PR

スカイプで発生するブーンやザーのようなノイズを解消する方法とは?

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

スカイプはパソコンやスマートフォンを利用した通信ツールで、世界中で広く使われています。

日常的に多くのユーザーに利用されているこのプラットフォームでは、時々通話中にノイズが発生することがあります。

特にブーンやザーといった不快なノイズが気になる場合、設定でこれを解消する方法はあるのでしょうか?

この記事では、スカイプでノイズ問題にどう対処すれば良いかをご紹介します。

スポンサーリンク

スカイプでブーンやザーザーのようなノイズが目立つ時の解決策

デジタル通信技術が進化する中、通話ツールの選択肢も増えています。

スカイプはその中の一つで、チャットや音声通話が可能です。

私自身も利用しており、時々予期せぬノイズが発生することがあります。このような状況で最も頻繁に遭遇する問題はノイズです。

突然のブーンやザーというノイズは非常に迷惑ですが、解決策は存在します。

スカイプのノイズキャンセリング機能を活用するのが最も効果的です。

スカイプは定期的に更新され、新機能が追加されることがあります。

その中にはノイズキャンセリング機能も含まれており、これを使用すると話者の声以外の余計な音を削除することができます。

スカイプの設定方法についてご説明します。

まずスカイプで「設定」オプションを開いてください。

左のメニューから「音声/ビデオ」を選択します。

次に、「自動マイク調整」の下にある「ノイズキャンセリング」の文字部分をクリックしてください。

表示されるオプション「オフ/自動/低/高」から、「高」を選ぶとノイズキャンセリングが最も強化されます。

通話中、相手の声を聞きながら、必要に応じて設定を「低」に調整すると良いでしょう。

スポンサーリンク

スカイプでノイズキャンセリング機能が効かない場合の対処法

スカイプのノイズキャンセリング機能が時には機能しないこともあります。

その場合は以下のステップをお試しください。

これらの方法は主にパソコンを対象にしていますが、スマートフォンでも実施可能です。

オーディオ端子の清掃

端子の汚れが原因でノイズが発生することがあります。

オーディオ端子が埃やゴミで汚れている場合、不要な電気信号が生じ、ノイズの原因となることがあります。

端子を清掃し、クリアな音質を取り戻しましょう。

デバイスとオーディオ機器の再接続

接触不良もノイズの一因です。

低音の連続的なノイズが気になる場合は、

・接続されている端子がしっかりと奥まで差し込まれているか

・誤った端子に差し込んでいないか

・スピーカーケーブルが抜けていないか

を確認してください。

問題が見つかれば、ケーブルを一度抜いて再接続し、再度確認を行ってください。

スピーカーと他の家電製品の配置を見直す

スマートフォンやコンピュータのスピーカーや配線が、他の家電製品の近くにあると、その電磁波が干渉を引き起こすことがあります。

ノイズが解消される場合は、その家電からの電磁波が原因かもしれません。

このとき、スピーカーやケーブルを他の家電から遠ざけて保管するのが効果的です。

これは、対策の一例ですが、他にも多くの方法があるので、興味があればさらに調査してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

Skypeを使用している際、ノイズが発生することがあります。

このようなときは、Skypeのノイズキャンセリング機能を活用すると良いでしょう。

この機能は、通話中に発生するキーボードの打鍵音などの余計な音を減らすことができます。

それでもノイズが解消されない場合は、プラグが適切に接続されているかを確認し、接触部分を清掃することも一つの手です。

外部からの電磁干渉が原因である可能性もあります。

問題の原因となり得る要素は多く、それに応じた解決策も豊富にあります。

この記事で紹介した以外にも、多くの原因と解決策が存在するので、じっくり調査して対策を講じることが重要です。

タイトルとURLをコピーしました