PR

LINE通話が突然切れる原因と寝落ち中も通話を続ける方法をご紹介‼

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

LINEを使った通話は、寝落ちしていても自動的に切れることはありません。

もし通話が突然終わる場合は、他の理由が考えられます。

LINE通話は、Wi・Fiなどの安定したネットワーク環境があれば、基本的に無料で使えます。

アプリには通話時間の制限はないのですが、状況によっては予期せず通話が切れることがあります。

特に、寝ている間に通話が切れることもあるようです。

この記事では、LINE通話が予期せず切れる原因と、それを防ぐ方法について詳しく説明します。

主に以下の点について解説します。

・LINE通話が突然切れる原因は何か?
・通話が頻繁に途切れる場合の対処法
・寝落ちしている間も通話を続ける方法
スポンサーリンク

ライン電話が勝手に切れる理由と、寝落ち時の通話制限について

ライン電話の特徴の一つは、通話時間に制限がないことです。

例えば、寝落ちしてしまって目が覚めたら、ライン電話が自動的に切れていることがあります。

ライン電話は、Wi・Fiなどの安定したネットワーク環境下では、時間無制限で基本的に無料で使えます。

ただし、モバイルデータを使用している場合は、そのデータ量に注意する必要があります。

データプランを超えると、通話が切れやすくなることがあります。

特に長時間通話する場合、例えば寝落ちしてしまった時などは、Wi・Fiが使える環境での使用をお勧めします。

ライン電話が頻繁に途切れる場合の対処法

ライン電話が意図せずに切れる原因はいくつか考えられます。

・ インターネット接続の不安定さ
・ アプリケーションのエラー
・ スマートフォンのストレージ不足
・ データ通信量の制限
・ 通話終了ボタンを誤って押す

などが原因として挙げられます。

インターネット接続の問題について

昼間は、良好なインターネット環境を求めて別の場所に移動することができますが、夜や就寝時にはその方法は使えません。

このような場合は、接続の問題を根本から解決する必要があります。

アプリの不具合

アプリが最新版に更新されていない場合や、更新後に問題が発生することもあります。

例えば、LINEアプリを更新すると、特定のデバイスやバージョンとの互換性が低下することがあります。

この問題は、次のアップデートで解決される可能性があります。

また、一時的な不具合の場合は、デバイスを再起動することで解消されることもあります。

スマートフォンのストレージ容量不足

スマートフォンのストレージ容量が不足していると、LINE通話が突然切れることがあります。

これは、LINE通話が一時的にデータを保存するためのスペースが必要なためです。

自分のデバイスのストレージ容量を確認し、不足している場合は不要なアプリやデータを削除することが大切です。

定期的なメンテナンスを行うことをお勧めします。

また、LINEを使用すると、トークや写真のキャッシュが溜まります。

これが過剰になるとアプリが不具合を起こす可能性があるため、通話が突然切れる際はキャッシュデータを削除してみると良いでしょう。

Androidユーザーは、SDカードを使ってデータを移動させることも効果的です。

データプランの制限について

携帯ネットワークを使ってLINEで電話をする時、契約中のデータプランに従ってデータが消費されます。

この使用データ量がプランの限度を超えた場合、通信速度が低下し、電話が突然切れることがあるので注意が必要です。

データ消費が多い通話やアプリは、Wi・Fiのある場所で使うことをお勧めします。

操作ミスによる通話の意図しない終了

スマートフォンで通話中、思わず肌が画面に触れてしまい、通話が間違って終了することがあります。

また、LINEで通話しながら他のアプリを使っていると、気がつかないうちにLINEアプリを閉じてしまうことも。

これは意外にも頻繁に起こるので、通話中は慎重に操作することを心掛けましょう。

スポンサーリンク

自動的に通話が終了する現象に関して

ライン電話は通話時間に制限がなく、長時間利用することができます。

しかし、寝てしまっている間に通話が自動的に切れる場合、それは他の原因によるものです。

例えば、スマートフォンがスリープモードに入ることが原因の一つとして挙げられます。

特にiPhoneでは、スリープモード時にアプリが自動的に閉じることがあります。

そのため、寝落ちしてスリープモードが作動すると、通話が切れる可能性があります。

また、寝ている間にうっかり終了ボタンを押してしまうこともあります。

多くの人はスマートフォンを手元に置いて寝落ちするため、寝返りを打つことでスマートフォンに触れ、通話を終了させてしまうことがあります。

スポンサーリンク

通話が勝手に切れないための対策

iPhoneを使っている場合、スリープモードが原因である可能性が高いので、スリープモードを解除しておくと良いでしょう。

さらに、寝てしまった後にスマートフォンの終了ボタンを押してしまわないように、スマートフォンを手の届かない場所に置くことも効果的です。

また、安定した通信環境で通話することが推奨されます。

特に長時間の通話、例えば寝落ち通話をする場合、モバイルネットワークを使用しているとデータ使用量が契約の上限を超えることがあります。

これにより、通話が切れやすくなるため、注意が必要です。

スポンサーリンク

LINE電話で通話終了の原因を特定する方法

LINE電話を使用する際、通話がどちらの側から終了されたかを知る方法は一般的にありません。

発信者は緑色のメッセージが表示されることで、自分が通話を開始したことを確認できますが、それ以外の詳細は分かりません。

特に、通信エラーや操作ミスで通話が途中で切れた場合、どちらが通話を終了したのかが不明瞭で、混乱を招くことがあります。

スポンサーリンク

まとめ

・LINE電話には時間制限が設けられていません。

・LINE電話が突然終了する原因は様々で、状況に応じた対策が必要です。

・寝落ちによる通話終了は、スリープモードや誤操作が原因であることが考えられます。

・LINE電話では、通話終了の当事者を特定することはできません。

Wi・Fiなどの安定した通信環境下では、LINE電話は基本的に無料で利用可能です。

夜遅くまで話していて、気づいたら通話が切れてしまうことは残念ですが、これもよくある現象です。

また、LINE電話が続いている間はアラームが鳴らないこともあります。

LINEの設定やストレージ管理を見直して、快適な使用を目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました