PR

ザクロをスーパーで見つけるのは難しいのか?購入できる季節や入手方法と価格について徹底解説!!

本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

ザクロを購入するのに最適な時期は、9月から11月の間です。

この果物は、大型スーパーや地元の道の駅、オンラインショップで見つけることが可能です。

通常、ザクロの価格は1個あたり300円から500円ほどです。

秋のシーズンが過ぎると、冷凍ザクロを見つけることもできます。

また、オンラインでフリーズドライされたザクロの粒を探すのも一つの方法です。

手に入れにくいザクロについて、ここで詳しく説明します。

スポンサーリンク

ザクロの見つけ方とは?旬の季節と購入先をご紹介

ザクロはいつでも手に入るわけではなく、特定の季節や場所でしか手に入らないことが多いです。

多くの人はあまり見かけたことがないかもしれません。

私が子供の頃、母が近所の人から時々ザクロをもらってくることがありました。

でも、ザクロを育てている家庭は珍しいですよね。

では、ザクロをどの時期にどこで見つけることができるのでしょうか?

通常、ザクロは9月中旬から11月中旬にかけて、店頭やオンラインで見つけることができます。

これはザクロの収穫時期に合わせたものです。

日本で収穫されるザクロはこの時期が最盛期です。

一方、カリフォルニアなど海外産のザクロは9月下旬から10月に収穫されることが多いです。

ザクロは冷蔵保存しても2ヶ月ほどしか持ちませんので、秋の季節以外に手に入れるのは難しいです。

しかし、9月から11月にかけては、大型スーパーやコストコで見つけることができます。

店頭で見つからなければ、オンラインショップで購入するのも一つの方法です。

楽天市場や特定の農場のウェブサイトで見つけることができます。

現在(6月下旬)の情報では、オンラインショップでザクロの粒をフリーズドライにした商品が販売されています。

これが一年中利用可能かは不明ですが、レビューによると通年で購入できるようです。

秋の季節以外でもザクロを楽しむなら、冷凍された商品をオンラインで購入するのも良いでしょう。

また、スーパーで販売されているザクロは海外産が多く、特にイラン産やカリフォルニア産が主流です。これらは国産よりも大きな果実が特徴です。

日本では山梨県がザクロの名産地として知られていますが、小さなスーパーではあまり取り扱っていないことが多いです。

大型スーパーや道の駅で見つけることができます。

秋に山梨を訪れる機会があれば、サービスエリアなどで探してみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

ザクロはスーパーとオンラインショップで価格に違いはあるのか?

ザクロの価格をスーパーとオンラインショップで比較すると、大きな差は見られません。

例えば、イオンのような大型スーパーでは、ザクロは一つ約300円から500円で売られています。

一方、コストコでは10個セットを約2200円で販売しており、一個当たり約200円となります。

これはスーパーでの購入よりも割安です。

特に大量購入を検討している方やコストコ会員にはおすすめです。

スーパーではザクロの販売が秋から始まりますが、正確な価格はその時期にならないと分かりません。

目安としては一個300円から500円程度です。

ザクロはチラシに載ることが少ないため、秋になったら店舗で直接確認するのが最善です。

オンラインショッピングでは価格が似ていますが、送料やクール便などの追加料金がかかることがあり、少し高くなることがあります。

近くに大きなスーパーがない方やオフシーズンに購入を考えている方は、オンラインでの購入も良い選択肢です。

スポンサーリンク

まとめ

ザクロは日常の買い物ではなかなか見かけることが少なく、どこでどのように手に入れるかが分かりにくいかもしれません。

主に9月から11月にかけて手に入れることができ、大きなスーパーマーケットやコストコ、オンラインのショッピングサイトで見つけることが可能です。

価格はスーパーやオンラインショップでほぼ同じで、一つ300円から500円程度が相場です。

ただし、オンラインで購入する場合は送料や冷蔵配送の追加料金がかかることがあるため、少し高くなることもあります。

オンラインショップでは、フリーズドライされたザクロの粒も販売されていることがあります。

さらに、オフシーズンでも販売されていることがあるので、年間を通じてザクロを探している方は、探してみる価値があるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました