PR

和泉ナンバーの読み方とは?所属県や管轄地域、そして「泉」との違いを解説‼

日常の疑問
本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

歩いている途中で、他の地域のナンバープレートが目に留まることはありませんか?

地域固有のナンバープレートには、一見読みづらい漢字が使用されることが多いですよね。

例えば、「和泉」のナンバープレートについて、その読み方や管轄地域を詳しく知りたいと思ったことはありませんか?

本記事では以下の点について詳しく解説します。

・「和泉ナンバー」の正しい読み方と所属県
・「和泉ナンバー」が管轄する地域

スポンサーリンク

和泉ナンバーの読み方と所属する県とは?

「和泉ナンバー」は「いずみナンバー」と読み、大阪府に所属しています。

漢字「和泉」は「わいずみ」と誤読されやすいですが、正しくは「いずみ」と読みます。

かつてこの地域のナンバープレートは「泉(いずみ)」と表示されていましたが、1988年に「和泉(いずみ)」に改称されました。

一文字で地名が表示されることが多かった時代から、フルネーム表示への移行が行われました。

この変更は、隣接する和歌山県が「和」を使用していたことによるものです。

今でも街中で古い「泉ナンバー」を目にすることがありますので、注目してみると興味深いかもしれません。

スポンサーリンク

和泉ナンバーがカバーするエリアはどこか?

和泉ナンバーが管轄する地域には、岸和田市、泉大津市、貝塚市、泉佐野市、富田林市、河内長野市、松原市、和泉市、柏原市、羽曳野市、高石市、藤井寺市、泉南市、大阪狭山市、阪南市、南河内郡、泉北郡、泉南郡が含まれます。

これらは大阪府南部の約3分の1の地域を占めています。

大阪府の他の地域で使用されているナンバープレートは以下の通りです。

堺市       :堺ナンバー
大阪市内     :なにわナンバー
大阪府の残りの地域:大阪ナンバー

和泉ナンバーは、「大阪の南部=ガラが悪い」というイメージがあるため、一部の人々からは恐れられています。

これは、地元の河内弁や泉州弁といった独特な関西弁が外部の人には強く聞こえるからかもしれません。

和泉ナンバーに関連する印象として、運転が荒く速い、車間距離が短いとされますが、運転技術が低いわけではありません。

この地域を運転する機会があれば、その運転スタイルを観察してみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、和泉ナンバーの読み方や、それがどの県のナンバープレートであるか、管轄エリアについて解説しました。

和泉ナンバーは「いずみなんばー」と読み、大阪府に属しています。

1988年には「泉」から「和泉」に名称が変更されました。

和泉ナンバーの地域は主に大阪府南部に位置しており、各ナンバープレートが特定の地域特性を反映しているため、観察するのも興味深いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました