PR

飼育されるうずらの特性とは?飛行能力と注意すべき点をご紹介!!

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

うずらについて、どれくらいご存知ですか?

多くの方は「うずら」と聞いて、料理で使われる卵を思い浮かべるかもしれません。

ニワトリと違い、うずらを実際に見たことがある人は少ないでしょう。

スポンサーリンク

うずらの基本情報

うずらはキジ科に属する小さな鳥で、全長は約20cm、丸みを帯びた体形と短い尾が特徴です。

平均寿命は2~3年ですが、良い環境下では7~8年生きることもあります。

野生では天敵による脅威が多く、寿命が短くなることがあります。

特に、小さな卵から孵る雛は捕食されやすいです。

スポンサーリンク

うずらの飛行能力とは?

意外かもしれませんが、うずらは飛ぶことができ、実は渡り鳥の一種です。

遊ばせる際には飛び去る可能性があるため注意が必要です。

また、驚いた際にジャンプして小屋の天井にぶつかることがあり、これが怪我の原因になることも。

そのため、衝撃を和らげる対策が推奨されます。

うずらは飛ぶことが得意ではないため、よく飛んでいる姿を見かけることは少ないかもしれません。

そのため、うずらが本当に飛べるのか疑問に思う人もいるでしょう。

しかし、実際にはうずらも渡り鳥で、冬を越すためには野生の本能で活発に飛び回ることがあります。

スポンサーリンク

うずらは飼育することが出来るのか?

うずらをペットとして飼うことは可能です。

うずらは基本的に臆病な性格をしていますが、幼い頃からの交流を通じて人に懐くことがあります。

懐くまでには時間がかかるかもしれませんが、懐いたうずらは非常に愛らしい存在です。

うずらだけでなく、他の動物も懐くと魅力的ですが、羽の生え変わり期などは神経質になりやすく、時には攻撃的になることもあるので注意が必要です。

飼育に必要なものは以下の通りです。

・飼育用のケージ
・水と餌の容器
・餌
・砂
・砂入れ

うずらは砂浴びを好むため、砂と砂入れが必要です。

これは害虫を落とす行為であり、ストレス解消にも役立ちます。

ただし、どんな砂でも良いわけではなく、消化を助けるためにもペットショップで販売されている砂を使用することをお勧めします。

うずらを飼育する際には、成長に合わせてケージのサイズを変更することが大切です。

また、うずらは鳴き声が大きく、特に早朝によく鳴くため、集合住宅での飼育では防音対策が必要です。

スポンサーリンク

飼育されるうずらの特性のまとめ

うずらは一般的に寿命が短い鳥ですが、適切な環境を提供すれば長生きする可能性があります。

ペットとして飼う際には、その特性や大きな鳴き声に注意が必要です。

飼育コストは比較的低く、特に幼鳥は親しみやすいためおすすめです。

うずらを新しい家族の一員として迎えることを検討してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました