PR

森永工場見学の予約が困難な理由と予約のコツとは?特別なお土産も情報をご紹介!!

本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

食品製造業界では多くの工場見学が行われていますが、中でも森永工場の見学は非常に人気が高く、予約を取るのが難しいことで知られています。

予約が困難な主な理由は、参加費が無料であること、教育的な価値が高く学校の自由研究にも使えること、そして平日限定での開催であることが挙げられます。

森永工場見学は、その内容の充実ぶりからも予約が取りにくいと評判です。

この記事では、森永工場見学がなぜ予約が取りにくいのか、そしてツアーの魅力について詳しく解説します。

ツアーの内容を知れば、きっとあなたも参加したくなるでしょう!

そこで、予約をスムーズに取るためのコツもお伝えします。

大人気の森永工場見学、賢く予約して素敵な体験をしましょう!

スポンサーリンク

森永工場見学の予約が取れない理由は?

森永製菓グループには全国に7つの工場がありますが、実際に見学できるのは神奈川県横浜市鶴見区にある鶴見工場のみです。

鶴見工場では「MORIUM&鶴見工場見学ツアー」として、オンラインで参加者を募集していますが、予約が取りにくいことで有名です。

無料で参加できること、教育的な価値があること、平日のみの開催などが、予約が困難な理由として挙げられます。

このセクションでは、「MORIUM&鶴見工場見学ツアー」の魅力と、予約が取れない理由について詳しくご紹介します。

MORIUMとはどんな所なのか?

「森永エンゼルミュージアムMORIUM」は、日本を代表する菓子メーカー、森永製菓の豊かな歴史や独創的な技術、そして製品への熱い思いを感じられる施設です。

この施設の名称は、森永製菓の「MORI」と、ラテン語で「~する場所」という意味の「ARIUM」を組み合わせて作られた造語です。

訪れる人々が森永製菓の創造する価値を深く理解できるよう、工夫が凝らされています。

ここでは、高さ3メートル、幅15メートルの大型スクリーンで森永製菓の歴史やお菓子の製造過程を映像で楽しんだり、展示エリアで製品の特長を学ぶことができます。

創業120周年を記念して建てられたこの施設には、大きなお菓子のサンプルや過去の広告など、他では見られない貴重な展示物がたくさんあります。

また、近くには「ハイチュウプレミアム」や「小枝」などの人気商品を生産する鶴見工場があります。

鶴見工場では製造ラインを見学でき、MORIUMに戻るとお菓子の試食も楽しめます。

さらに、キョロちゃんとの記念撮影や、ミュージアムショップでのお土産購入も可能です。

所要時間は約70分で、子供たちも楽しめる内容となっています。

森永エンゼルミュージアムMORIUMと鶴見工場の見学は、一度に両方を体験できる夢のようなプランです。

ただし、この素敵なプランには制限があり、小学生以上の参加が必要です。幼いお子さんをお持ちの方はご注意ください。

なぜ予約が難しいのか?

話題沸騰中の森永工場見学ツアーは、予約が取りにくいとよく言われています。

多くの人が参加を望むにもかかわらず、なぜこの工場見学の予約がこれほど難しいのでしょうか。

無料で楽しめる豊富な体験

予約が困難な主な理由の一つは、「無料で楽しめる豊富な体験」があるからです。

森永製菓の長い歴史を学び、製造ラインを間近で見学し、キャラクターとの写真撮影やお菓子の試食など、様々な体験が可能です。

実は、森永工場の「MORIUM&鶴見工場見学ツアー」は参加費無料なのです!

これだけの体験が無料でできるとなれば、多くの人が訪れたくなるのは当然のことです。

教育的価値が高い

予約が取りにくいもう一つの理由は、「教育的価値が高い」ことにあります。

鶴見工場では撮影が禁止されていますが、MORIUM内では写真撮影が自由にできるスポットが多数あります。

さらに、森永製菓の歴史やお菓子の製造プロセスを学べるため、夏休みの自由研究の題材にも最適です。

楽しみながら学べることに加え、教育的な価値もあるため、人気が高まるのは自然な流れです。

特に夏休みには、予約を取る競争がさらに激しくなるようです。

平日限定での利用が可能な森永工場見学

森永工場の見学は、平日のみの利用が可能で、1日に予約できる枠はたった3つです。

このため、夏休みや冬休み、春休みなどの長期休暇や、学校の振替休日に予約を取るのが非常に困難になっています。

多くの方が「平日に休んでまで行くべきか?」と悩んでいるかもしれません。

しかし、予約カレンダーを見ると、振替休日が多い月曜日を除いても、ほとんどの日が予約で埋まっているのが現状です。

子供から大人まで楽しめるこの工場見学は、大人のグループや大学生にも人気があります。

このように混雑していると、「いつなら予約が取れるのだろう?」と思う方も多いでしょう。

次のセクションでは、森永工場見学の予約をスムーズに行う方法についてご案内します。

スポンサーリンク

森永工場見学の予約成功のコツとは?

