PR

軽装でお越しくださいと言われた時の適切な服装の選び方とは?シチュエーション別にどのようにすれば良いのか徹底解説!!

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

日常生活で、普段はスーツを着るような場面においても、「軽装でどうぞ」という指示を受けることがありますね。

そんな時、「軽装って具体的にどんな服装を指すの?」と迷った経験はありませんか?

この記事では、さまざまなシチュエーションでの「軽装」の選び方についてお話しします。

軽装とはどんな服装なのかお困りの方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

軽装とはどのような服装を指すのか?

「軽装でお越しください」という指示を受けると、多くの人はカジュアルな私服で大丈夫だと思いがちですが、軽装と私服は実は異なるものです。

「軽装」とは、日常的なデニムやスウェット、カジュアルなカットソーとは違い、もう少しフォーマルな服装を指します。

これらのカジュアルな服を着てしまうと、スーツを着た人々の中で浮いてしまい、「失敗した」と感じることもあります。

正式なスーツを正装とするならば、軽装はそれよりはカジュアルですが、それなりにきちんとした服装を意味します。

つまり、「スーツほどではないが、それなりにフォーマルな服装」というニュアンスです。

簡単に言うと、軽装は清潔感があり、品があって、相手に不快感を与えない服装のことです。

一方で、私服は個人の趣味に合わせた、日常的に着るジーンズやカットソーなどの自由なスタイルを指します。

ですから、「軽装」=「私服」とは限らないのです。

軽装を選ぶ際には、いくつかのポイントに注意が必要です。

特に、軽装指定であっても、ジーンズやスウェットは避けた方が良いでしょう。

また、スーツではなくても、襟付きのシャツや落ち着いた色合いを選ぶなど、少しフォーマルな要素を取り入れるのが軽装の特徴です。

この点を誤解しないようにしましょう。

スポンサーリンク

結婚式やパーティーで軽装でお越しくださいと言われた時の服装とは?

「軽装でお越しください」という招待状を受け取った際、どんな服装を選ぶべきか迷うことがありますね。

結婚式やパーティーといえば、フォーマルな服装が求められることが多いですが、「軽装で」という指示は、その堅苦しさを少し緩める意味合いがあるようです。

ただし、軽装とはいえ、品位を保つことは基本的なマナーとして大切です。

洗練されたカジュアルスーツにする

ビジネススーツよりもカジュアルで、遊び心のあるスーツを選ぶと、堅苦しさを避けつつも品位を保つことができます。

リラックスしたスタイルのスーツは、洗練された印象を与えるでしょう。

ブラックスーツにこだわらず、グレーやネイビー、ストライプなどの落ち着いた色や柄を選ぶのがおすすめです。

ネクタイは省いても大丈夫です。

ジャケットを活用したスタイリングにする

女性の場合、パンツとノースリーブのブラウスを選んだとき、露出が気になるなら、ジャケットを羽織ると上品な印象になります。

男性も、セットアップのスーツでなくても、シャツとパンツにジャケットを合わせるだけで、軽装として適切です。

特にカジュアルなパーティーには、このようなスタイリングがぴったりです。

控えめなファッションにする

結婚式やパーティーにおいては、露出度の高い服装はしばしばエレガンスを損なうことがあります。

魅力的なパーティードレスやワンピースには露出度が高いものが多くありますが、それらをそのまま着用するのは避けましょう。

ジャケットやボレロ、ストールを上手に組み合わせることで、洗練された印象を演出することが可能です。

目立ちすぎる服装は避ける

特に結婚式の場では、主役を引き立てるためにも、目立ちすぎる服装は控えるべきです。

例えば、花嫁と同じ白いドレスを着て出席するのは避けるべきですし、男性も同様に注意が必要です。

結婚式では伝統的にフォーマルなブラックスーツが好まれますが、カジュアルな装いを理由に明るい色の派手なスーツを選ぶのは避けましょう。

新郎が目立つように、落ち着いた色のスーツを選ぶことが望ましいです。

もし選んだ服装に不安がある場合は、主催者にカジュアルな装いでの適切な服装について尋ねるのも良いでしょう。

これにより、適切な服装がより明確になります。

スポンサーリンク

企業説明会や面接時に軽装でお越しくださいと言われた時の服装とは?

