PR

鮭のクリームシチューの生臭さの原因と取り除く方法とは?おいしく作るコツをご紹介!!

料理
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

寒い季節に温まるクリームシチューは、鶏肉を使うのが一般的ですが、たまには鮭を使ってみるのも新鮮で豪華な一品になります。

鮭を使うことで、いつもとは異なる美味しさを楽しむことができます。

ただし、鮭を使ったクリームシチューには、時々生臭さが気になることがあります。

せっかく作ったシチューが生臭いと、がっかりしてしまいますよね。

なぜシチューに生臭さが出るのか、その理由を知りたいですよね。

この記事では、鮭のクリームシチューが生臭くなる原因と、それを美味しく作るためのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

鮭クリームシチューの生臭さの原因とは?

鮭のクリームシチューが生臭く感じる主な原因は、鮭特有の臭みが取り除かれていないことにあります。

鮭を含む魚には独特のにおいがあり、これは「トリメチルアミン」という成分が関係しています。

トリメチルアミンは魚が死んだ後に発生し、多くの魚に含まれています。

問題は、この臭みが加熱しても消えないことです。

特にクリームシチューのような汁物では、臭みが広がりやすく、鮭を使ったクリームシチューでは生臭さを感じやすくなります。

スポンサーリンク

鮭とクリームシチューの臭みを取り除く方法とは?

鮭とクリームシチューに不快な臭いが感じられる場合、ルーや牛乳を加える前に対処することができます。

最も有効な方法は、スープを捨てて新しく作り直すことです。

ルーや牛乳を加える前の段階で、具材がすでに煮込まれていれば、スープを捨てるのが容易です(残念ながら)。

液体に溶け込んだ臭みを完全に取り除くのは難しいからです。

特に、ルーを加えた後は味付けが完了しており、他の材料を加えると味のバランスを崩す可能性があります。

臭みを取り除いても、味が強すぎるか、元のクリームシチューの味が失われることがあります。

そのため、鮭クリームシチューに臭みがある場合は、スープを捨てて新しく作るのが最良の方法です。

1. 具材をザルに移す
2. 流水で洗って臭みを取り除く
3. 鍋に戻し、適量の水を加えて再加熱する

市販のルーを使わずに鮭クリームシチューを作る場合は、この後にコンソメや塩で味付けし、牛乳で煮込むと良いでしょう。

市販のルーを使用している場合は、鍋が沸騰した後、一度火を止めてからルーを加えます。

煮立っている中にルーを入れると、うまく溶けずにとろみが出ないことがあります。

ルーを加えて完全に溶かした後、再び火にかけると適切なとろみが得られます。

スポンサーリンク

美味しい鮭クリームシチューの作り方と臭み取りのコツとは?

鮭を使ったクリームシチューを美味しく、臭みのない状態で仕上げるためには、3つの主要なステップがあります。

この記事では、特に鮭の下処理の重要性に注目しています。

以下の手順に従えば、おいしい鮭クリームシチューが作れます!

1. 鮭を水でていねいに洗う
2. 鮭に塩をふり、出た水分を拭き取る
3. 鮭を料理酒で蒸し焼きにして、鍋に加える

1. 鮭を水でていねいに洗う

鮭を調理する前には、まず水で洗い流すことが大切です。

新鮮な鮭であれば通常問題はありませんが、時間が経つと鮭の表面にぬめりや血合いが出ることがあります。

これらを放置すると臭みの原因になるため、最初にこれらを取り除くことが重要です。

水を使って表面を丁寧に洗い流しましょう。

お湯を使う方法もありますが、臭み取りのプロセスが続くので、水洗いだけで十分です。

2. 鮭に塩をふり、出た水分を拭き取る

水洗いした鮭は軽く水気を取り除き、塩を振ってしばらく置いておきます。

これにより鮭から余分な水分が抜け、下味がつく効果もあります。

出た水分をそのままにしておくと臭みの原因になるので、しっかりと拭き取ってください。

鮭に料理酒を使い加熱する

鮭を調理する際、まずは適切に加熱することが大切です。

料理酒を用いて鮭を蒸し焼きにすることで、鮭独特の臭みを取り除き、肉質を柔らかくすることができます。

この方法では鮭が崩れにくくなるため、シチューやカレーに加える前に、表面を焼いておくことをお勧めします。

白ワインを料理酒の代わりに使うという選択肢もあります。

白ワインを使用すると、風味が豊かになり、より美味しいクリームシチューが作れます。

スポンサーリンク

鮭のクリームシチューの生臭さの原因と取り除く方法のまとめ

鮭クリームシチューの臭みの主な原因は、鮭の臭みが完全に取り除かれていないことにあります。

臭みが気になる場合は、ルーや牛乳を加える前に、材料を洗い流してから再度調理することも一つの方法です。

鮭クリームシチューを作る際には、鮭の下処理が非常に重要です。

鮭クリームシチューの臭みは、鮭自体の臭みが残っていることが原因です。

魚の臭みは加熱しても消えないため、クリームシチューを作る際には、鮭の下処理を丁寧に行うことが重要です。

手間はかかりますが、この方法であれば、時間が経過した鮭でも美味しく調理できますので、ぜひ試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました