PR

職場にお土産を置いておくマナーとコツとは?方法や注意点についてもご紹介!!

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

休暇から戻った際、職場へお土産を持っていくのはよくあることです。

お土産選びは楽しいものですが、誰にどのように渡すかは頭を悩ませる問題です。

配る順番やタイミングなど、多くの点を考慮しなければならず、間違えると非常識と見なされることもあります。

そんな時、私がおすすめするのは、職場でお土産を「置いておく」という方法です。

この方法は、ちょっとした工夫で素敵なプレゼントに変わります。

ここでは、職場でのお土産の渡し方や置いておくメリットについて、私の経験をもとに紹介します。

スポンサーリンク

職場におみやげを置いておく利点とは何か?

お土産は、職場の人数や規模によって、サイズや量、渡し方が異なります。

大勢のための大きなお土産や、個別の小さなお土産など、その都度最適な方法を見つけるのは一苦労です。

私の職場ではスタッフが70人近くおり、一人ひとりに渡すのは現実的ではありません。

人数が多い場合や大量のお土産の場合、休憩室などに置いておくのがおすすめです。

選んだ場所は、多くの職場の人が利用する場所が望ましいです。

「置いておく」という行為自体が話題を生み、コミュニケーションの機会を提供します。

シンプルな行動ですが、多くのメリットがあります。

この方法は手軽で便利です。

お土産を置いておくことで、勤務時間に関係なく誰でも受け取れます。

個別に用意する場合、デスクやロッカーに置くだけでプレゼントとしても機能します。

職場の規則に不安があるなら、話しやすい同僚に尋ねたり、他の人の対応を確認すると良いでしょう。

職場へお土産を持って行く必要はあるのか?

職場にお土産を持ってくる必要性には賛否があります。

まず、職場のルールを確認することが重要です。

調査によると、お土産を持ってくるかどうかは「有給休暇を取っているかどうか」に依存することが多いです。

「全員が休みの日に出かける」場合や「平日勤務で週末に出かける」場合は不要とされています。私の職場はシフト制で、全員が休みという日はありません。

アンケートでは、「他の人が旅行に行っていることを知っているかどうか」が基準になっています。

お土産を贈る際は、「心を込めて選んだ特別なアイテム」として捉えられます。

贈りたい気持ちがあれば、用意するのは問題ありません。

出張で企業から経費が支給されている場合、お土産選びの基準になることもあります。

スポンサーリンク

職場でのお土産の配り方と選び方のコツとは?

職場でお土産を配る際には、いくつかのポイントに注意すると良いでしょう。

ここでは、お土産を置く方法や選び方について、役立つポイントを紹介します。

配り方のコツ

お土産を配る方法には、特に注意が必要です。

単に置いておくだけでは、誰がいつなぜ置いたのかが分かりにくくなります。

受け取る側は、そのお土産が誰からのもので、自分が食べても良いのか、お土産であるかどうかなど、様々な疑問を持つことがあります。

このような混乱を避けるためには、お土産に簡単なメモを添えることが効果的です。

例えば、私が以前置いたお土産に「○○さんからのお土産です」というメモを添えたところ、同僚たちから「美味しかった」「ありがとう」と感謝の声を多くいただきました。

これは、お土産を用意したことへの喜びを感じる瞬間でした。

休憩室などの共有スペースにお土産を置くと、昼食時に同僚たちと気軽に楽しい会話ができます。

お土産を通じて感謝を表すことは、必ずしもお礼を期待しているわけではありませんが、とても素晴らしいことです。

職場でお土産を配る際には、少しのメッセージを添えることをお勧めします。

お土産の選び方のポイント

お土産を選ぶ際は、以下のポイントを考慮してみましょう。

・ 保存がきくもの
・ 様々な味が楽しめるもの
・ 扱いやすく汚れにくいもの

特に多くの同僚に配る場合は、個包装されたものが便利です。

私の経験上、クッキーやスナックは人気が高く、味の多様性が喜ばれます。

甘いものと塩辛いものを両方用意すると、受け取る人も喜びます。

一方で、ケーキやフルーツのように切り分けが必要なものは手間がかかるため、避けた方が良いでしょう。

贈り物を個人的にする場合、相手の好みに合わせた選択は心遣いとして感じられます。

これは特別な場合に考慮すると良いでしょう。

また、旅行先でのお土産としては、その地域固有のものが人気です。

地元の特色を反映したハイチュウやじゃがりこなどは、訪れた場所を象徴し、興味を引きます。

食品以外では、地域特有のフェイスマスクも女性に人気ですが、肌が敏感な人のためには事前の調査が必要です。

スポンサーリンク

職場でのお土産に添えるメッセージの例とは?

職場で配るお土産には、誰がどこから持ってきたものかを示すメッセージを添えると便利です。

職場には上司や部下など、さまざまな関係があるため、メッセージの内容や伝えるべき情報は異なることがあります。

メッセージには、贈る人の名前を書くことが大切です。

たとえば、「お土産です!○○」というシンプルなメッセージでも、基本的な情報は伝わります。

さらに、旅行先、訪問時期、旅行の目的などの情報を加えると、より良いでしょう。

「楽しかったです」や「休暇をいただき感謝しています」といったメッセージは、伝えやすく、温かみがあります。

これらは職場での会話のきっかけになり、さまざまな同僚とのコミュニケーションを促進する効果があります。

例えば、「研修を終えて戻りました」や「ハネムーンから帰ってきました」といった、特定の目的を持った旅行の話は、会話を盛り上げるでしょう。

実際に、ハネムーンから戻った際にこのようなメッセージを添えたお土産を用意したところ、職場の人々との会話が活発になりました。

お土産を個別に渡す際には、個人的な感謝のメッセージを加えることをお勧めします。

例えば、「いつもお世話になっています」や「次は一緒に食事に行きましょう!」といった言葉を手紙のように添えると、受け取る人は非常に喜ぶでしょう。

ただし、個人的なお土産は、目立たない場所に置くことが望ましいです。

デスクやロッカーなどが適しています。

これは、特定の人だけがお土産を受け取る場合、他の人が気を使うことがあり、お土産の喜びが減少する可能性があるためです。

メッセージを添える際には、シンプルな付箋を使うのも一般的ですが、心を込めた可愛らしいメッセージカードを使用すると、より特別な印象を与えます。

休暇をいただいた際には、「休暇をいただき、ありがとうございます」という感謝の言葉を添えると良いでしょう。

個人的な提案としては、手書きのメモを添えることです。

字が上手でなくても心配はいりません。

「こんなに時間をかけて準備してくれたのか」と思うと、私は本当に幸せな気持ちになります。

このような小さな心遣いが、お土産をより特別なものに変えるのです。

スポンサーリンク

職場にお土産を置いておくマナーとコツのまとめ

職場でのお土産は、同僚とのコミュニケーションを深める素晴らしい方法です。

お土産を選ぶ際は、保存が利き、多様な商品を選ぶことがポイント。

また、お土産を置く際には、メッセージカードを添えると、より心のこもった贈り物になります。

メッセージの内容は、贈る相手に合わせてアレンジすると良いでしょう。

休憩室などにお土産を置くだけで、楽しい旅の思い出を共有でき、贈る側にも喜びが返ってきます。

旅行先でのお土産選びや渡し方に少し工夫を加えることで、職場の雰囲気をより良くし、受け取る人を喜ばせることができます。

タイトルとURLをコピーしました