PR

マックスバリュのコピー機:料金と操作方法、USB対応について

本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

私は頻繁にイオン系列のスーパーマーケットであるマックスバリュを利用しています。

最近、マックスバリュを含む多くのスーパーが、顧客サービスを充実させていることに注目しました。

例えば、税金や公共料金の支払いが可能な店舗があり、一部には写真プリント機も設置されています。

また、イオン銀行や地方銀行のATMが設置されている店舗もあり、さまざまな用事を一箇所で済ませられるのが魅力です。

今回は、マックスバリュの便利な設備の一つであるコピー機にスポットを当ててみましょう。

学生時代に頻繁に利用したノートのコピーなど、一般的なコピー機のイメージは紙の内容を複製することですが、最近のコピー機は多機能化しています。

では、マックスバリュのコピー機にはどのような機能があるのでしょうか。

スポンサーリンク

マックスバリュのコピー機の機能とは?

マックスバリュの各店舗によって、コピー機の種類が異なることがあります。

一部の機種は基本的な白黒やカラーコピーのみを提供しています。

しかし、多くの店舗では、さらに多機能な複合機を設置しています。

顧客の利便性を考慮し、サービス向上を目指すのは自然な流れです。

最近、私が使った富士ゼロックスの複合機について、驚くべき点がありました。

この複合機は、写真のプリントや住民票、印鑑証明書などの公的書類を発行する機能が備わっています。

ただ、私が住んでいる地域ではまだこのシステムが導入されていないため、実際には利用できませんでした。

しかし、システムが導入されている地域に住む人々は、マイナンバーカードさえあれば利用できるようです。

この複合機は、マルチメディアステーション(MMS)としても知られており、将来的には多くの店舗で目にすることが増えるかもしれません。

スポンサーリンク

マックスバリュのコピー機の料金について

マックスバリュに設置されているコピー機の料金についてですが、一般的にはモノクロコピーが10円と思われがちですが、5円で利用できる機種もあるようです。

私がよく使うマックスバリュのコピー機は1枚10円ですが、5円で利用できる機種を設置している店舗もあると聞いています。

これに関連して、イオン系列のミニストップにも5円でコピーできる機種があることを思い出しました。

これらの機種は同じタイプなのでしょうか?

ここでは、私が普段利用する店舗についての情報をお伝えしました。

モノクロ印刷は1枚10円、カラー印刷は1枚50円ですが、A3サイズの場合は80円になります。

ちなみに、コピー以外にもいくつかのサービスが有料で提供されています。

例えば、スキャンは1枚30円、USBなどを使った文書印刷はコピーと同じ料金です。

写真印刷も可能で、Lサイズは1枚30円、証明写真は1枚200円で利用できます。

他にも、ネットワークを通じた印刷や各種証明書の発行などのサービスがありますが、料金体系が少々複雑なので、ここでは詳細は割愛します。

スポンサーリンク

マックスバリュにあるコピー機の操作方法とは?

私がよく使う店舗のコピー機についてご紹介します。

この機種はタッチスクリーンを採用しており、非常にモダンな操作感を提供しています。

メインメニューには、コピー、スキャン、行政サービス、USBを使った文書印刷、写真印刷、パブリックプリントなどのオプションが大きく表示されています。

ここでは特に、コピー機能の使い方に焦点を当てて説明します。

操作は簡単です。

スキャナーの蓋を開けて原稿をセットし、画面で用紙サイズやコピー枚数を選んで、料金を投入し「コピー開始」ボタンを押すだけです。

また、手差しトレイも付いているので、好みの用紙で印刷することもできます。

スポンサーリンク

マックスバリュのコピー機について:USBプリント機能

ご存知かもしれませんが、マックスバリュにあるコピー機には、USBデバイスを使った印刷機能が備わっています。

USBメモリをコピー機に差し込むだけで、簡単に印刷ができるようになっています。

通常のコピー操作と同じ手順で利用可能です。

スポンサーリンク

マックスバリュのコピー機の使用料金に関するまとめ

このコピー機は、その多機能さが魅力です。

私自身、自宅で作成したドキュメントをここで印刷することがよくあります。

また、証明写真が必要な時には、専用の機能を使って撮影することもできます。

証明写真専用の機械と比べても、コストパフォーマンスは非常に高いです。

この便利なコピー機をぜひ活用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました