PR

圧力鍋で作るおでんで避けるべき食材とその理由とは?お役立ちのヒントもご紹介!!

料理
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

圧力鍋を使っておでんを作る際、注意すべき食材があります。

特に、じゃがいもと練り物は避けるのが賢明です。

この理由として、じゃがいもは煮込み過ぎると崩れやすくなり、練り物は膨張してしまい、その結果、風味が落ちてしまうからです。

圧力鍋でおでんを作る基本的な方法は、具材、出汁、調味料を加えて強火にかけるだけです。

じゃがいもや練り物は、圧力調理の後に加えることで、溶けることなく美味しくいただけます。

初めて圧力鍋を使う方には少々難しく感じるかもしれませんが、コツをつかめば簡単に美味しいおでんが作れるようになります。

この記事では、以下の内容について詳しく解説します。

・圧力鍋でおでんを作る際に避けるべき具材
・圧力鍋を使ったおでん作りのコツ
・圧力鍋でおでんを作る際の注意点

手軽におでんを作りたい方は、これらのポイントを参考にしてみてください。

スポンサーリンク

圧力鍋でおでんを作る際に避けるべき食材とは?

圧力鍋を使用しておでんを作る場合、特に練り物とじゃがいもは避けた方が良いでしょう。

じゃがいもは圧力鍋で煮込むと崩れやすくなります。

おでんの際、じゃがいもを圧力鍋に入れると、その特有の柔らかい食感が失われることがあり、さらにスープが濁ることもあります。

練り製品、例えばちくわ、はんぺん、もち巾着などは、長時間煮込むと膨張したり、風味が損なわれることがあります。

同様に、厚揚げも長時間煮込むのは避けた方が良いです。

繊維が硬くなり、風味が落ちてしまいます。

しかし、これらの食材を適切なタイミングで加えれば問題ありません。

まず、大根や牛すじなどの肉類を、ダシ、醤油、みりんと一緒に圧力鍋で強火にかけ、約10分間加圧調理します。

圧力が自然に下がるまで待ちます。

圧力が下がったら、練り製品とじゃがいもを加え、さらに10分ほど煮込むと、美味しいおでんができます。

じゃがいもは、事前に電子レンジで加熱しておくと、煮込み時間を短縮できます。

また、厚揚げやさつま揚げなどの揚げ物は、熱湯をかけて油抜きをしてから鍋に加えると良いでしょう。

これにより、油っぽさが減り、洗練された味わいになります。

圧力鍋で調理してはいけないとされる食材の中に卵がありますが、実は問題なく調理できます。

ゆで卵を作り、大根などと一緒に初めから鍋に入れると、味がしっかり染み込んだ美味しい煮卵ができます。

スポンサーリンク

圧力鍋を使ったおでんの作り方とそのポイントとは?

圧力鍋でおでんを作る際には、いくつかの重要なポイントがあります。

まず、圧力鍋の容量を超えないようにすることが大切です。

おでんの具をたくさん入れたくなる気持ちはわかりますが、圧力鍋内部に表示されている「最大調理量」を守る必要があります。

調理量が多すぎると、圧力鍋が正常に機能しなくなる可能性があるため、最大調理量を守ることを忘れないでください。

また、調理後はすぐに蓋を開けないようにしましょう。

圧力によって蓋や中身が飛び出す危険があるため、圧力が自然に下がるまで待ってから蓋を開けることが重要です。

市販の出汁パックは、高圧下で溶けることがあるので、使用は推奨されません。

使用する場合は、顆粒状の出汁を選ぶと良いでしょう。

もっと本格的な味を求める方は、水1000mlに昆布10gと削り節20gを加え、一晩置いておくと、美味しい出汁が作れます。

これは非常に簡単なので、ぜひ試してみてください。

美味しいおでんを作るためには、これらの小さなコツを押さえることが大切です。

おでんを作る際、大根には十字の切り込みを入れ、こんにゃくはあらかじめアク抜きをしておくと、味が一層引き立ちます。

調理後は、少し時間を置いて冷ますことで、味がよく染み込みます。

食べる直前には、圧力鍋の蓋を開けて再び温めると良いでしょう。

スポンサーリンク

圧力鍋で作るおでんで避けるべき食材とその理由とはのまとめ

冬の寒い時期になると、温かいおでんが恋しくなります。

通常、おでんは時間をかけてゆっくり煮込む必要がありますが、圧力鍋を使えば、簡単かつ迅速に美味しいおでんが作れます。

具材の準備や煮込む順番に注意を払うだけで、風味豊かなおでんが楽しめます。

私も最近圧力鍋を使い始め、おでん作りに挑戦しました。

通常の鍋を使うよりも早く、美味しいおでんができあがりました。

圧力鍋の使い方に慣れるまでは、煮込む時間を調整しながら作ることをお勧めします。

地域によって、出汁の味付けや具材に違いがあることもあります。

圧力鍋を使って、さまざまなおでんのレシピを試すのも楽しいですね。

タイトルとURLをコピーしました