PR

インスタグラムの新機能「Share to feed」の公開とプライベート投稿の使い分け

本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

インスタグラムに新たに追加された「Share to feed」機能についてご紹介します。

この機能により、ユーザーは投稿を公開するかプライベートに設定するかを選ぶことができ、それぞれの設定がどのような影響を及ぼすのかを見ていきます。

公開を選択すると、その投稿は全てのユーザーがフィード上で閲覧可能になります。

一方、プライベート設定を選ぶと、投稿は他のユーザーに表示されなくなります。

スポンサーリンク

「Share to feed」機能の使い方

「Share to feed」は、投稿を公開または非公開に設定できる機能で、現在は特定のユーザーグループだけがこの機能を利用できます。

この機能を使うと、投稿をフォロワー全員に公開するか、自分だけのプロフィールページに表示させるかを簡単に選択できます。

また、この機能は「親しい友達」リストのリールやフィード投稿とも統合されているため、ユーザーは自分のコンテンツをどのように共有するかをより細かくコントロールすることが可能です。

スポンサーリンク

「ミュート」機能との違い

インスタグラムで「ミュート」機能を使用すると、選択したアカウントの投稿やストーリーをタイムラインから隠すことができます。

この操作は相手に通知されず、相手に気づかれることはありません。

一方、「Share to feed」機能は、個別の投稿を隠す方法として使用され、非公開設定やアーカイブとは異なり、プライバシーの設定をより柔軟に行うことが可能です。

スポンサーリンク

非公開モードとの違い

インスタグラムでは、非公開アカウント設定を利用して、フォロワー以外の人に自分の投稿を見せないようにすることができます。

しかし、「Share to feed」機能を使うと、アカウントを全体的に非公開にするのではなく、選択した投稿の公開設定のみを切り替えることができます。

これにより、特定の投稿だけを選んで非公開にし、フォロワーと共有しない設定が可能になります。

この機能は、自分のプロフィールページには投稿を表示させつつ、フォロワーのフィードには現れないように設定したいユーザーのニーズに応えます。

タイトルとURLをコピーしました