PR

プラスメッセージでブロック通知は受け取れる?相手に気づかれるリスクは?

本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

プラスメッセージ(+メッセージ)は、メッセージ送受信、画像や動画の共有、スタンプを使った表現ができる人気のコミュニケーションアプリです。

この記事では、プラスメッセージのブロック機能に焦点を当て、その仕組みと相手への影響を詳しく解説します。

スポンサーリンク

プラスメッセージがブロックされたときの挙動

プラスメッセージでは、自分がブロックされているかどうかを直接確認する方法はありません。

返信がないだけでは、相手が単に返信を忘れている可能性もあります。

ブロックされているときに特別な通知が来るわけではないため、既読マークの有無に注目するのが一般的です。

何度も既読マークがつかない場合は、ブロックされている可能性がありますが、既読マークがある場合はブロックされていないことを示します。

既読マークはメッセージの横にあるチェックマークで確認できますが、相手が忙しい、メッセージを見逃している、または既読機能をオフにしている可能性もあるため、既読がつかないからといって必ずしもブロックされているとは限りません。

スポンサーリンク

ブロックしたとき、相手に知られるか?

プラスメッセージでのブロックは、相手に直接知らされません。

これにより、多くの場合、相手はメッセージが未読のままであることに気づかず、ブロックされている事実にも気づかないことが多いです。

ただし、SMSモードが有効な場合は例外です。

SMSモードでは、プラスメッセージとSMSの双方にチェックマークが表示されますが、ブロックされている場合はプラスメッセージ側のチェックマークが表示されません。

このため、相手がブロックされていることに気づく可能性があります。

スポンサーリンク

プラスメッセージのブロック機能について

プラスメッセージでブロック機能を使用すると、指定された個人からのメッセージの受信を拒否する設定が可能です。

この機能は、LINEや他のメッセージングアプリと同様に作動します。

相手をブロックしても、ブロック期間中に受け取ったメッセージは後で確認することができます。

ブロックはアプリの特定のセクションから設定でき、操作は簡単です。

スポンサーリンク

プラスメッセージでのブロック設定方法

プラスメッセージアプリを使用して、連絡先リストにある任意の人物を簡単にブロックできます。

ブロックする相手がプラスメッセージを使用しているかは関係ありません。

アプリを開いてブロックしたい人を選択し、縦のメニュー(三点リーダー)から「ブロック」を選びます。

ブロックが完了すると、その人物の名前の隣に特別なアイコンが表示されます。

メッセージ画面経由でのブロック手順

プラスメッセージでは、連絡先に登録していない相手からのメッセージもブロックすることができます。

もし不快なメッセージを受け取った場合、そのメッセージを開いて、送信者の名前をタップし、その人のプロフィールページから「ブロック」を選択してください。

ブロックに成功すると、送信者の名前の隣にアイコンが表示されます。

ブロックリストを活用したユーザー遮断手法

メッセージ機能においてブロックリストを活用することで、簡単にユーザーを遮断できます。

まず、自分のページにアクセスし、「設定」を選択します。

次に、「プライバシー設定」に進み、「ブロックリスト」をクリックします。

右上の「+」マークを押して遮断したいユーザーを追加します。

プラスメッセージによるグループ全体の遮断は可能か?

プラスメッセージを使用してグループチャットを作成することはできますが、グループ全体を一括で遮断する機能は提供されていません。

グループメッセージを避ける最良の方法は、グループを離れることです。

グループのオプションから「!」マークを選び、「グループ脱退」を選択してください。

ただし、グループを離れた後も、個々のグループメンバーからのメッセージが届く可能性があります。

個々のメッセージを遮断したい場合は、メンバー一人一人を別途ブロックする必要があります。

プラスメッセージによるブロック解除の手順

誤ってユーザーをブロックしてしまった場合でも、プラスメッセージを通じて簡単に解除が可能です。

ブロック解除の手順は以下の通りです。

①「マイページ」にログインします。

②「設定」を選択します。

③「プライバシー設定」をタップします。

④「ブロックリスト」を開いてください。

⑤解除したいユーザーをリストから見つけ、「ブロック解除」ボタンをクリックします。

これにより、ユーザーのブロックが解除されます。

ブロックの効果

ブロック機能を利用することで、特定の人物からのメッセージを受信することができなくなります。

ブロックを解除した場合、ブロックしていた期間中に受信したメッセージが一斉に届きます。

また、相手が既読確認の設定をしている場合、メッセージを開封した瞬間に既読として相手に通知されます。

そのため、連絡を避けたい相手に対してはブロックを解除しないことをおすすめします。

プラスメッセージでブロックしたメッセージの確認方法

プラスメッセージを使うと、ブロックした相手からのメッセージを特定のセクションで確認することができます。

ブロックを解除することなく、これらのメッセージを見ることが可能です。

まず、「マイページ」にログインし、「設定」メニューに進んでください。

その後、「プライバシー設定」を選択し、「ブロックされたメッセージ」をクリックすると、ブロックしたメッセージの一覧が表示されます。

ここから、ブロックしたユーザーの管理やメッセージの自動削除設定も行うことができます。

メッセージを完全に削除したい場合は、自動削除機能を有効にすると良いでしょう。

プラスメッセージでのSMSブロックについて

プラスメッセージのブロック機能は、メールだけでなくSMSにも適用されます。

この機能が有効になっていると、相手はあなたへの連絡手段を完全に失います。

不快なメールやSMSを送ってくる相手がいる場合は、このブロック機能を積極的に使用して問題の解決を図りましょう。

プラスメッセージの非表示機能とブロックの違い

プラスメッセージには「非表示設定」がありますが、これはブロックとは異なる点があります。

非表示設定を利用すると、新しいメッセージが届くと非表示が解除され、メッセージが再び表示されます。

連絡を完全に遮断するには、非表示設定ではなくブロック機能を使う必要があります。

ブロックするには、ユーザーのプロフィールページから個別に設定する手順を踏む必要があります。

既読機能をオフにする方法

プラスメッセージでは既読機能をオフにすることが可能です。

既読機能をオフにする手順は以下の通りです。

1. 「マイページ」にログインする。

2. 「設定」をクリックする。

3. 「プライバシー設定」を選択する。

4. 既読設定をオフ(白色表示)に変更する。

これにより、双方にメッセージの読了を確認することはできなくなります。

ただし、相手が既読機能をオフにしている場合、既読が表示されなくてもブロックされているわけではないことに注意してください。

スポンサーリンク

まとめ

プラスメッセージのブロック機能は、他の人に気づかれずに設定できます。

ただし、SMSモードを使用している際は、ブロックしていることが相手に伝わってしまうリスクがありますので、使用時には注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました