PR

雨の日のウェディングではどのような傘を選ぶべき?色の選び方をご紹介!!

本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

晴れた日に行われる結婚式が理想ですが、早めに予約した場合、天気を予測するのが難しいため、時に雨が降ることもあります。

雨が予想される結婚式に備え、傘の選び方を考える必要があります。

また、雨の日の結婚式に参加する際のマナーも重要です。

本記事では、以下のポイントについて解説します。

・ 雨の日の結婚式で適切な傘の選び方

・ビニール傘の使用は適切か?

・雨の日の結婚式参加時のマナー

スポンサーリンク

雨の日の結婚式の傘の選び方と白以外の色の傘を選ぶべき理由とは?

結婚式での傘のマナーとは?

結婚式には傘を持参することが必要になるかもしれません。

タクシーを利用すれば濡れずに会場に到着できることもありますが、傘を用意しておく方が安心です。

一般的に、結婚式に参加する際は新郎・新婦以外は白を避けるべきとされています。

白は花嫁の色であるため、白い傘は避けるべきです。

白以外の色や柄の傘ならマナー違反になることは少ないですが、柄が白く見える場合は他の傘を選ぶことをお勧めします。

女性は、傘をファッションアイテムとして活用し、魅力的なデザインを選びたいものです。

男性の場合は、スーツに合わせたダークカラーや落ち着いた柄の傘が適しています。

おすすめは長傘

折りたたみ傘は荷物が少なく便利ですが、結婚式などフォーマルな場ではふさわしくありません。

可能な限り避けるべきです。

結婚式場にはクロークや傘立てが備え付けられているため、長傘の使用に問題はありません。

白以外の長傘があれば、それを選ぶことをお勧めします。

折りたたみ傘を持参する場合は、会場に入る前にバッグにしまうとスマートです。

スポンサーリンク

ビニール傘の適合性とは?

ビニール傘は価格が手頃で、視界も確保しやすいため、日常生活でよく使われます。

しかし、結婚式などフォーマルな場では軽く見えがちです。

普段傘を使う機会が少ない方でも、高品質な長傘を一本持っておくと便利です。

スポンサーリンク

雨の日の結婚式への対策

通常、結婚式にはフォーマルな服装で出席しますが、雨で衣服が濡れるのは避けたいものです。

直接会場に行く場合、タクシーを利用して濡れないようにすると良いでしょう。

また、雨の中を移動する際は、傘だけでなくレインコートの着用も検討すると安心です。

複数の靴を用意すること

晴れの日に備えて、レインブーツと普段履きの靴の二足を持参することをお勧めします。

雨の日は足元が汚れやすいため、移動中は水に強いレインブーツを履き、目的地に着いたら履き替えてください。

使用した移動用の靴は、クロークに預けるのがスマートです。

必需品を携帯する

雨の日はバッグや靴が濡れやすいです。

タオル、ウェットティッシュ、そしてビニール袋を用意しておくと便利です。

タオルは一枚必ず持って行き、ウェットティッシュは汚れをすぐに拭き取るのに役立ちます。

また、ビニール袋は濡れた物を入れるのに適しており、透明でない無地のものを選ぶと良いでしょう。

ご祝儀袋の正しい扱い方

特別な場で濡れたご祝儀袋を渡すのは避けたいものです。

ご祝儀袋は「ふくさ」で包んで、バッグの中でも目立たない場所に保管してください。

「ふくさ」は贈り物を包む専用の布であり、袋状のデザインで使いやすいものもあります。

バッグから直接ご祝儀袋を取り出すのはマナー違反なので、ふくさの使用は必須です。

雨の日は、時間に余裕を持って行動することが大切です。

特に、結婚式やその他の重要なイベントに遅刻することは、参加者にとって大きな失礼になります。

交通機関の遅れが多い雨の日には、予定よりも早く家を出ることをお勧めします。

早く到着した場合、近くのカフェで一息ついてから会場に向かうのが良いでしょう。

予定時間ギリギリで慌てるより、早めに到着して余裕を持って準備する方が安心です。

スポンサーリンク

雨は天からの祝福のサインです!

雨が降る結婚式では、いくつか注意すべき点があります。

傘は白を避けた長傘を選び、足元が濡れないように注意しましょう。

タクシーを利用すれば濡れることなく済みますが、念のためタオルや替えの靴を持参すると安心です。

西洋では、雨に見舞われる結婚式は幸福の象徴とされ、神の祝福と考えられています。

素晴らしい結婚式になるよう、事前にしっかり準備してお祝いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました