PR

オートミールの計量カップやスプーンを使った測り方とは?はかりがない場合の対応策をご紹介‼

料理
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

オートミールを一食分ずつ量るのは、少々面倒な作業です。

特に、計りがないときは正確な量を測るのが一層難しくなります。

そんな時、家庭にある計量カップや計量スプーンが大いに役立ちます。

この記事では、オートミールを一食30gとして、その量り方をご紹介します!

スポンサーリンク

一食分のオートミールはどのくらい?

一般的に、オートミールの一食分は30gとされています。

ここでは、30gを基準に考えてみましょう。

計量カップや計量スプーンでは「㏄(㎖)」で量りますが、これをグラムに換算する必要があります。

水の場合、1㏄=1gですが、オートミールは水より軽いので、30㏄では量が足りません。

オートミールの種類によって違いはありますが、比重を0.4と仮定した場合、75㏄×0.4=約30gとなります。

そのため、計量カップや計量スプーンで75㏄を目安に量ると良いでしょう。

スポンサーリンク

計量カップを使ったオートミールの量り方とは?

計量カップには通常、10㏄ごとの目盛りがついていますが、75㏄を正確に量るのは少し難しいかもしれません。

計りで正確な30gを量ることはできませんが、大まかな量を知ることは可能です。

スポンサーリンク

オートミールの正しい計量方法とは?

オートミールを計量する際には、以下の換算法が一般的な目安として役立ちます。

・30gのオートミールは約75cc
・40gは約100cc
・50gは約125cc

スポンサーリンク

計量スプーンを使用したオートミールの計量とは?

計量スプーンを使うと、大さじ1杯は約15cc、小さじ1杯は約5ccとなります。

この基準に基づく、オートミールの計量方法は以下の通りです。

・大さじ1杯で約6g
・小さじ1杯で約2g

そのため、30gのオートミールを計量するには大さじ5杯が必要です。

個人的には、オートミールを保存する際に計量スプーンを一緒に保管すると便利だと思います。

また、30g以外の量を計量する場合は、大さじと小さじを組み合わせて使うと良いでしょう。

・40gは大さじ6杯+小さじ2杯(または大さじ7杯で約42g)

・50gは大さじ8杯+小さじ1杯(または大さじ8杯で約48g)

大さじと小さじを両方使うのが面倒な場合は、大さじだけでおおよその量を測ることもできます。

スポンサーリンク

オートミールの計量カップやスプーンを使った測り方のまとめ

30gのオートミールを計量する際は、以下の方法を参考にしてください。

・計量カップを使用する場合は約75cc
・計量スプーンを使用する場合は大さじ5杯

はかりで1g単位で正確に測ることは難しいですが、これらの方法でおおよその量を知ることは可能です。

より正確な計量を求める場合は、デジタルスケールの購入を検討するのが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました