PR

レターパックの「様」の削除の正しい方法とは?重要なエチケットについてご紹介!!

本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

レターパックは郵便局が提供するサービスで、A4サイズや4kgまでの荷物を定額で送れる便利な方法です。

この封筒には配送先と発送者の名前を記入する欄があります。

よく問題となるのが、発送者名欄に自動的に付加される「様」の扱いです。

自分の名前の後に「様」がついていると違和感を覚えることもあるでしょう。

通常、発送者の「様」を削除することは基本的なマナーとされています。

この記事では、レターパックに付けられた「様」の適切な扱い方と、その削除方法について説明します。

さらに、「御中」への修正など、他にも覚えておくべきマナーを紹介し、これを守ることで相手に良い印象を与えることができます。

スポンサーリンク

レターパック利用時の「様」は削除をお勧めします!ビジネスシーンでの留意点

レターパックの名前欄では、宛先と発送者の名前に自動的に「様」が付けられます。

宛先の名前に「様」を付けるのは一般的ですが、自分の名前に付いていると不自然に感じることもあります。

このサービスは郵便局から提供されており、発送者と受取人はどちらも顧客として扱われるため、このように印字されます。

ビジネスの文脈では、自分が発送者である場合、「様」を削除する必要があります。

その理由と具体的な方法についてさらに詳しく解説します。

レターパックの仕組みと各種類の特徴

レターパックは、A4サイズの書類や重さ4kgまでの荷物を日本国内で一律の料金で送ることができる便利な郵便サービスです。

このサービスには、郵便ポストに配送される「レターパックライト」と、受取人に直接手渡しされる

「レターパックプラス」の二つのタイプがあります。

【レターパックライト】

サイズ:340mm×248mm(A4サイズ対応)

重量:最大4kg

厚さ:最大3cm

配達方法:郵便受けへの投函

料金:370円(2024年6月時点)

【レターパックプラス】

サイズ:上記と同様

重量:上記と同様

厚さ:3cm以上でも封が可能な場合は可

配達方法:直接手渡し(受取確認のサインが必要)

料金:520円(2024年6月時点)

レターパックライトとプラスには配送追跡機能があり、土日祝日を含め迅速な配送が特徴です。

書類や衣類など、規定のサイズや重量に収まるものであれば何でも送ることが可能で、ビジネス用途にも広く利用されています。

ビジネス利用における適切な使用法

レターパックはビジネスシーンで非常に役立つツールですが、使用する際には適切なマナーが求められます。

例えば、印字された「様」の文字をきちんと消すことは、マナーの一部として非常に重要です。

このような小さな配慮が相手に対する印象を良くも悪くも変えることがあります。

日本のビジネス環境では、細かな気配りが敬意として評価され、企業の品質や信頼性の象徴となり得ます。

そのため、常にマナーを守り、自社のイメージを高めることが重要です。

個人利用時の「様」の削除は任意ですが、印象管理は重要です

個人でレターパックを使用する際には、ビジネスで求められる厳格なマナーは必要ありません。

ただし、一般的な礼儀として、「様」の記載を省くことが広く認識されています。

この表記を残すと、礼儀を知らないと見なされることがあります。

知識がなかったとしても、一度学べば実践することが望ましいです。

相手に良い印象を与えるため、指摘される前に配慮が必要です。

スポンサーリンク

レターパックでの「様」の削除とその他のエチケット

レターパックの送り主名欄から「様」を削除することは、一般的な配送エチケットとして推奨されています。

削除する際には、定規を使用してきれいな二重線を引くことが望ましいです。

手書きよりも整った線が推奨されています。

さらに、レターパックを送る際には以下の点にも注意が必要です。

「おところ」「おなまえ」の「お」と「ご依頼主」の「ご」の削除

これらの接頭辞も削除することが推奨されます。

これにより、より丁寧な印象を与えることができます。

削除方法は「様」を削除する際と同様に、二重線を用います。

住所の完全な記載

個人間のやり取りでも、住所は省略せずに完全に記載することが望ましいです。

ビジネスの場では完全な住所を記載することがマナーとされています。

依頼主欄の完全な記入

通常、郵便局では名前と住所を完全に記入することが求められます。

記入漏れがあると、受け取りを拒否されることや、依頼主不明の荷物を受け取ることを躊躇う場合があります。

これらのマナーはビジネスシーンで特に重要ですが、個人利用時にも知っておくとトラブルを避け、相手に良い印象を与えることができます。

この機会にぜひ覚えておきましょう。

スポンサーリンク

レターパックでの「御中」と「様」の適切な使い方について

レターパックを利用する際、宛名の書き方には注意が必要です。

個人宛にレターパックを送る場合、受取人の名前の後には自動的に「様」という敬称が用いられます。

では、法人宛のレターパックはどのようにすべきでしょうか。

例えば、個人が企業へ書類や申請書を送る場合、法人名には「様」の代わりに「御中」を使うことが一般的です。

法人や部署名の宛名の場合

「株式会社○○」や「○○部」といった宛名の場合、「様」を消去し「御中」に置き換えます。

これは、二重線で「様」を削除し、適切な位置に「御中」を記入することで行います。

特定の担当者宛ての場合

特定の担当者が明確にされている場合は、「様」をそのまま使用します。

「御中」は法人全体への呼称であり、個人名には「様」が適切です。

実際に私が受け取るレターパックで、「様」や「御中」が修正されていないものも見られますが、特にマナー違反とは感じません。

しかし、修正されているものは、丁寧な対応として良い印象を受けます。

個人から送る場合も、エチケットを守ることが重要です。

正しい宛名の使い分けが相手に良い印象を与えるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

レターパックは個人用途だけでなくビジネスシーンでも広く用いられています。

個人宛ては「様」を、法人宛てや部署宛てでは「御中」を使用します。

ビジネスでの利用ではこれらのマナーが特に重要視されますが、個人利用時にも同様のルールを適用することは有効です。

タイトルとURLをコピーしました