PR

インスタグラムの見た画像が暗く表示される理由とは?その対処法をご紹介!!

本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

Instagramで見たことのある画像が暗くなる現象が発生しています。

この新機能はユーザーごとに異なるタイミングで適用されているようですが、特に2024年5月14日以降、多くのユーザーに影響を及ぼしています。

スポンサーリンク

インスタグラムの画像が暗くなるのはなぜ?閲覧済みのマークとは?

Instagramの特定の画像に「閲覧済み」というマークがつくと、その画像が暗く表示されるように変更されました。

この現象は一部のアカウントで2023年9月から確認されています。

Instagramは新機能を試験的に導入することが一般的であり、「閲覧済み」マークの表示も多段階にわたるテストを経て、2024年5月14日により広範囲に展開されるようになったとされています。

スポンサーリンク

インスタグラムの閲覧したが未操作の投稿を見つける方法は?

インスタグラムでは、閲覧しただけの投稿の履歴は残らないため、直接的な閲覧履歴を確認する機能は提供されていません。

ユーザーが「いいね!」を押したり、コメントを残したり、投稿を保存したりすると、これらの行動は「アクティビティ」セクションに記録されます。

この「アクティビティ」セクションは、アプリの右上にあるメニュー(三本線のアイコン)からアクセスできます。

ここでは、他のユーザーからのタグ付けや、スタンプによる返信なども確認できます。

ただし、投稿を見ただけの場合は、その情報はどこにも保存されません。

特定の投稿を後で再訪したい場合は、その場でハッシュタグをメモするか、投稿を保存しておくことを推奨します。

スポンサーリンク

インスタグラムの「閲覧済み」マークを取り除く方法は?

現在、Instagramでは既に閲覧したマークを直接消去する機能は提供されていません。

しかし、「閲覧済み」状態を完全にリセットする方法として、以下の二つの選択肢があります。

・アカウントの完全削除
・アカウントの一時的な休止

アカウントを完全に削除する

Instagramから自分の存在をすべて消去するには、アカウントを削除することが最も効果的です。

この操作を行うと、プロフィール、投稿、メッセージ、フォロワーなどの全てのデータが完全に消去され、それに伴い関連する閲覧記録も失われます。

ただし、一度削除したアカウントは復元できません。

アカウントを一時的に休止する

もう一つの方法は、アカウントを一時的に休止することです。

この方法では、プロフィールと投稿が一時的に非表示になり、データは保持されますが、休止中は他のユーザーからの閲覧やアクションが遮断されます。

休止を解除すると、全てが元の状態に戻ります。

これらの方法を選ぶ際には、特にアカウントを削除する場合、その永続的な影響を理解し、慎重に判断することが重要です。

スポンサーリンク

インスタグラムのアクティビティ追跡とプライバシー設定

インスタグラムでは、ユーザーのアクティビティと閲覧状況がプライバシー設定に応じて異なる形で公開されます。

公開プロファイルを設定している場合、全てのユーザーがそのアクティビティを閲覧することができます。

これには、他のユーザーの投稿に対する「いいね」やコメント、ダイレクトメッセージの交換が含まれます。

一方で、非公開プロファイルを選択している場合は、承認されたフォロワーのみがこれらの情報にアクセス可能です。

インスタグラム上でのアクティビティ、例えば他のユーザーの投稿への「いいね」やコメント、投稿へのタグ付け、ダイレクトメッセージの交換などはアクティビティ履歴として残ります。

ですが、これらの情報を完全に削除する方法は現在のところ存在しません。

タイトルとURLをコピーしました