PR

巻きすの正しい面の見分け方とは?裏表の識別と模様作りのコツをご紹介!!

料理
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

巻きすを使う時、どちらが表でどちらが裏かを見分ける方法について疑問を持ったことはありませんか?

特に、伊達巻や卵焼きに模様を入れる際、普段とは異なる面を使うというのは本当なのでしょうか?

ここでは、巻きすの適切な使い方について解説します。

スポンサーリンク

巻きすの正しい面の見分け方とは?

巻きすを使う際、実は裏表に特別な決まりはありません。

何を巻くかによって、使う面が変わるのです。

例えば、太巻き(巻き寿司)を作る時は、凹凸のない滑らかな面を使うのが一般的です。

年間を通じて巻き寿司を作る機会が伊達巻よりも多いため、滑らかな面に海苔を置いて巻くことが多くなります。

巻きすの両面をよく見てみると、平らな面と少し丸みを帯びた面があることがわかります。

この面の違いが、巻き物の仕上がりに影響を与えます。

ここで紹介しているのは、太巻き用の巻きすに関することです。

細巻き用の巻きすでは、このルールが適用されない点に注意してください。

スポンサーリンク

伊達巻と卵焼きに美しい模様を施す特別な方法とは?

伊達巻や卵焼きに美しい模様を加える方法は、通常の太巻きの作り方とは少し異なります。

この場合、丸みを帯びた面を上にして巻き始めるのがポイントです。

この技法は、伊達巻や卵焼きに模様を鮮明に映し出すために使われます。

伊達巻に模様を施すのは想像しやすいですが、卵焼きやだし巻き卵にも模様を加えることで、まるで高級料亭や専門店のような見栄えになります。

私も初めて伊達巻を作った時、模様がうまく出ず、原因が分からず困った経験があります。

卵焼きにも同じ手法を試しましたが、模様は現れませんでした。

その後、裏表を逆にしていたことに気づき、正しい方法を理解しました。

太巻きのように平らな面で巻いていたため、模様が出なかったのです。

料理は失敗したくないものですから、このポイントは覚えておくと良いでしょう。

また、伊達巻や卵焼きは、熱いうちに形を整えて巻き、両端を輪ゴムで固定して冷ますと、美しい模様がつきます。

この方法は簡単なので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

巻きすの正しい使い方とは?

巻きすには実は正しい使い方があることをご存じですか?

細く切られた竹が紐でつながれており、一端には結び目があります。

この結び目は外側に向けて明確に確認できるようになっています。

巻きすを使う際、結び目が手前にくると不便を感じることがあります。

そのため、結び目がない側を手前にして巻くのが一般的な方法です。

スポンサーリンク

巻きすの表裏は使い方次第で決まる!!

巻きすには固定された表裏がないという事実は、意外と知られていません。

何を巻くかによって、どちらの面を使うかを選ぶのが最適です。

手軽に美しい巻き寿司を作りたい方には、プラスチック製の巻きすがおすすめです。

これらはご飯が付きにくく、洗いやすいです。

また、カビの心配も少なく、特別な保管方法は必要ありません。

特に巻き寿司作りに不慣れな方は、適切な巻きすを早めに用意すると良いでしょう。

お好みに合わせて、巻き寿司や伊達巻、卵焼き、だし巻き卵など、さまざまな料理に挑戦してみるのも楽しいです。

タイトルとURLをコピーしました