PR

レストランへの予約電話、いつがベストタイミング?

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

レストランに予約の電話をするのは一般的なことですが、いつも少し緊張してしまいますね。

もしもお店が忙しい時間帯だったらどうしよう、また受話者の態度が悪かったらどうしようと心配になることもあります。

予約をスムーズに取りたいですよね。

そこで、最適な電話予約のタイミングやマナーについて調べてみました。

スポンサーリンク

レストランへの予約電話はいつするのが迷惑にならない?

どのタイミングで電話をすればいいか、迷うことがありますね。

お店が比較的空いている時間を狙って電話をすると良いでしょう。

ピークタイムを避ける

レストランがもっとも忙しいランチタイムやディナータイムを避けることがポイントです。

自分が休憩時間に入るとき、レストランも通常は忙しい時間です。

したがって、15時から17時の間が電話をかけるのに適した時間帯と言えます。

営業時間外の予約電話

特に小さなレストランでは、スタッフ数が少ないため、営業中は常に忙しいことがあります。

そのような場合、営業時間外に電話すると良いでしょう。

例えば、11時開店のお店なら、10時頃に電話をかけるのが適切です。

もし昼と夜の営業の間に休憩時間が設けられている場合は、その時間帯に電話を試みるのも一つの方法です。

ただし、営業時間外は応対されないこともありますし、開店直前は準備で忙しいため、その点を考慮する必要があります。

スポンサーリンク

電話予約時のエチケット

電話での予約は難しいことではありませんが、人とのコミュニケーションですから、基本的なマナーは重要です。

食事の日を快適に過ごすためにも、電話予約時に注意すべきポイントがいくつかあります。

周囲の環境に注意

外や騒がしい場所から電話すると、背景の騒音が通話の妨げになることがあります。

外出中に電話する場合は特に、周りがうるさいと自分の声も相手の声も聞き取りにくくなります。

可能な限り、静かな室内で電話をすることが推奨されます。

情報の明確な伝達

焦りが原因で話すスピードが速くなることがありますが、予約を正確に行うためには、落ち着いて明確に伝えることが必要です。

レストランを予約する際には、特別な食事の場としての意識を持ちましょう。

予約時には時間や人数を確認するのはもちろん、どんな目的で、どのような人々が集まるのかをはっきりと伝えることが大切です。

例えば、誕生日でケーキが必要である、子供が同伴するなどの情報は、店側の対応に影響を与えるため、この時点で伝えておくと良いでしょう。

また、食材に食べられないものや苦手なものがあれば、予約時に伝えることで安心です。

スポンサーリンク

電話でのレストラン予約のコツ

忙しい時でも電話で予約をする必要があることがありますし、すぐに予約を入れたい時は、多くの場合、自分の都合の良いタイミングです。

しかし、よく考えて電話をすることで、効率良く予約を取ることができます。

礼儀正しい言葉使い

顧客であるとはいえ、電話の向こうにいるのは初めて会う人かもしれません。

電話口の相手の声が若く感じられても、常に礼儀正しい言葉遣いで話すよう心がけましょう。

声の調節

電話での会話では、通常の話し声が意外にも低く聞こえがちで、不機嫌な印象を与えてしまうこともあります。

そのため、明るく聞こえるように意識して、声を少し高めにすると効果的です。

笑顔で話すと、自然と声のトーンも明るくなるものです。

服装規定の確認

レストランによっては、特定のドレスコードを設けている場合があります。

特に上質な雰囲気の店では、事前に確認しておくと安心です。

気配りの言葉

「お忙しいところ恐れ入りますが」

万が一、忙しい時間帯に電話をしてしまった場合も、この一言で会話がぐっと柔らかくなります。

「どうぞよろしくお願いします」

会話の締めくくりにこのフレーズを使うと良いでしょう。

丁寧な態度の客には、店側も対応しやすくなります。

スポンサーリンク

まとめ

レストランへの予約電話のタイミングやマナーをご案内しました。

【レストランへの電話予約の適切なタイミング】

・ピークタイムを避ける(15時~17時を目安に)
・場合によっては営業時間外の利用も検討

【電話予約のマナー】

・周囲の騒音に注意
・必要な情報を明確に伝える

【電話予約時のポイント】

・礼儀正しい言葉遣い
・声のトーンを調節
・ドレスコードを事前に確認
・気配りのある言葉遣いで接する

これらのポイントを心掛けて予約を進めることで、レストランでの楽しい時間を迎える準備が整います。

美味しい食事を存分に楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました