PR

おでんに最適な大根の部位はどこなのか?苦くならない理想的な箇所をご紹介!!

料理
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

おでんに使う大根、どの部位が最も適しているのでしょうか?

スーパーで売られている切り大根を選ぶ時、どの部分を選べばいいのか迷うことがありますよね。

また、丸ごとの大根を使う場合も、どの部分を使うかは大切なポイントです。

理想的な部位を選べば、もっと美味しいおでんが作れます。

おでん用の大根が苦いと感じたことはありませんか?

それは適切な部位を選んでいないからかもしれません。

ここでは、おでんにぴったりの大根の部位と、煮ても苦くならない箇所について解説します。

スポンサーリンク

おでんに最適な大根の部位と苦くならない箇所とは?

おでんに使う大根の部位はどれでもいいわけではありません。

「中央より上部」が理想的です。

※ここでは葉の方を「上部」としています。

この理由は、中央より上部の大根は甘みと水分が豊富だからです。

緑色の部分は辛そうに見えますが、実はとても甘いんです。

見た目とは裏腹なんですね!

また、この「中央より上部」は煮ても苦くなりません。

さらに、最上部よりも中央に近い部分は、水分量や硬さがちょうどよく、おでんに最適なんです。

大根を選ぶ際には、ぜひおでんの人気レシピも試してみることをお勧めします。

以前、デパートの地下食品売り場で働いていた時、熟練した主婦たちがおでん用に大根の上部を選ぶ姿をよく見かけました。

これらの経験豊かな主婦たちは、おでんに最適な大根の部位をよく知っています。

大根を面取りするのは手間がかかるものの、煮崩れを防ぐ方法は実は存在します。

スポンサーリンク

大根の下部分はおでんや煮物に向かない?

大根の「下」の部分(根元に近い部分)は、おでんや他の煮物には向いていません。

特に、下部に行くほど繊維が多く硬くなり、食べにくくなることがあります。

中央部はまだ使えますが、最下部は繊維が多く、食べられないこともあるほどです。

時には非常に不味いこともあります。

また、「おでんの大根が苦かった」という経験がある方は、この「下」の部分を使っていた可能性が高いです。

なぜなら、大根の下部は辛く、その辛い部分を煮ると苦味に変わるからです。

だしの風味や香りを楽しむおでんのような料理では、この苦味が際立ってしまうことがあります。

大根の「下」の部分はおでんや煮物には使わず、炒め物に濃い味付けをするか、大根おろしとして辛みを楽しむのが良いでしょう。

スポンサーリンク

余った大根を活用する部位ごとのアイデアとは?

余った大根を部位別に美味しく活用する方法をお伝えします。

大根の上部と下部、どちらも美味しく使い切るコツをご紹介します。

大根の保存方法については、別の記事をご参照ください。

大根の中央から上部にかけての使い方

この部分は水分がたっぷりで、生で食べると最高に美味しいです。

私の夫の実家では、大根を縦に4等分に切り、スライサーで薄切りにして、かつお節と醤油をかけて食べるのがお気に入りです。

これがとても美味しいんです。

また、細かく切った大根を水菜やちりめんじゃこと合わせたサラダもおすすめです。

カリカリに焼いた油揚げを加えると、味わいが一層引き立ちます。

醤油ベースのドレッシングで、ぜひお試しください。

大根の下部の使い方

大根の下部は繊維が多く硬いため、濃い味の料理に適しています。

炒め物やきんぴらなどがお勧めです。

薄切りにしたり小さく切った大根をごま油で炒め、麺つゆ、砂糖、少しの水を加えて水分がなくなるまで炒めた後、白ゴマを振りかけると良いでしょう。

人参と一緒に炒めても、大根だけでも美味しくいただけます。

また、大根をすりおろして大根おろしにするのも良い方法です。

すりおろすことで繊維が柔らかくなり、食べやすくなります。

この部分はもともと辛味があるので、辛味大根をわざわざ買う必要はありません。

スポンサーリンク

おでんに最適な大根の部位はどこなのかのまとめ

おでんには大根の「真ん中より上」の部分が最適です。

※「上」とは葉がついていた側を指します。

スーパーで半分に切られた大根を見つけたら、「上」の半分を選びましょう。

自宅にある大根を使う場合も、「真ん中より上」の部分を使うのが最良です。

おでんを美味しく作るためには、適切な部位を選ぶことが重要です。

「下の部分は苦味が出やすい」という点を覚えておくと良いでしょう。

おでんに使う大根は、最適な部位を選んでください。

タイトルとURLをコピーしました