PR

LINE通話時に動画のサウンドは相手に聞こえる?YouTubeを見ながら通話するテクニックをご紹介!!

本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

LINEを使っているときに、同時にYouTube動画を楽しむことは可能です。

しかし、操作によっては動画のサウンドが通話相手に伝わるリスクがあり、場合によっては不自然に感じられることもあります。

ここでは、動画のサウンドを楽しみながら通話を続ける適切な方法を紹介します。

スポンサーリンク

LINE通話中に動画のサウンドが相手に漏れる条件

LINEで通話中に動画のサウンドが相手に伝わるかどうかは、使い方によります。

動画のサウンドが漏れる状況

・LINEのマイクが有効で、スピーカーで動画を再生している場合

LINEのマイクが有効とは、マイクが周囲の音を拾う状態を指します。

通話時には、通常お互いの声をマイクがキャッチするため、マイクは有効になっています。

動画をスマートフォンのスピーカーから再生すると、その音がマイクに拾われ、相手にも聞こえる可能性があります。

これが動画のサウンドが漏れる主な原因です。

動画の音が相手に伝わらない場合

・LINE通話時にマイクをオフにしている場合

・イヤホンを使用して動画を視聴している場合

これらの条件下では、通話相手に動画の音が聞こえることはありません。

LINE通話でマイクをオフに設定すると、相手はあなたの声やその他の背景音を聞くことができません。

そのため、背景で音楽が流れていても、相手には聞こえないわけです。

イヤホンを使って動画を視聴する場合、音はイヤホンをしている本人だけに聞こえ、他の人には届かないので、安心です。

マイクをオフにするか、イヤホンを使うか、これらの方法によって、通話中に動画の音を相手に気付かれずに楽しむことができます。

イヤホンを使用する場合の音漏れの心配も少なく、よりプライベートに動画を楽しめます。

次に、具体的な手順を詳しく説明します。

スポンサーリンク

LINE通話中にYouTubeを視聴する最適な方法:イヤホンの使用

LINE通話中に動画を見る場合、イヤホンの使用が推奨されます。

これにはいくつかの理由があります。

まず、LINE通話をミュートにすると、マイクが自分の声を拾わなくなるため、相手には自分の反応が全く伝わりません。

これは、通話中に相手の話を聞きながら反応を示すことができなくなるということです。

さらに、ミュート状態だと、背景の生活音や雑音も伝わらないため、会話が不自然に感じることがあります。

スピーカーを通して動画の音を再生すると、その音声が通話の音声と混ざり合い、聞き取りにくくなることがあります。

イヤホン使用時の通話の自然さ

一方で、イヤホンを使用する場合は、自分の声が普段どおり相手に伝わります。

イヤホンをしている状態でも、動画の音声と通話の音声が同時に流れますが、それぞれが別々に聞こえるため、全体の聞き取りやすさが向上します。

そのため、イヤホンを使って動画を視聴する方が、LINE通話をミュートにするよりも自然であり、通話体験も良くなります。

この方法は相手にとっても快適であり、よりスムーズな会話が期待できます。

スポンサーリンク

通話しながら動画の音量を調整する方法

Androidスマートフォンを使っている場合、通話中でも動画の音量を個別に調整することができます。

通常、通話時には通話音声が優先され、動画の音量は自動的に下がることが多いです。

しかし、動画の内容をしっかり聞きたいときには、この機能が便利です。

Androidスマートフォンでの調整方法

Androidデバイスでは、「通話音量」と「メディア音量」が別々に設定できます。

「音」の設定メニューからメディア音量を調整することで、動画の音声をクリアにすることが可能です。

iPhoneスマートフォンでの調整方法

一方、iPhoneでは音量設定が連動しているため、個別に音量を調整することが難しいです。

音量ボタンで全体の音量を調整すると、動画だけでなく通話音声も同時に大きくなります。

これらの違いを理解しておくと、スマートフォンの使い分けに役立ちます。

スポンサーリンク

LINEアプリでのマイク操作方法

LINEで通話する際、マイクの調整は通話が始まってから行うことになります。

通話を開始すると、画面にマイクアイコンが表示されます。

このアイコンをタップしてミュートのオン・オフを切り替えることができます。

マイクアイコンをタップすると音声の送信が停止され(ミュート)、再度タップするとミュートが解除されます。

相手の音声をミュートにする設定は存在しませんが、音量を下げることで対応は可能です。

スポンサーリンク

通話中のミュート操作とその影響

マイクをミュートに設定しても、その事実が相手に通知されるわけではありません。

音が出なくなるだけで、通話画面に特別な表示はされません。

ただし、ビデオ通話の場合は少し状況が異なります。

ビデオ通話時にマイクをミュートにすると、相手の画面にはプロフィール画像が表示されます。

これにより、視覚的な変化が伴いますが、動画を視聴していることが露見することはありませんので、安心してください。

ただし、参加意欲がないように見られる可能性があるため、ビデオをオフにする前に相手に一言断っておくことをお勧めします。

スポンサーリンク

まとめ

LINE通話中にYouTube動画を視聴する際のポイントをご紹介しました。

相手に不自然さを与えないように、これらの操作を適切に使いこなしてください。

タイトルとURLをコピーしました