PR

家庭用品を活用した靴底の滑り止めとは?手軽なDIY方法をご紹介!!

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

日常生活でよく使う家庭用品を使って、靴底の滑り止めを簡単に自作する方法をご紹介します。

この方法には、輪ゴム、絆創膏、そして靴下が必要です。

輪ゴムは靴の前部に巻くだけの簡単なもの。

絆創膏は靴のつま先とかかと部分に縦に貼るだけでOK。

靴下は靴の外側に履くだけで滑りにくくなります。

これらの方法は手軽で、滑り止めとしての効果が期待できます。

さらに、100円ショップで手に入るゴムバンドも、輪ゴムの代わりとして使えます。

ダイソーなどの店舗では、靴底に貼る専用の滑り止めも販売されています。

スポンサーリンク

家庭用品を使った靴底の滑り止め作りとは?

雨の日など滑りやすい時に、靴底の滑り止めが必要なら、家にあるもので簡単に対応できます。

・太い輪ゴム
・絆創膏
・靴下

これらはほとんどの家庭にあるアイテムです。

スポンサーリンク

DIYでの対策方法

太い輪ゴムを使った方法

太い輪ゴムを靴の前部にはめるだけで、簡単に滑り止めを作ることができます。

幅広で平たいゴムを使うと、地面との接触面が増えて滑りにくくなります。

もし太い輪ゴムがない場合は、普通の細い輪ゴムをいくつか組み合わせて使う方法もあります。

約10本の輪ゴムを束ねると、適度な厚みと弾力が得られるでしょう。

絆創膏を使った滑り止めの方法

最近、驚くべき情報を得ました。

警視庁の公式サイトやTwitterで紹介されていたこの方法を試してみたところ、靴が滑りにくくなることを実感しました。

実施方法は簡単で、靴の前部と後部に絆創膏を縦に貼るだけです。

雨や雪の日でも、絆創膏は意外としっかりと靴底に固定されます。

効果的に固定するためには、靴底をきれいにしてから、空気が入らないようにしっかりと貼り付けることが大切です。

靴の上から靴下を履く方法

こちらは、靴の上から靴下を履くというアイデアです。

足の甲まで覆うように履きます。

この方法は、海外の女性が凍った道で滑らないために考案したものです。

使い古した靴下を使えば、使用後の処理も簡単です。

ただし、靴に合わせるためには、ルーズソックスや大きめの厚手の靴下が適しています。

滑りにくくなる効果は高いですが、足元が目立つため、外出時には少し勇気が必要かもしれません。

スポンサーリンク

ダイソーで見つけた便利な滑り止め商品

専門店で靴の滑り止めを施すと高くつくことがありますが、ダイソーでは手頃な価格で滑り止め商品を購入できます。

靴底専用の滑り止めパッドや紳士靴向けのステッカーなど、様々な種類があります。

これらは靴底を清潔に保つことができ、粘着テープで簡単に取り付けられるので、手間がかかりません。

スポンサーリンク

100円ショップのアイテムで手軽に滑り止め

ダイソーには「べんりベルト」という便利なゴムバンドがあります。

これを靴に巻き付けることで、簡単に滑り止めとして使えます。

この方法は以前紹介した輪ゴムを使った方法に似ています。

3本セットで100円(税抜き)というお手頃価格なので、コストを抑えた滑り止め対策が可能です。

一時的な対策にも最適です。

セリアでは「フリーバンド」、キャンドゥでは「便利ゴムベルト」として同様の商品が販売されていますが、ダイソーの3本セットが最もお得です。

2セット購入すると、3足分の滑り止め対策ができます。

スポンサーリンク

家庭用品を活用した靴底の滑り止めのまとめ

ゴムバンドを使用する際は、目立たないように同じ色の靴を選ぶことがおすすめです。

靴の底に絆創膏を貼る場合、歩行中に「何かを踏んでいる」と指摘される可能性がありますので、注意が必要です。

足を交差させて座る際には、靴底が他人の目につきやすくなるため、特に気を配ることが大切です。

職場に到着したら、古い絆創膏を取り除き、家に帰る前に新しいものに交換する方法も有効です。

タイトルとURLをコピーしました