森永工場の見学を予約する際には、特に注意すべき2つの重要なポイントがあります。

・予約開始日の正確な時刻を狙う
・直前のキャンセル待ちを活用する

これらのポイントについて、詳しく説明します。

予約開始日の正確な時刻を狙う

森永工場の見学ツアーの予約は、公式サイトによると、予約開始日の1ヶ月前の1日午前9時から可能です。

例えば、7月1日の午前9時には、8月1日から31日までの予約が開始されます。

最新の情報は公式サイトの「お知らせ」セクションで確認できます。

引用:森永製菓株式会社

つまり、7月1日の午前9時に予約が開始されると、7月と8月の利用可能な日程に予約を入れることができるわけです。

そのため、事前に家族の予定をチェックしておくことが重要です。

特に、森永工場見学の予約枠は、予約開始直後に最も空きが出やすいです。

迅速に予約をするためには、予約開始日の午前9時に公式サイトを開き、待機することを推奨します。

キャンセル枠を上手に利用する方法

MORIUM&鶴見工場の見学ツアーは、見学当日の朝7時まで申し込むことが可能です。

キャンセルは、見学開始の1時間前までに行うことができます。

多くの人が予約を取ろうと競争しているため、体調が悪くても最後まで予約を諦めない傾向があります。

その結果、当日の朝にキャンセルが出ることが多いです。

前日の夜から定期的にキャンセル枠をチェックすると、予約のチャンスが見つかるかもしれません。

実際、私の友人は前日の夜にチェックしてみたところ、予約を取ることができました。

最初に予約が取れなかったとしても、諦めずに根気よく挑戦することが大切です。

これらの方法を使えば、森永工場の見学予約を成功させる確率が高まります。

スポンサーリンク

森永工場の無料見学ツアー!お土産付きで楽しもう!

森永製菓の工場を無料で見学できるこのツアーは、参加者に人気のスイーツをお土産として贈ります。

参加費は無料なのに、森永の代表的な製品がお土産としてもらえるのは驚きですね。

インターネット上では、参加者から「ハイチュウとダースをもらった」「inゼリーとプレミアムハイチュウがお土産だった」「ベイクとハイチュウを貰えた」といった報告が多数寄せられています。

お土産の種類は時期によって変わるようですが、通常は2種類が提供されるそうです。

見学は無料で、試食の機会もあり、さらにお土産までついてくるので、訪れる人々にとっては大変喜ばしいことでしょう。

MORIUM内には、ユニークなお土産を購入できるショップもあります。

レトロな広告をモチーフにした文房具や、特別なパッケージのスイーツなど、MORIUM限定の商品がたくさんあります。

自分用や友人へのプレゼントに最適なアイテムが見つかるでしょう。

「森永工場見学に行ったよ!」と話しながら、オリジナルのお土産を分け合う子供たちの姿が思い浮かびますね。

無料でありながら質の高い体験と、充実したお土産が魅力的で、訪れることへの期待が高まります。

スポンサーリンク

まとめ

・鶴見地区に位置する森永工場は、唯一工場見学を提供しています。

・ここでは、「MORIUM&鶴見工場見学ツアー」を通じて、展示ミュージアムと製造ラインの両方を体験することができます。

・森永工場の見学予約が難しい主な理由の一つは、参加費が無料だからです。

・また、教育的価値が高いため、学校の課題研究によく利用されることも、予約が取りにくい理由の一つです。

・さらに、工場見学が平日のみに限られているため、予約が困難になっています。

・予約を確実にするためには、予約開始日の前月1日の午前9時に申し込むことが推奨されています。

・キャンセルは訪問日当日の1時間前まで、新規予約は当日の朝7時まで可能です。

・前夜や当日の早朝にキャンセルが発生することもあります。

・予約がすぐに取れない場合でも、定期的にウェブサイトをチェックすることが望ましいです。

・森永工場見学では、訪問者にお菓子のお土産が提供されます。

森永工場見学は、無料でありながら教育的にも価値が高く、試食やお土産が付いてくるなど、充実した体験ができることが分かります。

予約が取りにくいのも納得ですね。

内容を知れば知るほど、訪れたくなる魅力があります。

大人も子供も楽しめる、実践的な社会科見学「MORIUM&鶴見工場見学ツアー」に是非参加してみてください!

タイトルとURLをコピーしました