PR

手元にあるもので解決!ゴムハンマーの代わりになる便利なアイテムとは?

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

アウトドアやDIYでのゴムハンマーの使用はよくありますが、必要な時にないことも多いですよね。

そんな時、わざわざ新しいものを買うのはためらわれます。

日常生活の中で見つけられる代替品があれば、とても便利です。

たとえば、新生活を始める際に家具を買ったり配置を変えたりする必要が出てきます。

そんな時にゴムハンマーがないと困ることもあります。

私も新居への引っ越しや部屋の模様替えの際、ゴムハンマーが見つからず代用品を探した経験があります。

そこで、そんな時に役立つ、身近にある代用品やアイディアを紹介します。

スポンサーリンク

ゴムハンマーの代用品になるものとは?

ゴムハンマーは、ダボを打ち込んだりパーツを組み立てたりする際に、素材を傷つけないために使われます。

つまり、素材を守るための工夫さえすれば、ゴムハンマー以外のものでも代用できます。

ここでは、ゴムハンマーの代わりになる具体的なアイテムをいくつか紹介します。

金槌を代わりに使用する

金槌を使って柔らかな木材やスチールラックを叩くと、家具を傷つけることがあります。

ゴムハンマーの代わりに金槌を使う場合は、金槌と家具の間にクッション材を挟むことが大切です。

緩和材の使用

緩和材が柔らかすぎると、力が効果的に伝わらないことがあります。そのため、雑誌や板の使用が推奨されています。

私自身、スチールラックを組み立てる際に代替品として板を使用しました。

これにより、傷を防ぎつつスムーズに作業を進めることができました。

特に、金槌でプラスチック部品を叩く際は割れる恐れがあるため、注意が必要です。

また、スチール部分を直接叩くと傷がつくだけでなく、大きな音や衝撃が生じることがあります。

これにより、耳や手に不快な感覚が生じることもあり、作業中は常に板を使用することが重要です。

木製ラックの組み立てにおいても、ダボを使用し、家具の表面に板を挟むことで、力を均等に伝え、効率的に作業を進めることができました。

これにより、曲がることや歪むこともなく、非常に役立ちました。

木製ハンマーの利用する

木製ハンマーは、通常樽を開ける際に使用されるイメージが強いですが、木製品を傷つけたくない場合には最適なツールです。

このハンマーは、木工や石工などデリケートな素材を扱う作業で頻繁に使用されています。

軽量な木製ハンマーは、金槌やゴムハンマーと比べて、少しの力が必要な作業に適しています。

しかし、木製であるため、強く打ちすぎると家具に傷が入る可能性があります。そのため、心配な場合は緩衝材の使用をお勧めします。

代用ツールの選び方とは?

代用ツールを選ぶ際には、いくつかの重要なポイントがあります。

<代用ツールの重量>

通常、ゴムハンマーは約225gで、これはダボ継ぎやほぞ継ぎなど、繰り返しの調整が必要な作業に最適です。

一方、テントのペグ打ち、家具の分解、車の氷取りなどの作業では、400〜500gの重いツールが適しています。

<ヘッドのサイズ>

木ダボの取り付けには約30mmのヘッドが適しており、ダボのフィット感を確認しやすくなります。

また、家具の組み立てや床の敷設には約50mmのヘッドが適しており、より広い面積を効率的に作業できます。

作業の目的に応じて適切な代用ツールを選ぶことが、作業の成功に繋がります。

また、代用ツールは形状が異なるため、細かい作業には手に馴染むものやコンパクトなヘッドのものを選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

