PR

炊飯器を使ったケーキ作り:「ケーキモード」がない時の時間設定のコツをご紹介‼

料理
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

炊飯器で作るケーキは、レシピサイトで大人気です。

材料を混ぜ合わせ、炊飯器のスイッチを押すだけで、美味しいケーキスポンジが簡単に作れるのは魅力的ですね。

最近は、「ケーキモード」付きの炊飯器も登場していますが、ケーキモードがない炊飯器を使ってもケーキを作りたいと思う人は多いでしょう。

この記事では、以下の点について解説します。

・ケーキモードがない場合の適切な調理時間
・炊飯器のケーキモードの特徴
・ケーキモードがない炊飯器で失敗しないためのポイント

スポンサーリンク

ケーキモードがない炊飯器でのケーキ作り:適切な時間設定

ケーキモードがない炊飯器でケーキを焼く場合、最適な時間はどのくらいでしょうか?

一般的な炊飯設定(約40分から1時間)が適しています。

これが最も安全な方法です。

なぜなら、炊飯器によってはケーキ作りに適さないものもあるためです。

相性が悪いと、炊飯ボタンを押しても中が生焼けのままになることがあります。

初めての場合は、相性が分からないので、通常の炊飯設定で試してみるのがベストです。

そのため、ケーキスポンジの加熱時間は大体40分から1時間程度を目安にしましょう。

また、圧力炊飯器を使用する場合は、圧力をかけない通常炊飯モードで行うことをお勧めします。

スポンサーリンク

炊飯器を使ったケーキ作りのコツ

炊飯器のケーキモードとは、ケーキのスポンジを焼くのに適した特別な加熱設定のことです。

では、炊飯器がお米をどのように炊くのか、ご存じでしょうか?

メーカーによって多少の違いはありますが、基本的な炊飯のプロセスは次のようになります。

1. お米を水に浸して水分を吸収させる

2. 水を加熱して沸騰させる

3. 沸騰させながら炊き続ける

4. 蒸らす

この過程で、特に2と3の段階では、熱によって水が対流し、釜の中で動きます。

これがテレビCMで見る「踊り炊き」の状態です。

しかし、ケーキの生地をこのように動かすわけにはいきません。

動かすと生地に問題が生じる可能性があるからです。

そこで、ケーキモードでは生地が動かないように、適切な温度設定で焼き上げます。

他の調理モードも基本的には同じ原理に基づいています。

友人によると、IH圧力炊飯器ではケーキを焼くのは難しいそうです。

インターネットで調べてみると、多くの人がIH炊飯器では上手くいかないと報告していました。

スポンサーリンク

ケーキモードがない炊飯器でケーキを上手に焼くコツ

「ケーキモードがなくても、おいしいケーキを焼きたい!」

そんな時は、以下のポイントを守りましょう。

① 材料の分量は正確に量りましょう。

② 泡立てはしっかりと、かつ迅速に行いましょう。

これらはオーブンで焼く時と同じ注意点です。

もしケーキが生焼けになってしまったら、フライパンで再加熱するか、電子レンジで温めると良いでしょう。

フライパンで加熱する際は、アルミホイルを使うと便利です。

また、炊飯器で2回炊く方法もありますが、炊飯器によっては適していない場合もあるので注意してください。

スポンサーリンク

ケーキモードがない炊飯器でのケーキ焼き時間とポイント

ここで、これまでの話を簡単にまとめてみましょう。

・「ケーキモード」がない通常の炊飯器では、普通炊飯モードで約40分から1時間が目安です。

・「ケーキモード」がないIH炊飯器は、一般的に相性が良くありません。

・「ケーキモード」とは、ケーキを焼くのに適した加熱方法のことです。

・失敗しないためのポイントは、材料を正確に量ること、泡立てをしっかりと迅速に行うことです。

最後に、重要な注意点があります。

多くのメーカーは、調理モードのない炊飯器での炊飯以外の調理を推奨していません。

そのため、取扱説明書を確認し、安全に料理を楽しむようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました