なくなったら、充電を優先し、スマホの使用を控えましょう。

充電中の使用は推奨されていません。

また、長時間使わずに定期的に休息を取ることも大切です。

スマホは多用途で便利な道具ですが、適度に使用して大事に扱いましょう。

タイトルとURLをコピーしました