PR

おでんにお肉を入れる場合に牛すじ以外に何が合うのか?代わりになる具材をご紹介!!

料理
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

おでんを作るのは、意外と手間がかかるものです。

家族が食欲旺盛な子どもや食事を楽しむ夫の場合、おでんだけでは物足りなさを感じることもあるのではないでしょうか?

練り製品や野菜は喜んで食べられますが、おでんには何かが足りないような気がすることも。

その原因は、肉の不足です!

肉がないと満足感が得られないのです。

練り製品からも良い出汁は出ますが、特に男性にとっては肉がないと満足できないものです。

おかずとしても物足りなく感じられることがあります。

そこで、家族全員が喜ぶボリュームたっぷりのおでんの具について調べてみました。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

おでんにお肉を入れる場合に牛すじ以外に何が合う?

おでんの定番具材として牛すじがありますが、これは好みが分かれる食材です。

我が家では、夫は牛すじを食べますが、子供たちはあまり好きではありません。

また、市販の牛すじは国産ではないものが多く、購入するのに躊躇することもあります。

国産の牛すじは高価で、市場に出回る量も限られています。

そこで、牛すじの代わりにおすすめする具材を以下に紹介します!

おでんの牛すじの代わり具材①鶏のつくね

鶏肉から取れる出汁は非常に美味しく、このつくねは特にお勧めです。

子供たちにもやわらかく食べやすいため、我が家ではよく使います。

おでんの牛すじの代わり具材②鳥の手羽

長時間煮込むことで、手羽はとろけるような味わいになります。

手羽先や手羽元を使う際は、最初に茹でると油っぽくならずに済みます。

少し手間はかかりますが、味は大幅に向上します。

おでんの牛すじの代わり具材③ウインナーソーセージ

ウインナーは子供たちに大変人気です。

副菜としても最適で、お勧めの一品です。

おでんの牛すじの代わり具④豚のバラ肉

この肉は食べ応えがあります。

1. 適切なサイズに切り、フライパンで焼きます(油は不要)。

2. 表面に焼き色がついたら、たっぷりのお湯で茹でます(最初は強火で沸騰させ、その後弱火で約1時間煮ます)。

時間はかかりますが、その価値は十分にあります。

私は普段、時間を節約するために圧力鍋を使用しています。

おでんの牛すじの代わり具材⑤ロールキャベツ

手作りが最も美味しいですが、ロールキャベツを作るのはかなり手間がかかります。そのため、時々市販のものを利用することもあります。

その他にも、水餃子、ブロック状のベーコン、牛バラ肉、スペアリブ、シュウマイ、鶏の皮などがお勧めです。ベーコンは試してみる価値がありますね!

スポンサーリンク

おでんの具材は地方ごとに異なるってホント?地域別の食材とは?

おでんの地域別の食材①九州の餃子巻き

九州地方独特のおでんの具材で、とても美味しいんですよ。

おでんの地域別の食材②沖縄の豚足

沖縄ならではの風味が楽しめます。出汁も少し独特な味わいがありますね。

おでんの地域別の食材③カニ面(メン)

テレビで見たことがありますが、本当に美味しそうでした!

おでんの地域別の食材④北海道のホタテ

北海道では海の幸を使ったおでんが多いようです。

豪華で素敵ですね!

スポンサーリンク

おでんにお肉を入れる場合に牛すじ以外に何が合うのかのまとめ

私が特に好きなのは、鶏肉(鶏団子や手羽元)、ウィンナー、豚バラ、ロールキャベツです。

子供がいる家庭では、子供たちの好きな具材を加えると大喜びされますよ!

おでんの具材は地域によって様々で、多くの人に聞くと新しい発見があって楽しいですね。

おでんは、自分の好きな具材を自由に加えるのが良いと思います。

私自身、結婚するまでは肉を使わないおでんしか食べたことがなかったです。

しかし、夫のためにいろいろな具材を試し、試行錯誤を重ねて今のスタイルに落ち着きました。

ぜひ、この記事を参考にして頂けると幸いです。

タイトルとURLをコピーしました