企業の説明会や面接に参加する際に「軽装でお越しください」と言われた場合、どのような服装を選ぶべきか迷うことがよくあります。

スーツを着るのも間違いではありませんが、リラックスした印象を与えるためにネクタイを外したり、落ち着いた色のスーツを選ぶのも一つの良い方法です。

スーツ以外の選択肢としては、ブラック、グレー、ベージュなどの色のパンツに、襟付きのシャツやジャケットを合わせるのが適しています。

女性の場合、軽装を求められている時はスーツを着る必要はありません。

ネイビー、ブラック、グレーなどの落ち着いた色のパンツやスカートに、襟付きのシャツやブラウス、ジャケットを合わせることがおすすめです。

ただし、透け感のある素材や露出度の高い服は避けた方が良いでしょう。

靴に関しては、高いヒールよりも低めのヒールで落ち着いた色のものを選ぶことが望ましいです。

バックストラップのないミュールは音がするので避け、低いヒールのパンプスが無難な選択です。

スポンサーリンク

アルバイトやパートの面接で軽装でお越しくださいと言われた時の服装とは?

アルバイトやパートの面接で「スーツではなく軽装で」と言われた場合、清潔感のある服装を選ぶことが大切です。

面接は、将来働くかもしれない職場で初めて会う上司や同僚に対する第一印象を決める場です。

清潔感のある服装は、高級感よりも好印象を与えることができます。

例えば、アイロンがしっかりかかった襟付きのブラウスやシャツ、膝下のスカートやパンツ、手入れの行き届いた髪型などが、相手に良い印象を与えるでしょう。

スポンサーリンク

49日や法事で軽装でお越しくださいと言われた時の服装選びのポイントとは?

49日や法事にご招待された際、「軽装でお越しください」と言われても、安全策としては礼服を選ぶのがベストです。

男性は、正式な礼服で参加し、状況に応じてジャケットやネクタイを外す選択も可能です。

これが一般的に適切な対応とされています。

女性の場合、礼服を着用すること自体はマナー違反ではありませんが、他の参列者がよりカジュアルな服装である場合、少々目立つことも考えられます。

不安な場合は、他の参列する親族に事前に服装について尋ねるのも良い方法です。

男性は軽装の指示があっても礼服を選ぶことが一般的ですが、女性は地域や状況によって異なる場合があるため、事前に情報を集めることをお勧めします。

スポンサーリンク

軽装でも見た目の印象を重視しよう!!

軽装であっても、外見にはしっかりと気を配りましょう。

どんな場面でも、見た目の印象は大切です。

髪型は清潔感を大切にする

清潔で整えられた髪型は、基本中の基本です。

派手なカラーリングよりも、自然な黒や茶色が好感を持たれやすいです。

結婚式やパーティーでは華やかなヘアスタイルも良いですが、法事や就職活動の際には控えめなスタイルが適しています。

香水の使い方に気をつける

香水を使うこと自体は問題ありませんが、強すぎる香りは避けましょう。

派手な印象を与えたり、不快感を感じさせることもあります。

香りに敏感な人もいるので、香水は控えめにし、つけ過ぎにも注意が必要です。

シャツはいつも清潔にする

シャツがしわくちゃだと、だらしなく見えてしまいます。

清潔でシャープなシャツは、良い印象を与えることができます。

アクセサリーの選び方にも気をつける

ピアスを含むアクセサリーは、控えめなものを選ぶのが望ましいです。

派手すぎるアクセサリーは、相手に悪い印象を与えかねません。

パーティーなどでは華やかなアクセサリーも適していますが、法事や就職活動の際には控えめなものを選ぶことが推奨されます。

タイトルとURLをコピーしました