100円ショップで見つけたゴムハンマーとその代用品をご紹介

ゴムハンマーを購入する際、通常は1000円から1500円程度の出費が見込まれます。

しかし、頻繁に使わない場合、高価なゴムハンマーの購入を躊躇うこともあります。

そんな時は、100円ショップでゴムハンマーや代用品を探すのがおすすめです。

私も必要な時には100円ショップを利用しています。

最初は100円ショップで見つけたゴムハンマーや代用品を使い、本格的なものが必要になったら高価な品を検討するのも一つの方法です。

100円ショップのおすすめゴムハンマー2選

100円ショップで見つけることができる、おすすめのゴムハンマーを2つご紹介します。

ダイソーの「黒ゴムパイプハンマー8オンス」とセリアの「ミニゴムハンマー8オンス」です。

どちらも税込み110円で購入可能です。

この手頃な価格で、ゴムハンマーを試してみるのに最適です。

「オンス」という単位になじみがない方もいるかもしれませんが、これは約225gの重さを示しています。

これらのハンマーは、滑りにくいゴム製のハンドルが特徴で、100円ショップの商品とは思えないほどの品質を持っています。

代替品を利用しての衝撃吸収

代替品を選ぶ際は、そのアイテムが適切な重さと硬さを持っているかを確認することが重要です。

家の中を探せば、様々な代替品が見つかるかもしれません。

例えば、スパナやレンチは通常、ナットやボルトを締めるために使用されますが、その重量感と安定性から、ハンマーの代わりにもなり得ます。

私自身、家具の組み立て時にスパナを使用した経験がありますが、ゴムハンマーの代用としても十分機能することを発見しました。

<ダンベル>

筋トレに使われるダンベルは、その重量と打撃力が特徴的です。

重たいダンベルは扱いが難しく、落とすと危険です。

不慮の落下は骨折のリスクもありますので、注意が必要です。

<ペンチ>

ペンチは重くはありませんが、しっかりした作りで十分な打撃力を備えています。

日常的に使われることが多く、多くの家庭に一つはあるでしょう。

コンパクトで握りやすいため、女性でも簡単に扱えます。

<図書の利用法>

分厚い図書はゴムハンマーの代わりになることがありますが、図書に衝撃を与えると傷みやすいので注意が必要です。

持ちにくいのが難点ですが、他の代用品と比べて握りやすさに欠けます。

滑らかでサイズが大きいため、片手での操作は難しく、両手を使うと他の作業ができなくなることがあります。

しかし、家具が安定している場合や、誰かが支えてくれる場合には便利です。

<自然の素材>

アウトドア活動、特にキャンプでは、平らな石をゴムハンマーの代わりに使うことができます。

これは手に馴染みやすく、便利です。

また、レンガはテントのペグを打つのに適したサイズと重さを兼ね備えており、庭やキャンプ場での設営に役立ちます。

私はキャンプでバーベキューをする際、タープを設置するときにハンマーを探すのが面倒なため、よくレンガを使用しています。

金属製のペグを砂利の地面に打ち込む際も、ほとんど不便を感じることはありません。

地面の硬さは場所によって異なりますが、適切な場所を見つければ、ゴムハンマーがなくても問題ないでしょう。

スポンサーリンク

避けるべき代替品とは?

重い物でも、衝撃で破損する恐れがあるものは避けた方が良いです。

<テレビのリモコン>

四角くて持ちやすい形状のテレビのリモコンは、見た目は頑丈そうですが、プラスチック製で壊れやすいため、使用は避けましょう。

「リビングで見つけた堅い物」として思いつくかもしれませんが、リスクが伴います。

<ガラス瓶>

底部が分厚いガラス瓶も、強い衝撃を加えると割れてしまい、自分や他人を怪我させる可能性があります。

割れる可能性のある物に衝撃を与えるのは避けましょう。

<缶詰・電池>

缶詰を取り扱う際は注意が必要です。万が一、打撃を受けると中身が漏れ出し、新しい家具などを汚す恐れがあります。

また、電池は内部に有害な成分を含む電解液があり、皮膚に触れると危険な化学物質による被害を受ける可能性があるため、使用を避けてください。

スポンサーリンク

ゴムハンマーの多様な活用法とは?おすすめ3選

多くの人がゴムハンマーをスチールラックの組立てに使う道具と考えがちですが、実はそれ以外にも多くの用途があります。

一度手に入れれば、工具箱の中で活躍する機会は多いでしょう。

ここでは、スチールラックの組み立て以外でのゴムハンマーの便利な使い方を紹介します。

家具の組み立て時の利用

例えば、木製のチェストやスチールラックの組み立てにはゴムハンマーが大変役立ちます。

木製のダボやプラスチック製の部品を取り付ける際に、素材を傷つけずに作業を進めることができます。

ただし、家具によっては薄い板を使用していることもあるので、ゴム製であっても強く叩きすぎないように注意が必要です。

ペグ設置におけるゴムハンマーの利用

キャンプでピンペグを打つ際、特に芝生のような柔らかい土地では、ゴムハンマーが大変役立ちます。

ただし、地面が硬かったり、ゴムハンマー自体が古くなっている場合、ペグを打つ衝撃でハンマーが破損することもあります。

市場には、通常の8オンスのゴムハンマーより重い16オンスのモデルもあり、これらはより強力な打撃が可能で、金槌の代わりにもなります。

本格的なキャンプでは、耐久性に優れた金属製のペグハンマーの使用が推奨されることもありますが、公園やキャンプ場での軽い使用では、手頃な価格のゴムハンマーで十分です。

私も子供たちとキャンプをする際、安全性を考慮してゴムハンマーを選び、一緒に楽しく作業しています。

冬季の車の氷除去

冬季、特に雪が多い地域では、車のタイヤハウス周辺に氷が付着することがあります。

この氷が残ると、運転中に不快な音がすることがあります。

しかし、氷を取り除く際に金属のハンマーを使うと、車に傷をつけるリスクがあります。

ゴムハンマーは、車の氷を除去する際に非常に役立ちます。

これを使用することで、車にダメージを与えることなく、効果的に氷を取り除くことができます。

私自身も冬期間にはゴムハンマーを頻繁に使用しており、その便利さを実感しています。

ただし、使用する際には注意が必要です。

車のボディに直接強く叩きつけると、凹みや傷ができる恐れがあるため、慎重に扱うことが大切です。

使用上の注意点とは?

ゴムハンマーを使用する際は、通常の金槌と同様に注意が必要です。

特に、釘を打つような用途では、ゴム部分が強い衝撃に弱いため、硬い物体を叩くのには不向きです。

ゴム製であっても、ハンマーとしての機能を持つため、衝撃を完全に吸収するわけではありません。

家具などに衝撃を与えると損傷する可能性があるので、使用前にはフィット感や重さ、操作性を確認することが重要です。

スポンサーリンク

ゴムハンマーの代わりになる便利なアイテムのまとめ

緩和材を使用することで、通常の金槌をゴムハンマーの代わりに使うことが可能です。

ゴムハンマーの代替品としては、適切な重さと打撃耐性を持つアイテムが適しています。

日用品店などで、ゴムハンマーの代わりとして利用できる商品も見つかります。

ゴムハンマーは、家具の組立てだけでなく、キャンプや自動車のメンテナンスにも役立ちます。

ゴムハンマーは多様な用途があり、家庭に一つあると非常に便利です。

しかし、頻繁に使うわけではないため、手元にあるもので工夫して代用することもできます。

ゴムハンマーが手元にない時は、この記事を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました