PR

オーブンでトーストは何度で焼くのが良いのか?最適な温度と使用時のコツをご紹介!!

料理
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

朝食でパンを選ぶ人は多いでしょう。

私たちの家庭でも、朝食にトーストは欠かせない存在です。

市販の普通の食パンを使っていますが、毎日の朝食が楽しみです。

その理由は、トーストの温度に秘密があるからです。

高級な食パンでなくても、適切な温度で焼くことで、おいしいトーストが作れます。

今回は、美味しいトーストを作るための最適な温度についてお話ししましょう。

スポンサーリンク

美味しいトーストのための温度設定とは?トースターの場合

トーストの最適な温度は、好みの焼き加減によって変わります。

ワット数 : 約1000w
温度   : 予熱して220℃
焼き上がり: 軽い焼き色で柔らかな食感

 

ワット数 : 約1200w
温度   : 予熱して250℃
焼き上がり: しっかりとした焼き色でカリカリの食感

好みに合わせて温度を調整してみましょう。

温度調節ができないトースターの場合、1000wでは約220℃~230℃、1200wでは約250℃~260℃になります。

予熱時間: 3分~4分
焼き時間: 2分~3分程度

焼き具合はトースターによって異なるものの、一般的なガイドラインは上記の通りです。

パンの厚さや好みの焼き加減によって、加熱時間は変わるため、さまざまな方法を試し、自分に合った焼き具合を見つけることがおすすめです。

私自身は、トーストの耳が少し柔らかいのが好きなので、200~220℃というやや低めの温度で焼いています。

一方で、家族はしっかりとした焼き色を好むので、温度を250℃に設定しています。

家族がトースターを使った後、その設定のままパンを焼くと、私の好みとは異なる焼き上がりになってしまい、少し残念に思います。

どちらの焼き方も、温度設定は高めです。

これは、トーストを【高温で短時間焼く】ことが美味しさの秘訣だからです。

後で詳しく説明しますが、焼き時間を短くするためには、高温設定が重要です。

特に重要なのは、トースターを予め予熱しておくことです。

設定温度にすぐに達するトースターなら問題ないのですが、多くのトースターは設定温度に達するまでに時間がかかることがあります。

たとえトースターを250℃に設定して焼き始めたとしても、実際には庫内の温度がまだ250℃に達していないことがよくあります。

このため、「高温で設定したのに期待通りの焼き色がつかない」という問題が発生することがありますが、これは実際には設定温度で焼けていないためです。

美味しい焼きたてのパンを楽しむためには、トースターを使用する前に適切な温度で予熱することが重要です。

スポンサーリンク

オーブンを使ってトーストを作る際の温度設定

オーブンはお菓子作りやグリル料理に適していますが、トースト作りにも向いています。

トースト専用の機能がオーブンに備わっていれば、簡単に美味しいトーストが作れます。

トースターを使うよりは時間が少し長くかかりますが、同様に美味しく焼けます。

トースト機能がないオーブンを使う場合は、180~190℃で予熱し、約10分焼くことでトーストを作ることができます。

ただし、この方法では焼き色がつきにくく、パンが乾燥しやすいため、トースト機能がないオーブンで直接トーストを焼くことは推奨されていません。

トースト機能がないオーブンでトーストを作る際は、チーズや具材をのせて焼くことをおすすめします。

これにより、パンの乾燥を防ぎつつ、美味しいピザトーストを楽しむことができます。

スポンサーリンク

トーストの美味しい焼き方のコツとは?

トーストをより美味しくするための3つの秘訣をご紹介します。

普通の食パンでも、少しの工夫でぐっと美味しくなります。

ぜひ試してみてください。

・トーストする前にパンに水を振りかける
・オーブンを事前に温めておく
・厚切りパンには切れ目を入れてから焼く

トーストする前にパンに水を振りかける

トーストをする前に、食パンに水を霧吹きで振りかけるのがおすすめです。

霧吹きがない場合は、手で軽く水を振りかけても大丈夫です。

これは、高級トースターに搭載されているスチーム機能の代用となります。

水分が焼き過程で蒸発し、トーストがしっとりとし、パサつかない仕上がりになります。

我が家のトースターにもスチーム機能がありますが、手で水を振りかける方法でも味に大きな違いはありません。

スチーム機能がないトースターをお持ちの方も、この方法を試してみてください。

オーブンを事前に温めておく

トーストを焼く前にオーブンを予熱することが重要です。

美味しいトーストを焼くコツは、パンの水分をできるだけ蒸発させないことにあります。

高温で短時間に焼き上げるためには、予熱が必要です。

トースターを使う前に、内部が適切に暖まるまで予熱してください。

パンを入れる前に行うことがポイントです。

予熱には200℃で約3分かかります。

料理を始める際に、最初にトースターを起動する習慣をつけましょう。

厚切りパンには切れ目を入れてから焼く

美味しく厚切り食パンを焼くコツを紹介します。

焼く前にパンに切り込みを入れることで、熱が均等に行き渡り、より美味しく焼けます。

切り込みは十字に入れても、パンの端に沿って入れても大丈夫です。

この方法を使えば、パンが均一に焼けて、より美味しく仕上がります。

包丁やまな板を使うのが面倒な時は、私は皿の上でキッチンバサミを使って切り込みを入れています。

切り込みを入れると、焼き上がり後にバターやはちみつが染み込みやすくなりますし、薄切りパンにも同様の効果があります。

スポンサーリンク

オーブンでトーストは何度で焼くのが良いのかのまとめ

トーストは220~250℃の高温で焼くことを推奨します。

この温度設定にすると、パンの水分が保たれ、乾燥せずに美味しく焼けます。

焼く際に水分を加えることも大切です。

価格が手頃な食パンやトースターを使っても、しっとりとした焼き上がりを期待できます。

毎日のトーストをもっと美味しくするために、温度や焼き方に少し工夫を加えてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました