PR

新幹線でのトイレの位置はどの車両にある?一般的に奇数号車に配置され、車椅子用多目的トイレも特定車両に備えられている

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

日本の新幹線システムは、乗客の快適さを考慮して設計されており、特に長距離移動ではトイレの位置が重要となります。

本記事では、新幹線内のトイレの配置について詳しく解説します。

スポンサーリンク

新幹線内のトイレはどの車両にあるのか?

一般に、新幹線のトイレは奇数号車の端に配置されています。

これにより、奇数号車のすべてにトイレが備わっています。

具体的には、1、3、5、7、9、11、13、15号車などがこれに該当します。

例えば、1号車のトイレは車両の端にあり、他の奇数号車も同様の配置を取っています。

この情報は、席を予約する際に非常に便利です。

「のぞみ」号で自由席を選ぶ際は2号車が推奨されますが、トイレの近くに座りたい場合は1号車が適しています。

また、グリーン車のトイレも奇数号車に設けられています。

特別な座席クラスとしてのグランクラスでは、トイレが完備されており、東北・北海道新幹線では10号車、北陸・上越新幹線では12号車に配置されています。

スポンサーリンク

東海道山陽新幹線「のぞみ」「ひかり」「こだま」のトイレの配置詳細

東海道線と山陽新幹線を走る「のぞみ」「ひかり」および「こだま」列車では、トイレの位置が一定のパターンに従って配置されています。

これらの列車は通常16両編成で運行され、各奇数号車には男女兼用のトイレが2つ、男性専用の小便器が1つ設けられています。

さらに、山陽新幹線で8両編成で運行される「ひかり」と「こだま」では、1、3、5、7、9号車にトイレが設置されています。

スポンサーリンク

新幹線の多目的トイレの位置とは?

新幹線各列車に設けられた多目的トイレの位置は、設計に基づいて異なりますが、通常は車椅子対応座席が設置されている車両に配されています。

具体的には、東海道新幹線の「のぞみ」「ひかり」「こだま」で16両編成の場合、多目的トイレは11号車にあります。

山陽新幹線の16両編成でも同様に11号車、8両編成では7号車に設置されています。

北陸新幹線の「かがやき」「はくたか」「つるぎ」では、7号車または11号車に多目的トイレが設けられています。

スポンサーリンク

新幹線の多目的トイレにおけるオムツ交換の設備はあるのか?

新幹線の多目的トイレは、障害を持つ方や車椅子ユーザー向けに設計されていますが、赤ちゃんのオムツ交換など、他の乗客にも開放されています。

これには、オムツ交換がスムーズに行える交換台が設置されています。

スポンサーリンク

新幹線各車両のトイレ設備

新幹線のほとんどの車両には、西洋式トイレが設置されており、一部には男性専用の立ち小便器も備わっています。

すべての列車には少なくとも一つの多目的トイレがあり、乗客の様々なニーズに対応しています。

新幹線の男女共用及び女性専用トイレ

新幹線では、2両おきに西洋式のトイレが設置されており、温水洗浄便座や自動開閉便座のビデ機能が備わっています。

これらは大抵男女共用ですが、一部の車両には女性専用トイレも設けられています。

古い型の車両では、これらの設備が男女共用であることが一般的です。

新幹線の男性専用立ち小便器

新幹線の男性専用立ち小便器は、おおよそ2両に1箇所の割合で設置されています。

これには隣接して手洗い場も設けられており、清潔に使用できるようになっています。

多機能トイレの設計と機能

新幹線の多機能トイレは、障害者、車椅子ユーザー、オストメイト使用者を考慮して設計されています。

広々とした空間には自動開閉式のドアが設置され、便利なオムツ交換台も完備されております。

新幹線の各列車には少なくとも一箇所にこのタイプのトイレが装備されています。

スポンサーリンク

新幹線のトイレ利用状況を示すランプシステム

新幹線の各車両のトイレエリアには、利用状況を示すランプが設置されています。

ランプが点灯している時は使用中で、消灯しているときは空いていることを示します。

利用時には、このランプの点灯状態を確認することが重要です。

このシステムはトイレの鍵と連動しており、鍵が閉まるとランプが点灯します。

ただし、立ち小便器のように鍵がない場合は、ランプが点灯しないので注意が必要です。

スポンサーリンク

新幹線のトイレ配置のまとめ

新幹線のトイレは通常、奇数号車に配置されており、1号車、3号車、5号車などがこれに該当します。

特に東海道新幹線を走る「のぞみ」、「ひかり」、「こだま」列車では、これらの車両にトイレが設置されています。

多目的トイレは車椅子対応座席がある車両に設置されており、座席を予約する際にこの情報が役立つでしょう。

タイトルとURLをコピーしました