PR

ポトフに最適なじゃがいもの選び方とは?ホクホクの美味しさを最大限に引き出す種類と煮崩れを防ぐコツをご紹介!!

料理
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

ポトフを作る際、じゃがいもの選び方には小さなコツがあることをご存じですか?

実は、ポトフに最適なじゃがいもの種類があるのです。

さらに、煮崩れを防ぐためのテクニックもあります。

よくある失敗として、全ての材料を一緒に煮込んでしまい、じゃがいもが崩れてしまうことが挙げられます。

これではスープが濁ってしまい、じゃがいもの形も崩れてしまいます。

そこで、美味しいポトフを作るためのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

ポトフに最適なじゃがいもの種類は?ホクホクとした美味しさを引き出す選び方とは?

スーパーでよく見かけるじゃがいもには、「男爵」と「メークイン」があります。

特にポトフには、「男爵」がおすすめです。これは丸みを帯びて少しゴツゴツした外見が特徴的です。

この種類のじゃがいもは、スープが染み込んだ時のホクホクとした食感が特徴です。

また、「北あかり」のようなホクホク系のじゃがいももポトフに適していますが、市場で見かけることは少なく、「男爵」がよく選ばれます。

ただし、ホクホク系のじゃがいもは煮崩れしやすいので、煮る際には注意が必要です。

一方、「メークイン」は煮崩れしにくく、実はポトフにも適しています。

「男爵」を選ぶ必要はないことを覚えておきましょう。

煮込み料理でじゃがいもが崩れやすい、または料理初心者の方には、メークイン種が特におすすめです。

メークイン以外にも「とうや」という種類があります。

これも煮崩れしにくい特性を持っていますが、スーパーで見つけるのは少し難しいかもしれません。

スポンサーリンク

ポトフ用じゃがいもの選び方と煮崩れを防ぐコツとは?

ポトフに適したじゃがいもの種類としては、男爵がよく推奨されますが、煮崩れしやすいという欠点もあります。

煮崩れを防ぐためのポイントをいくつか紹介します。

以下の3点に注意しましょう。

水からゆでる

ポトフを作る際には、水からじゃがいもをゆでることが基本です。

じゃがいもを水からゆっくりと温めることで、内部まで均等に熱が通り、煮崩れを防げます。

沸騰したお湯で急激に加熱すると、外側はすぐに火が通ってしまい、内部はまだ生の状態になりがちです。

その結果、外側をさらに加熱し続けることになり、煮崩れの原因となります。

じゃがいもを水からゆでることがポイントです。

メークインを選ぶ

メークインという種類を選ぶのも良い方法です。

メークインは煮崩れにくいことで知られています。

煮込み料理での失敗を避けるために、メークインが最適なじゃがいもと言えます。

バロン種は球形で凹凸がある一方で、メークイン種は楕円形で表面が滑らかです。

メークインはスーパーマーケットで簡単に見つけることができます。

料理が苦手な方には、メークインを選ぶと良いでしょう。

じゃがいもを水に30分浸す

じゃがいもを30分間水に浸すのは、簡単ながら効果的な方法です。

デンプンが水に溶け出し、煮崩れを防ぐ役割を果たします。

水に浸した後は、通常のレシピに従ってポトフを作ってみましょう。

スポンサーリンク

煮崩れしにくいポトフのおすすめレシピ5選

煮崩れしにくいポトフのレシピを紹介します。

どのレシピも基本的な材料や調味料を使用し、簡単に作れます。

特に煮崩れしにくいメークイン種のじゃがいもを使用しています。

ごろごろ野菜たっぷりのポトフ

じゃがいもを水にさらして煮崩れを防ぐ、材料が少なくて簡単な人気のレシピです。

電子レンジを使って簡単調理!豪華ポトフ

電子レンジを使用することで、過熱を防ぎ、一つの容器で簡単に作れるレシピです。

フライパンで出来る!!煮崩れしないポトフ

フライパンを使用することで、具材がぶつかりにくく、煮崩れにくいレシピになっています。

白菜とベーコンで作る温かいポトフ

このポトフレシピでは、メークイン種のじゃがいもを使用しています。

白菜の自然な水分と少量の追加水で煮込むことで、じゃがいもが崩れにくい仕上がりになります。

シンプルで美味しいポトフの作り方

メークインを使うことで、ポトフが煮崩れしにくくなります。

写真付きの説明で、切り方も簡単に学べます。

ポトフを丁寧に作っても見た目が物足りない場合は、広めの器に盛ると見栄えが良くなります。

スポンサーリンク

ポトフに最適なじゃがいもは「男爵」!ホクホク感が絶品

ポトフに最適なじゃがいもの種類としては、「男爵」がおすすめです。

ホクホクとした食感が特徴で、食べる直前よりも1時間ほど置いてから食べると、味がより染み込んで格別になります。

また、煮崩れしにくいメークインは多くのスーパーで手に入り、しっとりとした食感が魅力です。

失敗を避けたい場合は、この種類を選ぶと良いでしょう。

煮崩れを防ぐためのコツは以下の通りです。

・水からじゃがいもをゆでる
・メークインを選ぶ
・じゃがいもを30分水に浸す

普段の料理にこれらの工夫を取り入れてみてください。

寒い季節には、ポトフのような温かいスープが心を温めてくれます。

たくさん作って数日間楽しむのもおすすめです。

この冬は、新鮮な野菜とホクホクのじゃがいもを使ったポトフをぜひお試しください!

タイトルとURLをコピーしました